お問い合わせ

私達は、公開セミナー、各種研修・コンサルティングを複合したサービスで人材育成と組織風土改革に寄与します。

第13期 MOT(技術マネジメント)研究会
テーマ:逆境を打開する 新たな価値を創造する技術経営

開催概要

◆日 時:2021年7月21日(水)~11月8日(月)【全5回】
◆会 場:大阪科学技術センタービル内セミナールーム(大阪市西区靭本町1-8-4)
◆講 師:神戸大学大学院経営学研究科 教授 原田 勉 氏
     (講義および各回のコーディネーター)
◆対 象:研究・開発部門、技術部門の管理者・リーダーの方々
     企業内でMOTの推進・教育に携わる方々 など
◆定 員:30名程度

研究会のすすめ方・特徴

①多彩なゲストスピーカーの講話や視察を通し、技術マネジメントのあり方と実践について
 多面的に学びます。
 また、各回とも指導講師のコーディネートのもと、質疑応答や討議・意見交流を深めます。
②懇親交流会を通し、参加者同士の交流と親睦をはかります。
 (※新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては中止する場合がございます)
③全会合終了後は、すべてのドキュメントを1冊にまとめ、報告書として進呈いたします。

プログラム

◆第1回:基調講義「OODAとポジティブデビアンスによる組織改革の推進」
講 師:神戸大学大学院経営学研究科 教授 原田 勉 氏
日 時:2021年7月21日(水)13:30~17:00

◆第2回:「DX企業への変革に向けた富士通の取り組み」
ゲスト:富士通株式会社
    理事 技術戦略本部長 岡田 英人 氏
日 時:2021年8月23日(月)13:30~17:00

◆第3回:「R&D成果からの新事業開発モデル、
      続々と新事業を生み出すコツとは?」

ゲスト:BIRD INITIATIVE株式会社 代表取締役社長 兼 CEO
    日本電気株式会社 コーポレート・エグゼクティブ
    北瀬 聖光 氏
日 時:2021年9月7日(火)13:30~17:00

◆第4回:「i³-Mechatronics(アイキューブ メカトロニクス)を
      支える開発力強化の取組み」

ゲスト:株式会社安川電機
    常務執行役員 技術開発本部長 熊谷 彰 氏
日 時:2021年10月11日(月)13:30~17:00

◆第5回:「水素エネルギー社会に貢献する岩谷産業の技術マネジメント」
ゲスト:岩谷産業株式会社
    中央研究所 副所長 小池 国彦 氏
日 時:2021年11月8日(月)13:30~18:30[懇親交流会あり]

※新型コロナウイルス感染拡大防止の状況により、Zoomを使用して例会を開催する場合や、中止・延期・日程変更となる場合があります。何卒ご了承下さい。
本会の新型コロナウイルス感染症対策は、下記をご確認ください。
公開セミナー・行政管理講座(関西)開催時の新型コロナウイルス感染症への対策について

指導講師からのメッセージ

 MOT(技術マネジメント・技術経営)について講演や研修を依頼される場合、よくあるリクエストは、他社での具体的な事例を数多く盛り込んで欲しいというものです。教科書のなかの話ではなく、現実にどのような技術マネジメント、技術経営が実践されているのかは、多くの企業の方々にとって強い関心事であると同時に、その情報はきわめて限定されているのが実状です。というのも、このようなMOT に関する事項はトップシークレットとしてあつかわれることが多いからです。
 このMOT 研究会では、このような要望をもつ企業の方々に対して、日本を代表する優良企業で技術マネジメントを実践されている現場の方々を講師としてお迎えし、自社の事例について詳しくお話していただきます。そして、そこで問題提起された事項について自由に討議していきます。MOT に関心をもっているけれども、まずは先端的な企業ではどのようにそれが実践されているのか知りたい、自社でMOT を導入しているけれども、どのようにすれば成果が上がるのかヒントを得たい、といった要望をお持ちの方々に是非ともご参加いただき、共に研究していきたいと思います。


※詳細は、こちらのpdfデータでご確認ください。
※お申込みの際は、こちらのwebサイトで必要事項をご入力いただくか、上記pdfの参加申込書に必要事項をご記入のうえ、FAX・メール・郵送等でご送付ください。


※MOT(技術マネジメント)研究会についてのお問合せは下記までご連絡ください。

一般社団法人日本経営協会 関西本部 (企画研修G)
TEL:06-6443-6962/ FAX:06-6441-4319

ねらいと特長

 企業経営をリードする経営者や経営幹部の方々は、顧客の変化、市場の変化など時代の先の先を読み、高い志とそれを成し遂げる強い意志を持って、弛まぬ挑戦とイノベーションに取り組み、持続的に企業価値を高めていくことが常に求められております。昨今はそれらに加え、サステナビリティといった社会的価値の創出にコミットすることも必要になっております。
 また、このコロナ禍において難局に立ち向かうリーダーは、自社の経営理念やミッション・ビジョンを深く理解するとともに、自己の内なる哲学や信念を問い直し、今後のあるべき姿を考え抜いてゆかなければなりません。
 この「経営哲学伝承塾」は、過去幾多の難題に立ち向かい、それらを乗り越えてこられた先達の哲学と信念の神髄に直接触れ、自らの経営哲学の確立と経営道に練磨する啓発の場として開講いたします。

◆先達の≪経営道≫に学ぶ -伝承と変革-
◆次代の経営者・リーダーを目指す方々の研鑽(哲学、理念、意思決定、行動)の場です。
◆講話だけでなく、意見交換、ディスカッションによる参加者相互の研鑽、啓発の場です。

参加対象

企業(規模は問いません)の部長級以上の経営幹部、経営首脳の方々(定員20名)

第32期スケジュール:2021年7月8日(木)~2022年3月14日(月)  全9回

※新型コロナウイルスの影響など、諸事情によりスケジュールや会場に変更が生じる場合があります。


※内容の詳細は、こちらのパンフレットにてご確認ください。
※お申込みの際は、こちらのwebサイトで必要事項をご入力いただくか、上記パンフレット5頁目の「入塾申込書」に必要事項をご記入のうえ、FAX・メール・郵送等でご送付ください。

  • 本事業案内のPDF版こちらからご覧ください。
  • 詳細のお問合せにつきましては、こちらのフォームにご入力ください。
  • 公開講座の予定につきましては、下記をご参照ください。

【モチベーション・リーダーシップ研修】
メンバーに信頼され、チームを動機づける人間力リーダーになるために

令和時代に求められているリーダーは、メンバーに信頼され、チームを動機づけられる人間力リーダー。
そのポイントは、リアル、オンライン関係なく、自分の人間力をどう発揮するかです。このセミナーでは、「自分自身のEQ=人間力」を客観的に見つめながら、リーダーの在り方、チームメンバーとの関わり方を理解し身に付けていきます。

日  程:2021年6月17日(木)、7月15日(木) 各13:00~17:00
     【4H×2日=8時間コース(EQ診断付)】                                    
参加料:会員58,300円 一般66,000円 <EQ診断料5,500円含む>
    ※複数名割引あり
講  師:植田寿乃氏
    (ダイバーシティコンサルタント・キャリアコンサルタント)

【女性リーダー・エンカレッジ(応援)セミナー】
オンラインで信頼関係を育み、自然体でイキイキ成長する

新しい令和の未来を築いていくキーパーソンは、柔軟性の高い女性たち。
このセミナーでは、女性管理職・女性リーダー、そしてその候補の女性の方々が、コロナ禍や仕事のプレッシャー、ストレスですり減っている心の復活や、さらに自然体でイキイキと成長することを応援をします。

日程①:<上期コース> 2021年7月8日(木)、8月5日(木)、9月9日(木) 
    各13:00~17:00【4H×3日=12時間コース】
日程②:<下期コース> 2021年11月17日(水)、12月15日(水)、1月19日(水)
    各13:00~17:00【4H×3日=12時間コース】
参加料:会員58,300円 一般66,000円 ※複数名割引あり   
講 師:植田寿乃氏
    (ダイバーシティコンサルタント・キャリアコンサルタント)
    臼井淑子氏
    (キャリアコンサルタント・社会保険労務士) ※講師2名にて担当

【ダイバーシティ&インクルージョン オンライン研究会】

  • 研究会URL:http://diwo.jp/
  • 研究会事務局:有限会社キュー内
           ダイバーシティ&インクルージョン研究会事務局
           (山岡、植田)
  • 下記の「参加お申し込み&お問い合わせフォーム」にてご連絡ください。
    https://www.que.co.jp/FormMail/diwoentry/FormMail.html

オンライン環境下でも、組織の求心力を高める
マネジメント・チームビルディングのノウハウとは

開催にあたって

新型コロナウイルス感染症の影響により、「出社を前提としない働き方」が広がりつつあります。業種や職種により取り組みの現状は異なりますが、これから出社とリモートを組み合わせたハイブリッドな働き方がますます拡大していくことが予想されます。

そうした「場所に囚われない働き方」が当たり前になると、チームマネジメントの実践方法も、新しい時代に合わせて修正していくことが必要です。メンバーが出社してオフィスで働くことを前提にしたマネジメントから、オフィスで働く人とオフィス以外で働く人が混在するチームを率いるマネジメントへ、シフトチェンジが求められます。

ただし、リモートワークが当たり前の時代になったとしても、チームマネジメントの原則は変わりません。「いい仕事をしたい」「貢献したい」と思っているメンバー一人ひとりの意欲と能力を引き出し、組織の求心力を高め、チームの成果にまとめあげることです。

今回のセミナーでは、リモートワークが当たり前の時代に改めて見直したい「マネジメントの原則」を押さえつつ、オンライン環境「だからこそ」実践できる「チームビルディング」のノウハウを、一部体験ワークも交えながらお伝えします。

成果を出すマネジメントの在り方を原則から見直したい、オンラインで学べる育成プログラムを探している方々のご参加をお待ちしております。

開催概要

・日 時:2021年1月28日(木) 14時00分~15時30分
・参加料:無料(ただし、1社につき2名様までとさせていただきます)
・対 象:人事教育部門の責任者/担当者の方々

      ※社内教育を企画・検討される方向けの体験セミナーです。
      ※教育研修機関からのご参加はご遠慮いただいております。

講師プロフィール

牧野 真雄(まきの まさお)

株式会社カイシン 代表取締役
アヴィリテーター


1980年生まれ。徳島大学総合科学部に入学し人間行動研究コースで生理心理学研究室に所属。学生時代から組織開発・人材育成を経営者や書籍、セミナーで学習し体育会や部活、道場等の課外活動の組織運営で実践的に吸収。

大学卒業後、関西の外食コンサルティング会社に入社。大型店舗を中心に現場に入り、店舗運営、人材マネジメント、風土改革等を担当する。16歳~70歳という老若男女から出所者まで幅広いマネジメント、業績不振店舗の立て直し、M&A店舗の組織変革などを経験。

その後、人材組織コンサルティング会社に転職し、採用・教育コンサルティング、就職ナビの企画運営・広報・学生育成を担当。当初からの会員数は4倍に増加し、就職支援をした学生は1000名を超える。また、中小企業の経営者サービスの企画運営、自社採用担当、セミナー講師、としても従事。

2012年に独立して株式会社カイシンを設立。研修講師、組織開発コンサルティングとして活動。セミナー、講演受講者は3万人を超える。聖カタリナ大学非常勤講師(キャリアデザイン)、松山大学リーダー研修講師、松山東雲短期大学プレビジネス講座講師を歴任。採用コンサルティング会社、人材育成能力開発機構、起業支援会社などの役員、理事を兼任。

プログラム

 1.リモートワーク環境下で働く一人ひとりの悩み
 2.リモートワーク時代に求められるマネジメント・チームビルディングとは
 3.オンラインで学ぶ「リモートマネジメント・チームビルディングのノウハウ」
 4.質疑応答

 
 ※途中、ご参加の皆様どうしでグループ討議や演習を行っていただく時間がございます。

申込・参加要領

下記をご覧いただき、こちらより必要情報の入力をお願いします。

□セミナーの受講方法
普段お使いのパソコンやスマートフォン・タブレット端末でご参加できます。
・「zoom」というシステム上での配信となります。
・パソコンではブラウザで視聴できます。
  スマートフォンの場合は専用アプリのインストールが必要です。
・パソコンの場合には、カメラとマイクのご準備をお願いいたします。

□ご参加にあたってのお願い
・本セミナーではお顔とお名前の表示をお願いしております。
(WEBセミナーの中で、討議を行っていただくセッションがあるため)
・講師よりご参加の皆様へ、お名前をお呼びして質問等をさせていただく場合がございます。
上記の点、予めご了承をお願いいたします。

□お申込後の流れ
1:セミナー開催の前日夕刻までに、受講者に「ご招待メール」をお送りします。
※迷惑メールとして処理されないよう、「@noma.or.jp」からのドメイン受信設定をお願いします。
2:招待メールが届きましたら、セミナー当日に指定されたURLをクリックしてください。
(入室時にお名前を入力いただきますようお願いします。)
3:セミナー当日は、開始の15分前から入場が可能です。


お問合せ先

 一般社団法人日本経営協会 関西本部 経営開発G
  〒550-0004 大阪市西区靭本町1-8-4 大阪科学技術センタービル5階
   TEL(06)6443-6963 FAX(06)6441-4319 メール khosaka@noma.or.jp

YouTube Live での配信決定!

例年12月に大阪で実施しております「講師・研修内容説明会」について、
本年度はコロナウイルス感染拡大防止のための対策としてYouTube Liveでの生配信もあわせて行うことが決定いたしました。

視聴をご希望の方は、jgosaka@noma.or.jp まで、
「団体名・ご所属」、「視聴予定の方の氏名」、「ご連絡先」、「特に興味のある内容」をお書きの上、メールにてお申し込みください。後日、本会から視聴用のURLと当日資料をお送りいたします。

※現地でのご参加も引き続き募集中です。

開催にあたって

コロナ禍で、新しい生活様式への変更が求められ、さらにはデジタル化による効率化など、行政に求められるニーズが多様化しております。より一層の激しさを増した環境変化にも対応していかなければならず、予算が厳しいなかであっても人材育成の重要性は高まるばかりです。

そこで、本会では毎年恒例となりました「講師・研修内容説明会」を下記要領にて開催いたします。

本会が人材育成の中で、今!特に!お勧めしたいテーマを選び、専門の講師が直接皆様に説明させていただきます。

ご多忙とは存じますが、この機会にご参加いただき、ご検討賜りますようお願い申し上げます。

 

■日時:令和2年12月25日(金)10:00~17:00(9:40受付開始)

■会場:NOMA関西本部教室(大阪科学技術センタービル内)

■プログラム:
【1】10:00~11:45  講師 :加藤 あや
プレゼンテーション研修
~元リポーター伝授、行動変容に繋がるプレゼンテーション研修~

【2】12:45~14:30  講師 :細川 甚孝
DX(デジタルトランスフォーメーション)導入研修

【3】14:45~16:45  講師 :吉海江久実代・影山恭子・三好美穂子
住民満足向上の為の3秘策

1.“新生活様式”における接遇(窓口・電話応対)の心得  
               講師:吉海江久実代  

2.在日外国人に伝わる“やさしい日本語”講座  
               講師:影山恭子 

3.即効!“接遇の実地指導と実態調査”のカタチ    
               講師:三好美穂子

【4】16:45~17:00
本会の今後の取り組みの紹介

それぞれ現在活躍中の講師が具体的な研修内容について、プレゼンテーションセミナーを実施いたします。

ご多忙とは存じますが、この機会にご参加いただき、ご検討賜りますようお願い申し上げます。

※詳細はこちらよりご確認ください。

http://www.noma-front.com/shop/seminar/seminardetail.aspx?seminar=60016376

混沌とした時代だからこそ期待される救世主!

開催にあたって

「担当者として優秀な成績を上げた人が管理職に昇格したときに、プレイヤー業務の脱却、マネージャー業務へのシフトが上手くできない」という話をよく耳にします。プレイヤ―とマネージャーでは求められる能力が全く違うため、管理職になった時点でスキル・マインド面の準備が出来ていないと上手く適応できません。そのためには管理職になる前に必要な能力を学び、意識改革を行う必要があります。

そこで、今回は、「将来、管理職になることを期待されている中堅社員」を対象にした研修をご紹介いたします。現場の業務に習熟し、後輩の指導にも慣れてきた中堅社員に、「今は管理職になるために必要な能力を身につける準備期間」であることを理解してもらうための内容となっています。管理職より比較的自由度が高く、組織の雰囲気を把握し始めている時期にある中堅社員が、将来の旗振り役として意識的に行動することは組織の活性化につながります。つまり中堅社員を育てることは組織の力を底上げし、生産性を向上させることになります。

講師には、ビジネスディベロップサポート代表・パッションクリエイターの大軽俊史氏をお招きします。大軽講師は戦略コンサルティングから人材・組織開発まで一気通貫で多くの企業をサポートし、特に人材のモチベーションを向上させるプロフェッショナルです。多くの研修実績・企業の支援経験に基づく理論的なアプローチと熱意溢れる講義は大変好評をいただいております。

コロナウイルスの影響で、将来への不安が大きくなった今だからこそ「組織活性化につながる中堅社員研修」を体験いただければ幸いです。将来、組織を支える中堅社員の育成をお考えの人事・教育担当者様のご参加をぜひお待ちしております。

開催概要

◆日 時:2020年12月15日(火) 14:00~15:30
◆対 象:民間企業・各組織の人事・教育ご担当者様(1社2名まで)
  ※社内教育を企画・検討される方向けの体験セミナーです。
  ※教育研修機関からのご参加はご遠慮頂いております。
  ※WEB会議システム『Zoom』上で開催します。
◆参加料:無料

講師プロフィール

大軽 俊史(おおかる としちか)氏
ビジネス ディベロップ サポート 代表
パッションクリエイター

大軽 俊史(おおかる としちか)氏
 ビジネス ディベロップ サポート 代表
 パッションクリエイター


同志社大学商学部卒。マーケティング企画会社、(株)日本総合研究所を経て、平成20年 経営コンサルタントとして独立。事業戦略からマーケティング・組織・人事という、経営戦略の一連のプロセスをワンストップで構築支援する数少ないコンサルタント。経営の最大課題は、人材のモチベーションマネジメントであると考え、「人を惹きつける情熱を持った人材を養成する」ことを指導モットーとしている。笑顔・情熱・理論で社員のやる気に火をつけるパッションクリエーターとして、各方面より絶大なる信頼を得ている。理論とユーモアを交えた独自のスタイルに多くのファンを持つ。著書に「基本からわかる 人が育つ組織づくり(共著・ビジネス社)」、「『メンタリング』で共に成長する 新入社員指導・支援の実践コース(通信講座教材・PHP研究所)」。

プログラム

1.講師紹介(14:00~14:15) 
 経歴/専門性/研修の捉え方について

2.コロナ禍がもたらした企業への影響(14:15~14:30)
(1)CS(顧客満足)とES(職場満足)の好循環サイクルの無機能化
(2)ミドル層アップアップ症候群という現象(心身ともに疲弊する中堅の実態)とは?

3.近未来の幹部候補!元気な中堅社員の育成方法(14:30~15:00)
(1)そもそも中堅社員とは?今、必要なのは未来型中堅の育成!
(2)育成で最も重要な「未来への意識付け」と「モチベーションアップ」
  ①期待値を示す
  ②機会を付与する

4.具体的なカリキュラムのご紹介(15:00~15:20)
 ~リアルとオンラインの融合で成果の上がる研修が実現~

5.質疑応答(15:20~15:30)
 ※適宜、休憩および討議の時間を挟みます。

申込・参加要領

□申込要領
下記をご覧いただき、こちらより必要情報の入力をお願いします。

□セミナーの受講方法
普段お使いのパソコンやスマートフォン・タブレット端末でご参加できます。
・「zoom」というシステム上での配信となります。
・パソコンではブラウザで視聴できます。
 スマートフォンの場合は専用アプリのインストールが必要です。
・パソコンの場合には、カメラとマイクのご準備をお願いいたします。

□お申込後の流れ
1:セミナー開催の前日夕刻までに、受講者に「ご招待メール」をお送りします。
※迷惑メールとして処理されないよう、「@noma.or.jp」からのドメイン受信設定をお願いします。
2:招待メールが届きましたら、セミナー当日に指定されたURLをクリックしてください。
(入室時にお名前を入力いただきますようお願いします。)
3:セミナー当日は、開始の15分前から入場が可能です。

お問合せ先

一般社団法人日本経営協会 関西本部 経営開発G
〒550-0004 大阪市西区靭本町1-8-4 大阪科学技術センタービル5階
TEL(06)6443-6963 FAX(06)6441-4319
メール khosaka@noma.or.jp

オンライン時代の「研修設計」と「学習デザイン」
~マネジメント研修・ロジカルシンキング研修を切り口に~

開催にあたって

 再びコロナの波が迫りつつあります。第1波、第2波では、必要に迫られる形で、研修のオンライン化が進みました。その後、ようやく集合形式での研修も開催する機会が増えてきた矢先、再び感染者数が増加に転じるという事態に直面しています。

 このような状況が繰り返される中で、人材育成の方法として「研修」を選択する場合、「オンライン化への備え」は欠かすことができません。現在、第3波の入り口に立とうとしているこのタイミングで、今一度、「オンライン研修」の課題を整理し、ポイントを押さえた上で「研修を設計」することが求められています。

 また、オンライン研修を設計するにあたり、学習者の「学びをどうデザインするか」という視点も欠かせません。これまでの集合研修をただオンライン化するのではなく、オンライン研修のメリット・デメリットを見極めつつ、参加者が学習目標を達成するために、学びのプロセスをどう設計していくか、そこにオンライン研修をどう組み込んでいくかが、ますます重要な論点になりつつあります。

 このセミナーでは、これまでに様々な研修プログラムを企画・開発し、ビジネスパーソンの学びと教育について深い知見をお持ちである久保田康司氏をお招きし、オンライン研修の設計や学びのプロセスデザイン、オンライン研修を実施する際の留意点などを、簡潔にお伝えいただきます。

 また、久保田氏がインストラクターとして数多くのオンライン研修を実施された「マネジメント研修」「ロジカルシンキング研修」を題材に、実際の設計事例をご紹介するとともに、内容の一部をみなさまにご体験いただくセッションを設けます。

  コロナ再流行に耐え得ることはもちろんですが、これからの多様な働き方として在宅勤務・リモートワークが中心となっても、効果的な研修による人材育成を進める術について、この機会にぜひ理解を深めてください。

開催概要

・日 時:2020年12月2日(水) 14時00分~16時00分
・場 所:WEB会議システム「Zoom」上で開催
・参加料:無料
・対 象:人事教育部門の責任者/担当者の方々

※お申し込みは、1社あたり3名様までとさせていただきます。
※お申込み多数の場合は、ご参加をお断りする場合がございます。あらかじめご了承ください。
※教育研修機関からのご参加はご遠慮いただいております。

参加環境のご注意点
 ・今回は、パソコンにてご参加くださいますようお願いいたします。

 ・ WEBブラウザとしてGoogle ChromeもしくはMicrosoftEdgeが使用できる環境をご準備ください。
  * Zoomとは別にロジカルシンキングのオンラインツールを使用するため
  * Zoomへのご参加はデスクトップクライアントアプリの利用を推奨
  *スマートフォン・タブレットでは動作しない場合があり、
   また画面が小さいため見づらくなる懸念があります。

講師プロフィール

久保田 康司
株式会社マネジメント・ラーニング 代表取締役
博士(政策科学)


講師略歴
 関西大学 社会学部卒業、関西学院大学大学院 商学研究科修了(MBA)、神戸大学大学院経営学研究科修了(MBA) 同志社大学大学院総合政策科学研究科博士課程後期課程修了(博士)。
 大学卒業後、鐘紡株式会社入社、ファッション事業部で営業を10年間経験。その後、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン®の運営会社である株式会社ユー・エス・ジェイに開業メンバーとして参画、マーケティング・営業本部において、マーケティング企画室マネージャーや近畿地区統括マネージャーを歴任。その後、三井住友銀行グループのSMBCコンサルティング株式会社に転職し、人材育成の仕事に携わる。セミナーや研修の企画・プログラムの開発、インストラクターなど幅広く活躍。2012年マネジメント・ラーニングを設立し代表取締役に就任。ロジカルトランプ®開発者。

プログラム

   1.見えてきたオンライン研修の課題 
  ・従来の対面研修とオンライン研修の違い
  ・オンライン研修を設計、実施する際のポイント

2.オンライン研修をめぐる現状
  ・他社はオンライン研修をどのように活用しているか
  ・実際のプログラム事例の紹介

3.効果的なオンライン研修
  ・オンラインでもここまでできる「マネジメント研修」
  ・ロジカルトランプ®を活用した楽しい「ロジカルシンキング研修」体験

4.質疑応答

申込・参加要領

□申込要領
下記をご覧いただき、こちらより必要情報の入力をお願いします。

□セミナーの受講方法
普段お使いのパソコンやスマートフォン・タブレット端末でご参加できます。
・「zoom」というシステム上での配信となります。
・パソコンではブラウザで視聴できます。
 スマートフォンの場合は専用アプリのインストールが必要です。
・パソコンの場合には、カメラとマイクのご準備をお願いいたします。

□お申込後の流れ
1:セミナー開催の前日夕刻までに、受講者に「ご招待メール」をお送りします。
※迷惑メールとして処理されないよう、「@noma.or.jp」からのドメイン受信設定をお願いします。
2:招待メールが届きましたら、セミナー当日に指定されたURLをクリックしてください。
(入室時にお名前を入力いただきますようお願いします。)
3:セミナー当日は、開始の15分前から入場が可能です。

お問合せ先

一般社団法人日本経営協会 関西本部 経営開発G
〒550-0004 大阪市西区靭本町1-8-4 大阪科学技術センタービル5階
TEL(06)6443-6963 FAX(06)6441-4319
メール khosaka@noma.or.jp

Q1 オンライン受講は「Zoom」以外の媒体でも可能でしょうか?
 →A. NOMA 関西本部のセミナーでは、Zoomのみのご対応となっております。

Q2 オンライン受講の手続き・フローを教えてください。
 →A. 本会ホームページ上で【WEB申込】をお願いします。
追って、参加券・請求書・Zoomでの受講要領を郵送いたしますので、詳細な手順や注意事項はそちらをご確認ください。
講義資料は、開催の 1 週間前頃にご送付(郵送)いたします。
視聴URLは、開催の 3 営業日前を目途に、ご連絡担当者様のメールアドレス宛にご送付いたします。

Q3 オンライン受講に際し、Zoomのアカウントは必要ですか?
 →A. 参加者様のZoomアカウントのご準備は不要です。
開催3営業日前を目途に本会からメールでご送付する「視聴登録URL」から、ご所属・姓名・メールアドレスを入力して視聴登録後に、ご登録メールアドレス宛に自動送信される「視聴URL」からアクセスしていただければ、サインインをせずご参加いただけます。

Q4 Zoomアプリのダウンロードは必要ですか?
 →A. パソコンからご視聴される場合は、ウェブブラウザ(Google Chrome・Firefox・Microsoft Edge・Safariのみ対応、Internet Explorer不可)からの視聴も可能ですので、Zoomアプリをダウンロードしていただく必要はございませんが、モバイル端末(タブレット等)をご利用の場合は、Zoomがアプリが必須となります。

対応クライアントや基本的な操作は、下記Zoomサポートページをご確認ください。
Zoomウェブクライアント-Zoom ヘルプセンター

Q5 Zoomの使用に際し、環境・PC設定について教えてください。
 →A. 該当セミナーの申込要領をご確認の上、下記をご準備ください。

●「行政管理講座 オンライン中継対応講座」・「Zoomウェビナー形式セミナー」の場合
音声出力機器(スピーカーまたはイヤホン)と、インターネット環境(有線およびWi-Fi回線推奨/対応ウェブクライアントはQ4参照)をご準備をいただければ、特に設定等の必要はございません。
デスクトップPCクライアントの設定・情報は、下記Zoomサポートページをご確認ください。
Windows、macOS、およびLinuxのシステム要件-Zoom ヘルプセンター

「Zoomミーティング形式セミナー」の場合
上記のほか、WEBカメラマイクを用いて意見交換を行いますので、https://zoom.us/testで接続・動作をご確認の上、当日は必ずご準備ください。
周囲の声や雑音を拾ってしまう可能性がありますので、静かな場所で、ご自身が声を出せる環境でご受講ください。

Q6 Zoomの操作について教えてください。
 →A. Zoomの操作全般については、下記Zoomサポートページをご確認ください。

●「行政管理講座 オンライン中継対応講座」・「Zoomウェビナー形式セミナー」の場合
WindowsとMacのZoom基本操作ガイド-Zoom ヘルプセンター
ウェビナーへの参加(参加者)-Zoom ヘルプセンター

「Zoomミーティング形式セミナー」の場合
WindowsとMacのZoom基本操作ガイド-Zoom ヘルプセンター
ミーティングに参加する-Zoom ヘルプセンター

関西本部 06-6443-6961

〒550-0004
大阪市西区靱本町1-8-4
(大阪科学技術センタービル)