お問い合わせ

プログラム名 行政機関向け 
情報リテラシー研修
研修日数1日間
研修対象新入社員(職員) / 管理・監督者 / 中堅社員(職員) / 若手社員(職員)
特徴ペアワーク、グループワークを 多く取り入れ、座学・理論に終わらない 研修とします。
すすめ方講義・グループワーク等を主体とした体験型
ねらい①情報に関する様々な制度の活用法を学ぶ。
②情報モラルへの必要性を学び、情報社会の中で安心・安全に行動できるための知識や手法を習得する。
③なぜ情報倫理が必要なのか、倫理とは何かを考え、情報活用能力である【情報リテラシー】を強め、リスクを回避し、情報を正しく使いこなす職員を育成する。

プログラム内容

1.情報倫理と情報セキュリティ

①情報倫理と情報モラル

②情報倫理が重視される背景

③個人として、組織としての情報倫理

④セキュリティ対策は社会的責任

⑤個人情報の保護

⑥パスワードの管理方法の再確認

 

 2.ネット犯罪に巻き込まれないために

①インターネットによる人権侵害に気を付ける

②人権侵害があった場合

③被害者にも加害者にもならないために

④情報社会独自のマナーに配慮する

⑤リスク管理を心がける

 

3.組織を強くする情報リテラシーの向上

①情報リテラシーの意味・定義

②情報リテラシーの概念の二義性

③情報機器活用能力・情報活用能力

④正確な情報を見抜くため

⑤ソーシャルメディアに潜むトラブル事例

 

4.リスクマネジメント

①ヒューマンエラーの視点からリスク発生対策

②リスクマネジメント行動基準フローチャート

③ハインリッヒの法則と課題発見

□研修総括と質疑応答

講師名ヨシカイエクミヨ 吉海江 久実代
<講師プロフィール>
アイク株式会社にて入社不動産担保ローンの営業事務を担当。
その後、区民センターでのセミナー講師、病院での窓口勤務、独立行政法人勤務を経て、現在は窓口対応・接遇研修をはじめとするコミュニケーション研修を得意として活躍中。
接遇研修・クレーム対応研修・プレゼンテーション研修・コミュニケーション研修・ビジネスマナー研修・覆面調査・メンタルヘルス研修・ハラスメント研修・部下指導研修・パソコン研修・新人研修・ネイル 等のテーマで出講中。

リーフレット(PDF)ダウンロード(約 137KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925