お問い合わせ

プログラム名 行政機関向け 
危機管理講座 (2日コース) (1日コース・半日コースも対応可能です)
研修日数2日間
研修対象管理・監督者
特徴報道記者としての経験からメディア側の視点や思考を熟知しており、メディア側からの目線による 事例紹介、伝え方、企画、周囲を巻き込むポイントについて指導を行うことができます。
すすめ方講義・グループワーク・模擬記者会見 等
ねらい職員の不祥事対応や災害対策など、行政に求められるリスクマネジメント関連の包括的な内容を学ぶとともに、模擬記者会見(マスコミ対応)等の演習を通じ実践的な能力を養います。日頃からリスクを意識し、トラブル時に適確に対処する危機管理能力の習得を図ります。
プログラム内容

【1日目】

オリエンテーション

 

1 危機管理・リスクマネジメント基礎

【ワーク】 職場での危機管理

 

2 リスク対処・リスクマネジメントの手法 ・ 防災関連情報

【ワーク】自治体向けチェックリスト記載

 

3 自然災害等に対する危機管理

【ワーク】 自然災害時の危機対応

 

4 危機管理・自然災害対策の実践事例

【ワーク】防災ゲーム クロスロード

 

5 災害時の情報発信・マスコミ対応

【ワーク】アクションプラン記載

 

6 ポイントチェック

 

 

【2日目】

オリエンテーション

 

1 不祥事型のリスクマネジメント基礎

【ワーク】 不祥事トラブル問題 気付き

 

2 内部統制と地方自治法

【ワーク】 自治体向けチェックリスト記載

 

3 危機管理における報道対応

【ワーク】 模擬記者会見 質問案作成

 

4 グループ演習:模擬記者会見

 

5 ネット上のリスクマネジメント

 

6 ポイントチェック

【ワーク】アクションプラン記載

講師名タカギケイジロウ 高木 圭二郎
<講師プロフィール>
一般社団法人日本経営協会講師。フリーアナウンサー。
マスコミ対応・危機管理、メディアトレーニング、広報PR、企画力向上、ビジネスコミュニケーション、プレゼンスキル等をテーマに多数の自治体や企業で研修を実施。
 講師は茨城県内の記者クラブ取材や数々の災害報道を経験しており、具体的な実例を説得力を持ってお伝えするスタイルに定評があります。
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 152KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925