お問い合わせ

プログラム名 行政機関向け 
住民意識調査・アンケートの 作成・データ分析・活用方法(1日コース)
研修日数1日間
研修対象新入社員(職員) / 管理・監督者 / 中堅社員(職員) / 若手社員(職員)
特徴現状を明確化する技術、 そのためには目的(対象、意図、上位目的) を明確にする方法や意味などを解説します。
すすめ方講義・グループワーク等
ねらいアンケートの設計方法・分析・政策への活用方法を学ぶ。
プログラム内容

1.アンケートの基本  【講義・演習】

 

2.調査の設計  【講義・演習】

 

3.意識調査結果の確認 【講義・演習】

 

4.意識調査結果の分析 【講義・演習】

 

5.政策形成・業務改善への反映方法 【講義・ワーク】

 

6.総括講義・全体質疑応答

講師名ニシムラケン 西村 健
<講師プロフィール>
アクセンチュア株式会社にて民間企業の業務改革・業務改善支援をおこなう。退職後、日本能率協会コンサルティング(JMAC)・公共経営セクター(旧:構造改革推進セクター)にて地方自治体の行政改革で実績を残してきた。
統計・アナリティクスの専門家として、事業創造大学院 国際公共政策研究所研究員・ディレクターで活動。日本公共利益研究所の代表として、住民意識調査、健康医療福祉データをもとにした社会の問題解決を推進している。
業務改善、データによる政策分析・検証、経営分析、コーチング、人事評価、目標設定、組織目標マネジメント、人材育成・能力開発などのテーマで出講中。
上級ウェブ解析士、観光プランナーの資格を持つ。
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 134KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925