お問い合わせ

プログラム名 行政機関向け  NEW
業務量調査支援
研修日数3日間以上
研修対象未指定
すすめ方コンサルティング
ねらい近い将来における税収減、扶助費の増加、住民ニーズの多様化を背景してより効率的な、効果的な業務が必要です。業務量調査は効率性を中心に議論し、その取組を促進するために「効率性」を中心に進めます。
●業務の進め方のポイント
  ・ある一定の制限(時間・予算・資源)の中で
  ・不確実な要因をさばきつつ(新規性・不確実性)
  ・目標像を決めて、
  ・何をするのかを明確にして
  ・資源を投入して
  ・成果をあげること
 をポイントとして進めてまいります。
プログラム内容

作業を分解し、コストを測定

WBS(Work Breakdown Structure)の検討

役割分担表の作成

活動単位コストの算出

コスト分析

 

⇒説明会時の資料がダウンロードできます。ぜひ、ご活用ください。

 

 

講師名ホソカワシゲノリ 細川 甚孝
<講師プロフィール>
◆昭和46年 秋田県仙北市生まれ
◆経歴
 ・都留文科大学文学部社会学専攻卒業
 ・上智大学大学院社会学専攻博士後期課程満期修了
 ・早稲田大学大隈記念大学院公共経営研究科修士課程修了
◆所属
 ・合同会社政策支援 
 ・早稲田大学パブリックサービス研究所客員研究員
 ・行政経営フォーラム ・日本経営協会
◆専門
 ・行政評価/教育・文化・産業等地域政策
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 3MB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号