お問い合わせ

「第10期 MOT(技術マネジメント)研究会」開催のご案内【7月開講】

開催にあたって

グローバル競争の激化や国内市場の縮小化など、企業を取り巻く事業環境は変化しております。そのため、各企業においては自社製品・技術の優位性がゆらいでおり、新たな価値やイノベーションの創出が求められております。
そして、このイノベーションをいかに生み出すかを考えるのがMOTの主要テーマであり、本研究会ではその推進のための技術マネジメントのしくみ、新たな組織能力の高め方、研究開発活動のプロセスなどについて考えます。指導講師のコーディネートのもと、他社事例の発表とディスカッションをもとに、実践から得られるヒントを学んでいくカリキュラムとなっております。

研究会のすすめ方・特徴

①多彩なゲストスピーカーの講話や視察を通し、技術マネジメントのあり方と実践について
多面的に学びます。
また、各回とも指導講師のコーディネートのもと、質疑応答や討議・意見交流を深めます。
②懇親交流会(2回)を通し、参加者同士の交流と親睦をはかります。
③全会合終了後は、すべてのドキュメントを1冊にまとめ、報告書として進呈いたします。

指導講師

神戸大学大学院経営学研究科 教授 原田 勉 氏
(講義および各回のコーディネーター)

プログラム

◆第1回:特別講演「産業を変える:産学共創によるAIイノベーション」
・講 師:大阪大学 理事・副学長 八木 康史 氏
・日 時:平成30年7月3日(火)13:30~18:30[懇親交流会あり]

◆第2回:特別視察「大阪ソーダの事業展開と新製品開発の取組み」
・ゲスト:株式会社大阪ソーダ R&D本部イノベーションセンター長 井戸垣 秀聡 氏
・日 時:平成30年8月8日(水)13:30~17:00

◆第3回:「自動運転技術を使って夢を実現する」(仮題)
・ゲスト:株式会社ZMP 代表取締役社長 谷口 恒 氏
・日 時:平成30年9月21日(金)13:30~17:00

◆第4回:「マイクロソフトにおけるAI研究開発姿勢と今後の展望」
・ゲスト:日本マイクロソフト株式会社 執行役員 最高技術責任者
     兼 マイクロソフトディベロップメント株式会社 代表取締役社長 榊原 彰 氏
・日 時:平成30年10月9日(火)13:30~17:00

◆第5回:「富士ゼロックスのSmart Work Innovation戦略」
・ゲスト:富士ゼロックス株式会社 研究技術開発本部 マーキング技術研究所
     所長 菊地 理夫 氏
・日 時:平成30年11月16日(金)13:30~18:30[懇親交流会あり]

※詳細は、こちらのpdfデータでご確認ください。
※お申込みの際は、こちらのwebサイトで必要事項をご入力いただくか、上記pdfの参加申込書
に必要事項をご記入のうえ、FAX・メール・郵送等でご送付ください。

<指導講師からのメッセージ>

 MOT(技術マネジメント・技術経営)について講演や研修を依頼される場合、よくあるリクエストは、他社での具体的な事例を数多く盛り込んで欲しいというものです。教科書のなかの話ではなく、現実にどのような技術マネジメント、技術経営が実践されているのかは、多くの企業の方々にとって強い関心事であると同時に、その情報はきわめて限定されているのが実状です。というのも、このようなMOT に関する事項はトップシークレットとしてあつかわれることが多いからです。

 このMOT 研究会では、このような要望をもつ企業の方々に対して、日本を代表する優良企業で技術マネジメントを実践されている現場の方々を講師としてお迎えし、自社の事例について詳しくお話していただきます。そして、そこで問題提起された事項について自由に討議していきます。MOT に関心をもっているけれども、まずは先端的な企業ではどのようにそれが実践されているのか知りたい、自社でMOT を導入しているけれども、どのようにすれば成果が上がるのかヒントを得たい、といった要望をお持ちの方々に是非ともご参加いただき、共に研究していきたいと思います。

 


※MOT(技術マネジメント)研究会についてのお問合せは下記までご連絡ください。

一般社団法人日本経営協会 関西本部 (企画研修G)
TEL:06-6443-6962/ FAX:06-6441-4319

関西本部 06-6443-6961

〒550-0004
大阪市西区靱本町1-8-4
(大阪科学技術センタービル)