お問い合わせ

プログラム名 行政機関向け 
マスコミ対応のメディアトレーニング研修
研修日数1日間
研修対象管理・監督者
特徴アナウンサー・報道記者経験に基づき、マスコミ対応のポイントを分かりやすくご説明します。ワーク重視型の研修で皆様のスキルアップをサポートします。
すすめ方講義・グループワーク・模擬記者会見 等
ねらい職員の不祥事対応や災害対策など、行政に求められる危機管理能力とマスコミ対応力の基礎を学びます。模擬記者会見等の演習を等して報道陣の視点を学ぶとともに危機発生時に適確に対処できるようなスキル習得を図ります。
 

プログラム内容

オリエンテーション
1.危機管理・リスクマネジメント概論
・リスクとクライシス
・ハインリッヒの法則
・組織における危機管理
・公務員に求められる規範

2.マスコミ対応・理論編
・危機管理広報と書類
・記者の質問パターン

3.マスコミ対応・実践編 報道陣を知る
・記者会見の基本形式と役割分担
・会見時の話し方、伝え方
・事例紹介

4.グループ演習・模擬記者会見
・【ワーク】浮上時による模擬記者会見

5.ネット上のリスクマネジメント・情報発信のポイント
・炎上の定義
・ネット上のリスク防止のポイント
・災害情報のマスコミ対応・WEB対応のポイント

6.ポイントチェック・フィードバック

講師名タカギケイジロウ 高木 圭二郎
<講師プロフィール>
一般社団法人日本経営協会講師。フリーアナウンサー。
マスコミ対応・危機管理、メディアトレーニング、広報PR、企画力向上、ビジネスコミュニケーション、プレゼンスキル等をテーマに多数の自治体や企業で研修を実施。
 講師は茨城県内の記者クラブ取材や数々の災害報道を経験しており、具体的な実例を説得力を持ってお伝えするスタイルに定評があります。
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 153KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925