お問い合わせ

プログラム名 行政機関向け 
業務改善に効く 「8つのフレームワーク」
研修日数2〜4時間
研修対象新入社員(職員) / 経営幹部(幹部候補) / 管理・監督者 / 中堅社員(職員) / 若手社員(職員)
特徴講師は、市役所在籍時代の行政経験(行革 や職員研修等を担当)に加え、日本経営品質賞 の関係でも多数民間組織との交流や企業経営 革新支援を通じて得た「現場発の知見」が豊富 です。解説もわかりやすく、楽しく学べます。
すすめ方講義・グループワーク等
ねらい  ①業務改善に着手する前に、陥りやすい「ワナ」を知る。
  ②改善を効果的に進める「ワザ」 (フレームワーク)を知る。
    ※フレームワークとは「モレなくダブリなく」思考するための枠組のことです。
       当研修では、業務改善に効く代表的な8つのフレームワークをご紹介します。
  ③最新テクノロジー(AIやRPA等)を活用した改善事例を知る。
  ④改善を成功させるための実践的ポイントを学ぶ。

プログラム内容

はじめに

「3つの落とし穴」にはまっていませんか?

①廃止/方向転換すべき業務を「改善」する

②お役立ち相手を念頭に置かずに「改善」する

③必要な知識を職員が習得せぬまま「改善」する

目的に応じて「8つのフレームワーク」を活用しよう

  • 目標を設定し、結果を振り返る

①PDCAチェックシート

②KPIツリー(ケイピーアイ)

③AARR(アー)

④SMART(スマート)

  • 業務の状態を可視化する

⑤業務フロー図

  • 改善策を考える

⑥ムリ・ムダ・ムラ~ダラリの法則

⑦ECRS(イクルス)

⑧業務改善提案シート

最新テクノロジー活用事例(AIRPA等による改善)

・行政や民間での事例と効果

・今後の活用想定分野

まとめ

講師名トヨシマヒデアキ 豊島 英明 
<講師プロフィール>
1988年度神戸市役所入庁。住宅局(経理)、市長室(報道・ラジオ番組)、神戸港埠頭公社(経理・企業誘致)、行財政局(経営品質・行政評価)、北区役所まちづくり推進課長、職員研修所長、市長室国際課長、みなと総局企業誘致担当部長を経て、2018年度早期退職。

自ら講師となり自治体に経営品質の考え方を普及するため起業し、合同会社創発研修ラボ豊島屋を2019年設立(経営品質協議会認定セルフアセッサー資格取得)。神戸学院大学客員教授、早稲田大学招聘研究員。

著書に、『行政経営改革入門』『政策評価手法』『自治体バランス・スコアカード』『自治体職員がみたイギリス』『行政の質を高める8つの基準』など。
神戸市在職中の講師歴として、同志社大学社会人大学院非常勤講師、全国自治体・民間企業など多数。
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 549KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925