お問い合わせ

プログラム名 行政機関向け 
公共マーケティングと 政策形成
研修日数2日間
研修対象管理・監督者 / 中堅社員(職員)
特徴まず基本的な内容を講義で学び、 グループ単位で作成したアンケートを 取り合い、集計していく実践的な内容 です。
すすめ方講義、演習 等
ねらい① 公共マーケティングを活かした政策形成ができるようになる。
② 政策を見る視点、アンケート作成から実施、代替案の企画立案まで実践的に理解する。
プログラム内容

(1日目)

1.公共マーケティング思考

(1) 自治体間競争の本質

(2) 顧客(住民)理解

(3) 公共政策形成と公共マーケティングは表裏一体

(4) 公共マーケティングの基本

 

2.公共政策立案と自治体の戦略

(1) SWOT分析

(2) 戦略的アプローチ

 

3.ユニークな公共政策立案を支える創造力の視点

(1) 発想をしばる3つの思考の枠

(2) 問題解決のよくある誤り

(3) 情報収集の甘い罠

 

4.プロファイリング

(1) プロファイリングとは

(2) 顧客(住民)をイメージする

 

(2日目)

5.活動演習①

 

6.公共マーケティング調査活動の基礎

(1) 「とりあえず調査」の失敗

(2) 仮説立案と修正のサイクル

(3) 調査の目的とアウトプットとその使われ方

 

7.活動演習②

(1) 観察とアンケート

(2) アンケート作成演習

 

8.活動演習③

(1) アンケート実施と集計と評価

(2) 仮説から考えるデータ分析

 

 9.活動演習④

(1) 顧客(県民・市民)像を再構築する

(2) 第1次を修正し、第2次政策案作成演習

 

10.政策案プレゼンテーション

・総評

講師名ナカタニヤスシ 仲谷  康
<講師プロフィール>
室蘭工業大学大学院卒業後、シャープ㈱、会計事務所勤務、㈱CCL教育研究所を経て独立。公共政策に必要なマーケティング思考をベースに、研究開発出身者の発想で指導にあたっている。

公共政策に必要なマーケティング思考をベースに、政策課題把握・分析研修、住民アンケート調査活動疑似体験研修等、研究開発出身者の発想で指導にあたっている。

著書に『人材確保,個人の成長,企業の発展』、『ワークシートで勝ち取る 就職プランニング作戦』 、『雇用開発における創造的な人材育成に関する研究』、『沖縄県産業振興公社 ビジネスプラン作成実習スクール概要』などがある
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 159KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925