お問い合わせ

プログラム名 行政機関向け 
地方公務員のための 労働基準法
研修日数1日間
研修対象管理・監督者
特徴事例を踏まえて解説するため、わかりやすく学ぶことが出来ます。
すすめ方講義、演習 等
ねらい① 地方公務員における労働基準法、勤務時間、休暇、給与などの基本事項を理解する。
② 安全・健康管理や職員処分をめぐるトラブルケースを事例で学ぶ。
プログラム内容

はじめに

 

1. 地方公務員における労働基準法

2. 任用について

3. 勤務時間管理について

4. 有給休暇、休日振替、休憩の基本的考え方

5. 改正労基法の理解

6. 労務管理を巡る基本的考え方

7. 安全管理を巡る基本的考え方

8. 分限処分・懲戒処分を巡る基本的考え方

9. 退職を巡る基本的考え方

 

まとめ

講師名ワタナベトオル 渡邊 徹
<講師プロフィール>
労働安全衛生、ハラスメント、 新任管理職などのテーマで出講中。

現在、600を超える顧問会社・団体が抱える人事問題や各種労働紛争(訴訟、労働組合との交渉等)などを担当。
著書に『1問1答 民事再生の実務』、『1問1答 改正会社更生法の実務』、『管財実務のための新会社更生の理論・実務と書式』などがある。

大阪弁護士会司法改革推進本部労働事件部会、日本労働法学会、経営法曹会議に所属。
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 130KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925