お問い合わせ

プログラム名 行政機関向け 
新任課長補佐級研修
研修日数1日間
研修対象管理・監督者
特徴研修の最後にはまとめとして 「“私”と“チーム”改革目標管理表」を 作成します。研修後も、希望者に対して、 講師がメールでその進捗の支援を 行います。
すすめ方講義・グループワーク等
ねらい①コンプライアンスとリスクマネジメントを推進しながら、職員が意欲的に仕事に取り組むことができるような職場風土のあり方とつくり方のポイントについて演習を通して理解を深める。
②業務の効率化やタイムマネジメントの手法を学ぶ。
③体験学習を通じて、問題解決について学ぶ。
④部下育成に必要不可欠なコーチング理論とメンタルケア・ハラスメントのセオリーを習得する。
プログラム内容

オリエンテーション

 

1.課長補佐に求められるマネジメント 

①組織の3原則と方向付け

②課長補佐の3つのマネジメント業務

③タスクアプローチとヒューマンアプローチ

 

2.組織のマネジメント【チームの絆を固める】

①組織目標の設定と共有

②組織風土チェックで特徴と傾向を把握する

③課長を補佐し、意見具申するフォロワーシップ

 

3.業務のマネジメント(1)【業務の効率化】

①業務の無駄をなくす8つの提案

②業務改善による業務の効率化

③タイムマネジメントのギャップ分析

 

4.業務のマネジメント(2)住民信託に応える】

①住民サービスの5つの視点

②業務ミスをなくすためにできること

③リスクマネジメントとコンプライアンス

 

5.人のマネジメント   【部下育成力を高める】

①多様な部下との関わり方(ダイバーシティ&OJT)

②ハラスメントとメンタルタフネス

③プラスストロークとコーチング(面談ロープレ)

④チームモチベーションを高めるために

 

6.職場実践へのアプローチ

『太い絆で結ばれた、強いチームをつくるための

“私”と“チーム”改革目標管理表』の作成と発表

 

 研修の総括

講師名イマイカズオキ 今井 和興
<講師プロフィール>
経営企画・人事総務16年、営業8年、営業企画2年のキャリアを積み、最終、コンサルティング会社でそのノウハウを修得後、人財コンサルタントとして独立。
管理職・評価者・目標管理・コンプライアンス・コーチング・プレゼンテーション・OJT・業務改善・マネジメント・企画立案・問題解決・CS・コミュニケーション・新入社員・キャリアデザイン・フォローアップなどのテーマで研修を実施。
経営計画立案導入運営・人事制度立案導入運営・人材開発(採用・定着・育成)指導などのコンサルティングをおこなう。
人材開発マネジメントコース修了、経理実践コース修了。衛生管理資格などの資格を持つ。
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 139KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925