お問い合わせ

私達は、公開セミナー、各種研修・コンサルティングを複合したサービスで人材育成と組織風土改革に寄与します。

プログラム名 行政機関向け 
セルフ・モチベーション研修
研修日数2〜4時間
研修対象新入社員(職員) / 経営幹部(幹部候補) / 管理・監督者 / 中堅社員(職員) / 若手社員(職員)
特徴親しみやすい軽快な語り口調が 好評の講師です。
すすめ方講義、演習 等
ねらい①モチベーションを自ら維持、向上することは、仕事においても人生においても重要であることを知る。
②モチベーション向上を知識とスキルという両面から学ぶ。
③自らモチベーションをうまくマネジメントするコツと方法を習得する。


プログラム内容

1.モチベーションとは何か

(1)モチベーションとは何か、その本質を理解する

・自らのモチベーションの源泉を発見する

・モチベーションは、原因と相関性に分けて考える

・有能感、自己選択、関係性が与える影響を知る

・これでまの出来事に意味づけを行う

・自己評価を見直す

(2)人生で大切なものを決める

・価値観・信念の棚卸し

・行動する理由(目的)を明らかにする

(3)人生のルールを修正する

・価値観に沿って、仕事や人生のルールを見つける

・本当に重要なことに集中する

 

2.長期的なモチベーションを持続する技術

(1)行動したくなる感情を自ら創りだす

①フィジカル・コントロール

カラダの使い方を変える

②バーバル・コントロール

コトバの使い方を変える

③フォーカス・コントロール

前向きな思考を創りだす

(2)働き甲斐、生きがいを感じる習慣づくり

・毎日、達成感、成長感、充実感のどれかを味わう習慣づくり

 

3.今後のチャレンジ課題を発表する

講師名チョウコト  張 琴
<講師プロフィール>
立命館大学政策科学部卒業。フリーアナウンサー等を経て、コーチング・ファシリテーターとして認定、現在に至る。

コーチング、グループ・コーチング、コミュニケーション、リーダーシップ能力開発、問題解決能力開発、ロジカルシンキング、キャプテンシップなどをテーマに自治体・企業・各種団体の研修・講演等で活躍中。

アナウンサー出身らしく、講義は明快で聴きやすく、テンポの良い進行に定評がある。

リーフレット(PDF)ダウンロード(約 133KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925
プログラム名 行政機関向け 
女性職員向けキャリアアップ
研修日数1日間
研修対象女性職員
特徴単に知識を得るだけではなく、 他の職員の方との交流を通じての気付きを 得ることができます。
すすめ方講義、ワーク、グループ討議
ねらい女性活躍が叫ばれる昨今、多くの女性が抱えている戸惑いや不安を軽減し、自分に自信を持ち前向きにキャリアを積むことを目的とします。
①女性が自分自身のキャリアを考え、自分らしくステップアップを目指すこと。
②ワークライフバランスを保ちながら、人生の目標と仕事の目標を関連付けで考えること。
③女性職員同士交流をもつことで、同じ思いの共有や刺激し合う仲間を作り、不安や戸惑いを軽減すること。
プログラム内容

1.オリエンテーション

2.キャリアの形成とは

3.今までのキャリアの棚卸し

4.自分と組織を重ねたキャリア形成

(1)仕事をする上での軸・支柱は何?

(2)将来の自分のキャリアは?

5.キャリアアップを実現させるために

(1)キャリアアップに必要な3つの要素

(2)キャリアアップに対しての想いは?

6.仕事を楽しむ3つの秘訣

(1)仕事を楽しくするコツ   (2)頭の中のだまし絵

(3)もう一人の私?

7.未来を作り上げる

(1)目標達成のためのステップ (2)今から何をする?

8.まとめ

講師名アンドウエツコ 安藤 悦子
<講師プロフィール>
1991年ローム株式会社に入社。受付に配属されその後人事部に異動。主に採用業務、また研修や昇進・昇格業務にも携わる。

2002年退職後、2004年から前職の経験を活かし主に企業や自治体、また病院などで各種研修・セミナーの講師を務める。

キャリアコンサルタント、産業カウンセラー、中国語検定3級 などの資格を持つ。
『強い組織は人財にあり』『働くすべての人を笑顔に!』をモットーに仕事・働くことの楽しさを伝えるべく日々活躍中。

2016年より大津市女性活躍推進アドバイザー。
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 117KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925
プログラム名 行政機関向け 
女性職員キャリアサポート
研修日数2〜4時間
研修対象管理・監督者 / 女性職員
特徴自分自身の考え方や今後の目指す職員像 について、考えるための手助けを行い、 リ職員の不安を払拭します。
すすめ方講義、演習 等
ねらい①リーダーに必要な視野を持ち、仕事に取り組み姿勢を強化する
②キャリア形成におけるモチベーションを上げる
プログラム内容

オリエンテーション

1.女性リーダーに期待される役割
【講義】

2.これからより私らしく輝くための働き方とは
【講義・グループワーク】

3.「私らしさ」のキャリアとリーダーシップ
【講義・グループディスカッション・ワーク】

4.まとめ

講師名ヨシダマチコ  吉田  真知子
<講師プロフィール>
大学卒業後住金物産株式会社入社、国内営業部門にて営業事務を担当。1993年フリーアナウンサーとなる。独立後、研修講師として活躍中。

新入職員、 階層別、コーチング、ビジネスマナー、接遇、 話し方、プレゼンテーション、コミュニケーションスキルアップ、 メンター養成、人間関係・チーム力向上などをテーマに出講中。

国家検定2級キャリア・コンサルティング技能士、国家資格キャリアコンサルタント、日本産業カウンセラー協会認定産業カウンセラー、米国NLP協会公認NLPマスタープラクティショナー、日本アンガーマネジメント協会公認アンガーマネジメントファシリテーターなどの資格を持つ。
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 124KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925
プログラム名 行政機関向け 
セルフモチベーション
研修日数1日間
研修対象中堅社員(職員)
特徴豊富な演習をご用意しています。 受講生が、自分事として考える場、 お互いに学ぶ場をつくります。
すすめ方講義・グループワーク等
ねらいこれまでの仕事を振り返り、自分が仕事に対してどのような価値を求めているか、また自分の強みや弱みを理解し、組織での果たすべき役割などについて考える。
プログラム内容

【1日目】
1.オリエンテーション 「他己紹介」

2.【グループワーク①】
職場の問題発見  「仕事が楽しくないワケ」

3.【グループワーク②】「働きがいのある職場とは」

1日目のまとめ

 

【2日目】

4.講義Ⅰ「組織の基本理解」

5.講義Ⅱ「モチベーション・アップ」

6.講義Ⅲ「組織における人間関係」
【ワーク】はための自分・つもりの自分、エゴグラム

7.講義Ⅳ「私がつくる“自分のキャリア”」
【ワーク】キャリア開発の振り返り

8.「仕事をする上で私が大切にしたい価値観」

9.「自己実現を考える」

10.まとめ
「自分の“やる気”は自分で引き出す」

【ご参考】ドラッカーに学ぶマネジメント

講師名カモシダエイコ 鴨志田 栄子 
<講師プロフィール>
大学卒業後、株式会社 東芝入社後、ソフトウェアシステム部、システムソフトウェア研究所、公共システム事業を経て、退職。その後独立し、現在に至る。
現在は、企業や自治体、各種団体の講演・研修講師として、CS(住民満足)経営、マネジメント研修(係長・課長)、タイムマネジメント、政策形成、公共マーケティング、業務改善、モチベーションマネジメント、などを中心に指導するとともに、各種コンサルティング活動も幅広く展開中である。
中小企業診断士、消費生活アドバイザー、キャリア・コンサルタント、食の6次産業化プロデューサー、野菜ソムリエプロなどの資格を持つ。
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 122KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925
プログラム名 行政機関向け 
キャリアデザイン
研修日数1日間
研修対象新入社員(職員) / 管理・監督者 / 中堅社員(職員) / 若手社員(職員)
特徴ミニクイズや、ペア・グループワークなど 豊富な演習を採用しています。 受講生が、自分事として考える場、 お互いに学ぶ場をつくります。
すすめ方講義・グループワーク等
ねらい① 過去の自分(体験・モチベーション・価値観)をふりかえる
② 現在の自分(時間・役割・関係者・能力)と向き合いながら、将来の自分をイメージする
③ 自分の「意識」「思考」「行動」を自問自答し、これからの仕事や人生を豊かにするための現時点の答え(キャリアビジョン)をつくる

プログラム内容

1.はじめに

(1)アイスブレイク

(2)研修の目的・進め方

 

2.キャリアとは

(1)キャリアとは

(2)キャリアデザインと意義と重要性

(3)自己概念と成長

 

3.過去をふりかえる(体験・モチベーション・価値観)

(1)成功体験/失敗体験

(2)モチベーションの変化

(3)価値観の洗い出し

 

4.現在から未来をイメージする

(1)今の自分の状態(公私ともに)

(2)時間軸でみる

(3)自分の役割

(4)自分を取りまく関係者弱い紐帯・強い紐帯

(5)自分の能力コンピテンシー

 

5.未来を具体的に描いてみる(キャリアビジョン)

(1)X年後の自分の状態(公私ともに)

(2)キャリアビジョンを描く

 

6.まとめ

講師名キタノキヨテル 北野 清晃
<講師プロフィール>
大学院を修了後、都市計画コンサルティング会社に入社。自治体の計画策定業務やまちづくりワークショップの企画運営に携わる。その後、人材育成を支援する公益法人に入職。企業や自治体の研修やセミナー、シンポジウム、委員会等の企画業務に8年間従事する。同社退職後、実家の中小企業支援に取り組むとともに、京都大学大学院にて、経営学やエスノグラフィー等の観察手法を学ぶ。
現在は、組織デザイン、サービスデザインの研究活動に取り組むとともに、企業や自治体にて 研修/ワークショップの企画、講師/ファシリテーターとして活躍している。
博士(総合学術)、専門修士(経営学)・修士(工学)、中小企業診断士、一級建築士、一級販売士、ビジネスコーチ、キャリアコンサルタント
著書に『組織論から考えるワークショップデザイン』などがある。
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 140KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925
プログラム名 行政機関向け 
キャリア&モチベーションアップ
研修日数1日間
研修対象中堅社員(職員) / 若手社員(職員)
特徴演習を多く取り入れた、 参加型の研修です。
すすめ方講義・グループワーク等
ねらい①自身の能力・価値観を振り返り、現状や実力、今後の課題を見つめ直す。
②モチベーションの向上方法を学ぶことで、前向きな気持ちの醸成を図る。
③ご自身でキャリアビジョンを描き、より充実した働き方やライフスタイルにつなげる。
プログラム内容

オリエンテーション

 

1. 私が決める“わたしの今と未来”

①なぜ未来の姿を考える必要があるのか?

②キャリアデザインの基本的な考え方

③私の役割とその優先順位

 

2. 私自身とキャリアの振り返り

①私の特性を知る(自己評価と他己評価)

②役割、能力、今後やりたいことを明確にする

 

. 【男女別々で実施】異性の職員へのエール

 

. お互いの思いを受け止める

①互いの要望を交換する

②互いに意識、フォローできることは何かを考えてみよう

 

. キャリアデザインとモチベーション

①モチベーションアップのテクニック

②ワークライフバランスとモチベーション

③感情のコントロール

 

. 実現に向けての未来デザイン

① 3年後、5年後の目標を立てる

②目標達成に向けて今日から始めること

質疑応答と研修総括

講師名サカモトマキ 坂本 真紀
<講師プロフィール>
民間企業の総務課にて人事採用や人材育成、従業員への相談業務に携わった後、転職後はキャリアやメンタルヘルスのカウンセリングの他、民間企業や教育機関にて研修やセミナー・講義運営に携わる。
新人研修・管理職研修・コミュニケーション研修・メンタルヘルスマネジメント研修・ビジネスマナー研修・キャリアデザイン研修 等のテーマで研修を行う。
また、キャリアコンサルティング(学生、企業内キャリア形成、セカンドキャリア形成)・メンタルヘルスカウンセリング(大学、専門学校、民間企業)・発達障害支援について相談業務も行う。
2級キャリアコンサルティング技能士、産業カウンセラー、ジョブカード作成アドバイザー、NLPプラクティショナー、TCカラーセラピスト などの資格を持つ。
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 154KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925
プログラム名 行政機関向け 
女性活躍推進
研修日数1日間
研修対象女性職員
特徴講師の経験と豊富な情報による指導には  定評があります。  リピート率の高い講師です。
すすめ方講義、演習 等
ねらい①自律的キャリア形成に必要な要素を理解する。
②自分自身の「価値観」「強み」「弱み」を認識。
③求められる職員像と目指す職員像を明確にし、キャリアプランを作成する。
④自身に影響を与える環境要因を理解し、環境対応のために必要なものを見出す。
プログラム内容

オリエンテーション 

 

 

1.キャリアとは

(1)主体性の確立

(2)内発的動機・外発的動機

 

 

2.自己分析:価値観

 

 

3.自己分析:能力

 

 

4.自己分析:能力(続き)・興味

 

 

5.環境理解

(1)社会動向の理解

(2)仕事地図(事前課題)紹介

(3)周囲からの期待と期待を満たすために必要な能力

 

 

6.今後の働き方を考える

 

 

質疑応答・まとめ

講師名クニヒロタカコ 國弘 隆子
<講師プロフィール>
キャリアデザイン、コーチング、プレゼンテーション、コンサルティングセールス、CS、ビジネスマナー、メンタルヘルス、就職支援などをテーマに多数の自治体で登壇中。

リテラシーとコミュニケーションの研究家として、有用な言語活用や思考活性化のために精力的に新しい方法を編み出しています。

日本キャリア開発協会認定キャリアカウンセラー、PHP認定ビジネスコーチ、MBTI認定ユーザー、NLPマスタープラクティショナー、米国カールソンラーニング社 DiSC研修インストラクター、産業カウンセラーなどの資格を持つ。

著書に『親子コーチング自ら学ぶ子の育て方』がある。
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 0B)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925
プログラム名 行政機関向け 
キャリアデザイン研修50
研修日数1日間
研修対象階層その他
特徴講師の実体験を踏まえた講義は 定評があります。
すすめ方講義、グループワーク、個人ワーク
ねらい① 50歳以降の人生(仕事と私生活)を魅力あるものにする要因を点 検し再構築する。
② これまでの生き方と仕事ぶりを振り返り、「自分の価値観」や「キャリアの捉え方」を再確認する。
③ 部下のキャリア形成を支援する――後輩のキャリア形成に貢献する――方法を学ぶ。
プログラム内容

オリエンテーション
1.キャリアを考える上で重要なこと
1)キャリアの考え方とキャリアデザインの必要性
2)「仕事を成し遂げる」という考え方

 

2.現在の自分を見つめる:ライフキャリア
1)価値の明確化
2)モチベーションカーブと自分らしさを考える
3)人生の棚卸し

 

3.働き方を考える:ジョブキャリア
1)あなたの最高の体験(ハイポイント・インタビュー)
2)仕事選択の判断根拠
3)内的キャリアの探索と外的キャリアの整理
4)経験と知識の伝承
5)キャリア棚卸しシートの完成
6)50歳代に課せられたチームへの貢献

 

4.新しい一歩のために:キャリアデザイン
1)50歳代に成し遂げること
2)65歳のありたい姿とより良い5年後
3)障害を突破する
4)アクションプランの完成

 

■まとめ

講師名ニシジマエイジ 西嶋 衞司
<講師プロフィール>
一般社団法人日本経営協会講師。中小企業診断士。

キャリア開発、政策形成、問題発見・課題解決、戦略・マーケティング、コミュニケーションマネジメント、企画構想力強化、各階層別研修、マネジメント、目標管理、モチベーション管理、組織力強化などのテーマで企業や自治体に多数出講。

「時代にマッチした戦略+人口減少時代のしくみ構築+職員のやる気アップ」を、それぞれの団体にカスタマイズして実現し、パフォーマンスの向上を図ります。

現在、経営コンサルタントとして、経営・営業や人材育成を行いながら、研修講師として活躍中。
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 176KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925
プログラム名 行政機関向け 
若手職員のキャリア形成支援
研修日数1日間
研修対象若手社員(職員)
特徴本研修では、自分の価値観を言葉に するようなワークを多く行います。 受講者が抵抗なくワークに取り組める よう、講師は語りかけるような話し方で、 エールを送りながら研修を進めます。
すすめ方講義、演習 等
ねらい① 自己のキャリアを振り返り、自分の強み弱みを認識する。
② 先輩職員の実体験やワークライフバランス推進に関する制度を理解する。
③ 自身のキャリアが自分にとって大切で価値あるものだと感じられるようになる。
④ 社会や組織でどのように自分を活かすかを考える。

プログラム内容

1.はじめに

(1) 講師自己紹介と研修目的

(2) 若手職員のあなたに期待される役割

 

 

2.あなたの過去と未来をつなぐ

(1) キャリアの3つの要素(WILL・CAN・MUST)

(2) 人生曲線で過去を振り返る

(3) モチベーションが上がる時、下がる時

(4) 望む未来に向けたペアインタビュー

(5) ワークシートの磨き上げ

 

 

3.組織と自分をつなげる

(1) これからのあなたのキャリアを考える

(2) 自分にとって望ましい偶然を起こす

(3) 自分の未来を自分でつくるために

 

4.明日からの行動目標

(1) 目標設定

(2) 行動宣言

 

 

5.まとめ・質疑応答

講師名シロタケイコ  代田 敬子
<講師プロフィール>
大学卒業後、イズミヤ株式会社に入社。衣料品販売業務を経て、人事部採用・教育担当に就任、人事部採用・教育グループマネージャーを務める。株式会社ユー・エス・ジェイに入社し、人事部人材開発担当(課長代理)となる。

リーダーシップ、インストラクション基礎、コミュニケーション、メンタルヘルス、サービスマナー、メンター養成、OJTリーダー養成、キャリアデザイン、セクシャルハラスメント防止、トレーナー養成、コンプライアンス研修、公務員倫理などのテーマの研修を多数の自治体で実施している。

特定非営利活動法人日本キャリア開発協会認定CDA、大阪大学学校教育法履修証明プログラム修了認定ワークショップデザイナー、第二種衛生管理者、メンタルヘルスマネジメント1種の資格を持つ。
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 150KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925
プログラム名 行政機関向け 
再任用・再雇用者の モチベーション向上
研修日数2〜4時間
研修対象階層その他
特徴50歳・55歳の「キャリアデザイン」の 研修実績が豊富で、大手民間企業や国家公務員対象の 出講実績も数多くある講師です。
すすめ方講義、演習 等
ねらい①新しい立場で新たな気概で、組織の期待に応える意欲を持つ。
②全力で働き、組織の一層の活性化への自覚を持つ。
③働ける期間、今後の自分のキャリアをどう切り拓くかを再確認する。
プログラム内容

1.取り巻く環境

2.職員・社員・組織に求められること

3.私の「キャリア」の振り返り

4.再任用・再雇用者として必要な意識・行動・役割

5.60歳、再任用・再雇用者としての心構え

6.これからの「私」シートを作る

7.まとめ

講師名タヅケヒロシ 田附 宏司
<講師プロフィール>
経営/キャリアコンサルタント。大学卒業後、三井住友海上㈱、総合企画部副部長を経て、トヨタカローラ愛媛㈱社長・会長。大阪労働局でナビゲーターを担当。その後独立し、現在に至る。

管理監督職研修、コンプライアンス研修、コーチング研修、マネジメント研修、再任用・再雇用者研修、コミュニケーション、対人関係、部下の指導育成、キャリア開発、カウンセリング、モチベーション、人財育成、CS、折衝力などのテーマで出講中。

「プロ講師養成塾ベーシックコース」修了、キャリアコンサルタントなどの資格を持つ。
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 178KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925

関西本部 06-6443-6961

〒550-0004
大阪市西区靱本町1-8-4
(大阪科学技術センタービル)