お問い合わせ

【6月26日(月)】NOMA人材育成プログラムのご紹介「技術部門管理職の意識改革研修」体験セミナー

開催にあたって

変化のスピードが早く、価値観の多様化した経営環境の中で、管理職は中堅社員の不足と若手育成に悩みを抱えながら、厳しい目標達成を求められています。

その中でも、技術系の部門における中間管理職は、自分自身が実務に長年携わるなかで、自分の専門性と経験に依存したまま管理職になってしまい、マネジメントがうまく機能していないことがあります。

この問題を克服するには、管理職としての役割認識や意識改革の必要性を自分事としてとらえ、「専門性」「経験」「勘」で何とかなるという価値観から抜け出すための教育が必要です。もちろん専門性や経験は重要な資産ですが、そこに質の高いマネジメントのスキル・マインドが加わることで、管理職として、さらに一歩成長することができます。

そこで今回は、メーカーの技術部門での管理職経験豊富な講師を招き、実際の研修事例をご紹介いたします。技術部門の管理職の様々な悩みに共感しつつ、自らを変える意識を引き出す研修について、集合研修の利点である「様々な観点からの発散と収束」と「書いて、話して、聴く」ことによる、深い気付きと腹落ちを体感していただきます。

人事・教育部門の方々にとって、自社の人材育成や管理職養成のヒントや気づきを得ていただくとともに、今後の研修計画の検討材料にしていただければ幸いです。

開催概要

◆日 時:2017年6月26日(月) 13:30~17:00 (13:10受付開始)
◆会 場: 大阪科学技術センタービル内(大阪市西区靭本町1-8-4)
◆講 師: 一般社団法人日本経営協会 講師 芳賀 哲(はが てつ)氏
◆対 象:民間企業・各組織の人事・教育ご担当者様
◆定 員:限定40名(先着順受付、満席になり次第終了)
◆参加料 : 無料(1社2名様まで)
※同業の方からのご参加はご遠慮願います。

プログラム

1.技術系管理職への期待と悩み
・優秀な技術者が優秀な管理職になるとは限らないことからくる悩み
・「技術者がリーダーシップを発揮しチームを育てるために」私がソニーで学んだこと

2.技術系管理職の意識を変える研修とは
・自分の専門性と経験を大切にしつつ、プレーヤーからマネージャーに脱皮する
・改めて役割認識を作り直す
・マネジメントのプロセスの中で、各スキルの意味を再認識し、実践に活用する方法を学ぶ

3.A社の研修事例-プレーヤーからリーダーへ
・期待から目指す役割をイメージする
・役割を分解し、自分の課題をマッピングして把握する
・各スキルの意味を明らかにし、実践に活用できるものとして学ぶ

4.自分を変えるコツをつかむグループワーク体験
・動機を作るための、目指す姿と課題を明らかにするプロセスの流れ
・実際のグループワーク 【ご体験】
※実際の研修では、ワークのパターンをテーマ毎に応用し、ツールとして身に付けます

5.B社の研修事例-内省と対話を通じた課題の明確化
・振り返ることで課題を明らかにし、チームでディスカッションする効果を体感する
・「発散と収束」を使って納得感を作る
・集合研修の中で、自信を取り戻し、つながりを促す


※FAXでお申し込みの方は、こちらのpdfデータをご利用ください。
※webでお申し込みの方は、こちらのサイトで必要事項をご入力ください。

関西本部 06-6443-6961

〒550-0004
大阪市西区靱本町1-8-4
(大阪科学技術センタービル)