お問い合わせ

プログラム名 行政機関向け 
コンプライアンス・倫理研修
研修日数2〜4時間
研修対象新入社員(職員) / 経営幹部(幹部候補) / 管理・監督者 / 中堅社員(職員) / 若手社員(職員)
特徴豊富なイラストやデータを展開し、 分かりやすく充実した研修です。
すすめ方講義形式
ねらい ①公務員に求められるコンプライアンスとその重要性を再認識する。

 ②コンプライアンス事例をもとに、問題点や望ましい行動について理解する。

 ③コンプライアンス違反をした場合のリスクについて理解する。
プログラム内容

1 法令遵守と公務員倫理 公務員倫理法

 (1)公務員倫理規程              

(2)公務員倫理規程  

 

 

2 公務員の不祥事 

(1)不祥事の傾向と分類       

(2)不祥事の事例

  ① 盗撮、セクハラ、わいせつ

  ② 飲酒運転       

  ③ パワハラ        

  ④ 情報漏洩  

  ⑤ 職務上の不祥事 公金等横領 

 

          

3 不祥事を起こした場合の影響          

(1)個人

(2)組織 不祥事による組織の損失

講師名フクモトハルフミ 福本 晴文
<講師プロフィール>
一般社団法人日本経営協会講師。

昭和54年~平成22年まで高知市役所にて勤務し、うち平成19年以降はこうち人づくり広域連合事務局長を務める。「公務員倫理研修」の職場内講師を担当。現在は独立し、創研ELC 代表 として公務員倫理研修の講師として活躍中。

「公務員倫理を考える」(JKET)指導者認定、公務研修協議会方式OJT実践コース指導者認定等の資格を持つ。

図表を多く用いた投影データを用いる研修スタイルは、受講者の理解が得られやすいと好評です。
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 249KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925