お問い合わせ

プログラム名 行政機関向け 
内部講師育成
研修日数2日間
研修対象管理・監督者 / 中堅社員(職員)
特徴ファシリテーションの手法を学ぶことで、 人前で話すのが苦手な方でも、講師として活躍できるようになります。
すすめ方講義、演習 等
ねらい職場内研修の質を向上させるために、研修の組み立て方・話し方・資料の作り方など、内部講師として必要な知識と技術を習得する。
プログラム内容

(1日目)

1. はじめに

 

2.研修講師の役割 

(1)講師の役割

(2)発表場面

 

3.“伝わる”インストラクションの本質

(1)インストラクションスキルの全体像

(2)3つのスキルと土台

 

 

4.講師登壇の準備

(1)コンテンツ編

(2)デリバリー編

(3)ファシリテーション編

(4)研修講師のツール

 

 

5. まとめ・次回にむけて

 

(2日目)

1. 前回の復習

 

 

2.講師としてのインストラクション実践

(1)テーマ①の実践 (実践・フィードバック・講評)

(2)テーマ②の実践(実践・フィードバック・講評)

 

 

3. 実践からの学び・まとめ

(1)テーマ実践からの学び

(2)研修の効果測定

(3)今後のスキルアップのために

 

 

4.まとめ

 

講師名キタノキヨテル 北野 清晃
<講師プロフィール>
大学院修了後、都市計画コンサルティング会社にて、計画策定業務やまちづくりワークショップの企画運営に携わる。その後人材育成を支援する公益法人に入職。社内研修やセミナー、シンポジウム、委員会等の企画業務に8年間従事。同社退職後、実家の中小企業支援に取り組むとともに、京都大学大学院にて、経営学やエスノグラフィー等の観察手法を学ぶ。

企画力、ロジカル思考&デザイン思考、合意形成と学習の場をつくるワークショップデザイン、コーチング&インストラクション、折衝交渉、キャリアデザインなどのテーマで出講中。

小企業診断士・1級建築士、1級販売士・軍師認定コンサルタント1級、PHP認定ビジネスコーチ、JCDA認定CDA、経営学修士(MBA)・工学修士の資格を持つ。

著書に『組織論から考えるワークショップデザイン』などがある。
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 153KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925