お問い合わせ

プログラム名 行政機関向け 
プレゼンテーション研修
研修日数1日間
研修対象中堅社員(職員) / 若手社員(職員)
特徴生放送のノウハウに基づく「緊張対策」や「トラブル対処」など、プレゼンや発表時に多くの人が苦手とする部分の指導も 行います
すすめ方講義・グループワーク・ミニプレゼン 等
ねらい 行政職員に求められる「プレゼンスキル」と「伝わる話し方」をアナウンサー視点の演習を通じて習得するプレゼンテーション研修です。「書く、話す、フィードバック」の流れに沿った演習で説明力・提案力・コミュニケーションスキルの要素を強化し、庁舎内説明、住民対応、シティプロモーション等の場での対応力向上を図ります。 

プログラム内容

オリエンテーション
1.プレゼンテーション基礎講義

・良いプレゼンの要素とは

・ミッション・ビジョン視点のテーマ設定

【ワーク】 プレゼン原案 記載・共有

2.伝わる話し方

・話の構成法 : 時系列・逆三角形・PREP・SDS法・EP法 他

・アナウンス技法 : ポーズとプロミネンス

・非言語情報:動作ノイズ対策・アイコンタクト等

【ワーク】 スピーチワーク 自己紹介

3.資料作成・機材対応ポイント

・1スライド1メッセージ/ ランスルーの重要性

・【ワーク】シート記載 (+ 内容紹介 )

4.緊張対策・質疑対応・ハプニング対応

・スモールステップとリフレーミング

・質疑対応:ニーズ別質疑ポイント

【ワーク】 ハプニング対応ケーススタディ

5.グループ内発表

プレゼンテーマ: A:新規提案 B:○○市の強み

【ワーク】 : ミニプレゼン 1人3-5分+フィードバックメモ

6.ポイントチェック・フィードバック

講師名タカギケイジロウ 高木 圭二郎
<講師プロフィール>
一般社団法人日本経営協会講師。フリーアナウンサー。
マスコミ対応・危機管理、メディアトレーニング、広報PR、企画力向上、ビジネスコミュニケーション、プレゼンスキル等をテーマに多数の自治体や企業で研修を実施。
 講師は茨城県内の記者クラブ取材や数々の災害報道を経験しており、具体的な実例を説得力を持ってお伝えするスタイルに定評があります。
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 132KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925