お問い合わせ

私達は、公開セミナー、各種研修・コンサルティングを複合したサービスで人材育成と組織風土改革に寄与します。

プログラム名 行政機関向け 
高齢者・障がいのある人に対する市民応対
研修日数2〜4時間
研修対象新入社員(職員) / 管理・監督者 / 中堅社員(職員) / 若手社員(職員)
特徴演習やロールプレイングを豊富に 取り入れたプログラムで、 すぐにでも実践できるような内容です。
すすめ方講義・グループワーク等
ねらい本研修では、高齢者や障がいを持つ方の心理を理解していただくと共に、問題点やニーズなどを寄り添いつつ聴きとる力や、納得の得られる話し方などのコミュニケーションスキルを学んでいただきます。
プログラム内容

1.「ホスピタリティーマインド」を意識したコミュニケーションとは

2.高齢のお客様・障がい者の方に対するコミュニケーションスキルを高める必要性

3.お客様の心理を考える

4.高齢者の特性

5.高齢者・障がいを持つ方への傾聴スキルを高める

6.認知症高齢者の増加

・認知症の方のコミュニケーションの特徴

7.障がいを持つ方や、その家族への対応の仕方

①納得を得られやすい話し方

②ご家族にも寄り添う意識をもつことが大切

8.声の力で信頼を得る

9.ケーススタディー

10.ロールプレイ

11.本日の気づき、明日からできること

講師名アラオチハル 荒尾 千春
<講師プロフィール>
博士(政策科学)同志社大学大学院。専門は、人的資源管理と組織の活性化。

◆職歴は、オムロングループ企業にて役員秘書を経験後、テレビ局のアナウンサーとして勤務。
朝の情報番組「めざましテレビ」や、延べ500社の企業代表者との対談番組など1600本以上を担当。

現在は、その経験を生かし、大学で非常勤講師(人的資源管理、キャリア形成、コミュニケーション、 アナウンス技術演習の講義)や、各企業でのコミュニケーション、プレゼンテーション、CS・ES向上、高齢のお客様の対応力向上、デザイン思考、問題解決力等の研修講師として、年間200回を超える 研修を手掛ける。受講者からわかりやすく、楽しく学べると評価されている。
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 174KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925
プログラム名 行政機関向け 
女性活躍推進
研修日数1日間
研修対象女性職員
特徴講師の経験と豊富な情報による指導には  定評があります。  リピート率の高い講師です。
すすめ方講義、演習 等
ねらい①自律的キャリア形成に必要な要素を理解する。
②自分自身の「価値観」「強み」「弱み」を認識。
③求められる職員像と目指す職員像を明確にし、キャリアプランを作成する。
④自身に影響を与える環境要因を理解し、環境対応のために必要なものを見出す。
プログラム内容

オリエンテーション 

 

 

1.キャリアとは

(1)主体性の確立

(2)内発的動機・外発的動機

 

 

2.自己分析:価値観

 

 

3.自己分析:能力

 

 

4.自己分析:能力(続き)・興味

 

 

5.環境理解

(1)社会動向の理解

(2)仕事地図(事前課題)紹介

(3)周囲からの期待と期待を満たすために必要な能力

 

 

6.今後の働き方を考える

 

 

質疑応答・まとめ

講師名クニヒロタカコ 國弘 隆子
<講師プロフィール>
キャリアデザイン、コーチング、プレゼンテーション、コンサルティングセールス、CS、ビジネスマナー、メンタルヘルス、就職支援などをテーマに多数の自治体で登壇中。

リテラシーとコミュニケーションの研究家として、有用な言語活用や思考活性化のために精力的に新しい方法を編み出しています。

日本キャリア開発協会認定キャリアカウンセラー、PHP認定ビジネスコーチ、MBTI認定ユーザー、NLPマスタープラクティショナー、米国カールソンラーニング社 DiSC研修インストラクター、産業カウンセラーなどの資格を持つ。

著書に『親子コーチング自ら学ぶ子の育て方』がある。
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 0B)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925
プログラム名 行政機関向け 
イクボス養成
研修日数1日間
研修対象管理・監督者
特徴人事責任者の経験者で社会保険 労務士である講師は、実務と法律 に精通しています。
すすめ方講義、演習 等
ねらい様々な部下の立場を理解でき、職場を活性化する「イクボス」になるためのワークライフバランスの推進方法、イクボスとしての部下活用と育成のポイントを学びます。

 ※「イクボス」…職場で共に働く部下のワーク・ライフ・バランスを考え、その人のキャリアと人生を応援しながら、組織の業績も結果を出しつつ、自らも仕事と私生活を楽しむことができる上司。
プログラム内容

アイスブレイク

 

1.異性の部下活用と育成のために

(1)男性部下と女性部下の違い

(2)男性、女性、世代ごとのキャリアイメージ

 

2.イクボスになるために

(1)イクボスとは何か

(2)イクボスのありかた

(3)マタハラ対策

 

3.イクボスの具体的取り組み

(1)ワーク・ライフ・バランス再確認

(2)生産性の高い働き方

(3)時間制約のある職員と周囲の職員

(4)男性の育休の促進

 

4.労務管理

(1)育児介護に関する関連法規の知識

(2)妊娠時、育休申請時、育休中、復帰時の対応

 

質疑応答

 

まとめ

講師名ヤマグチサダトシ 山口  貞利
<講師プロフィール>
一般社団法人日本経営協会講師。特定社会保険労務士。

人事考課 、目標管理、マネジメント、部下育成、キャリアプラン、タイムマネジメント、面接採用手法、 ハラスメント、労働法、労働法などをテーマに多数の自治体や企業で研修を実施。 

特定社労士、行政書士、宅建、アンガーマネジメントファシリテーター、第一種衛生管理者、AFP、CDAの資格を持つ。

著書に「実際にやってみてわかった中小企業M&A成功のための人事労務」(共著)がある。
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 132KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925

関西本部 06-6443-6961

〒550-0004
大阪市西区靱本町1-8-4
(大阪科学技術センタービル)