お問い合わせ

プログラム名 行政機関向け 
イクボス養成
研修日数1日間
研修対象管理・監督者
特徴人事責任者の経験者で社会保険 労務士である講師は、実務と法律 に精通しています。
すすめ方講義、演習 等
ねらい様々な部下の立場を理解でき、職場を活性化する「イクボス」になるためのワークライフバランスの推進方法、イクボスとしての部下活用と育成のポイントを学びます。

 ※「イクボス」…職場で共に働く部下のワーク・ライフ・バランスを考え、その人のキャリアと人生を応援しながら、組織の業績も結果を出しつつ、自らも仕事と私生活を楽しむことができる上司。
プログラム内容

アイスブレイク

 

1.異性の部下活用と育成のために

(1)男性部下と女性部下の違い

(2)男性、女性、世代ごとのキャリアイメージ

 

2.イクボスになるために

(1)イクボスとは何か

(2)イクボスのありかた

(3)マタハラ対策

 

3.イクボスの具体的取り組み

(1)ワーク・ライフ・バランス再確認

(2)生産性の高い働き方

(3)時間制約のある職員と周囲の職員

(4)男性の育休の促進

 

4.労務管理

(1)育児介護に関する関連法規の知識

(2)妊娠時、育休申請時、育休中、復帰時の対応

 

質疑応答

 

まとめ

講師名ヤマグチサダトシ 山口  貞利
<講師プロフィール>
一般社団法人日本経営協会講師。特定社会保険労務士。

人事考課 、目標管理、マネジメント、部下育成、キャリアプラン、タイムマネジメント、面接採用手法、 ハラスメント、労働法、労働法などをテーマに多数の自治体や企業で研修を実施。 

特定社労士、行政書士、宅建、アンガーマネジメントファシリテーター、第一種衛生管理者、AFP、CDAの資格を持つ。

著書に「実際にやってみてわかった中小企業M&A成功のための人事労務」(共著)がある。
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 132KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925