お問い合わせ

私達は、公開セミナー、各種研修・コンサルティングを複合したサービスで人材育成と組織風土改革に寄与します。

プログラム名 行政機関向け 
コンプライアンス研修
研修日数2〜4時間
研修対象新入社員(職員) / 経営幹部(幹部候補) / 管理・監督者 / 中堅社員(職員) / 若手社員(職員)
特徴講師は、市役所在籍時代の行政経験(行革 や職員研修等を担当)に加え、日本経営品質賞 の関係でも多数民間組織との交流や企業経営 革新支援を通じて得た「現場発の知見」が豊富 です。解説もわかりやすく、楽しく学べます。
すすめ方講義・グループワーク等
ねらい①コンプライアンス遵守の重要性を再確認する。
②自組織のコンプライアンスに関する方針や体制について確認し、職員として果たすべき役割について再認識する。
③ケーススタディを通じて、各種事案での論点、求められる対応方法、不適切な行為等がなされた場合の処分内容、関係法令等を確認する。
④不祥事を起こさない職場づくりのポイントを学ぶ。



プログラム内容

はじめに

全国自治体の不祥事の現状

・懲戒処分の状況

・汚職事件の状況

不祥事による甚大な影響

・本人への影響

(民事上の制裁・刑事上の制裁・

行政上の制裁・社会的な制裁)

・被害者への影響

・組織への影響

方針・体制・役割

・コンプライアンス基本方針

・コンプライアンス推進体制

・職員が果たすべき役割

ケーススタディ

①住民の疑惑を招く行為の禁止

②交通法規の遵守

③個人情報の保護

④公金の適切な取扱い

⑤内部統制に関する方針策定・体制整備

※事例はご要望に応じて変更可能です。

まとめ

講師名トヨシマヒデアキ 豊島 英明 
<講師プロフィール>
1988年度神戸市役所入庁。住宅局(経理)、市長室(報道・ラジオ番組)、神戸港埠頭公社(経理・企業誘致)、行財政局(経営品質・行政評価)、北区役所まちづくり推進課長、職員研修所長、市長室国際課長、みなと総局企業誘致担当部長を経て、2018年度早期退職。

自ら講師となり自治体に経営品質の考え方を普及するため起業し、合同会社創発研修ラボ豊島屋を2019年設立(経営品質協議会認定セルフアセッサー資格取得)。神戸学院大学客員教授、早稲田大学招聘研究員。

著書に、『行政経営改革入門』『政策評価手法』『自治体バランス・スコアカード』『自治体職員がみたイギリス』『行政の質を高める8つの基準』など。
神戸市在職中の講師歴として、同志社大学社会人大学院非常勤講師、全国自治体・民間企業など多数。
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 516KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925
プログラム名 行政機関向け 
ハラスメント研修
研修日数1日間
研修対象新入社員(職員) / 経営幹部(幹部候補) / 管理・監督者 / 中堅社員(職員) / 若手社員(職員)
特徴「マタハラ」パートについては現役の助産師からお話しさせていただきます。
すすめ方講義、演習 等
ねらい① ハラスメントの基礎知識や防止方法を習得する。
② 起こってしまった場合の適切な対応方法を習得する。
③ ハラスメントのない良好な職場環境を築く。
プログラム内容

1.オリエンテーション・アイスブレイク

2.今、よく聞く「ダイバーシティ」。実はそれが解決策!

3.今一番注目のハラスメント「パワハラ」について検証

4.いまだに無くならない「セクハラ」について

5.「マタハラ」、知っておいて欲しい女性の「リアル」

6.ハラスメントは個人の問題ではなく、組織の問題!

7.今日の「まとめ」、今回感じたことの「発表」

講師名オオタニクニオ 大谷邦郎
<講師プロフィール>
大学卒業後、毎日放送入社。 「記者」・テレビでは経済番組のプロデューサーとして活躍。
ラジオ記者時代には「ギャラクシー賞大賞」や「民間放送連盟賞最優秀賞」などを受賞。その後、「ラジオ報道部長」、「宣伝部長」、 「人事局キャリア推進部長」を歴任。その後独立し、現在に至る。

セミナー・講演は多数。

また、近年では、障害を持つ当事者とチームを組んで「ダイバーシティ研修」も積極的に行っており、ハラスメント研修の、「マタハラ」の部分はそのチームのメンバーである「助産師グループ」が担当する。そのほか発達障害やその傾向がある「発達凸凹職員」への対処法等のテーマも扱っており、そのパートは実際に発達障害を持つ当事者が行う。

リーフレット(PDF)ダウンロード(約 151KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925
プログラム名 行政機関向け 
公務員倫理研修(関山講師)
研修日数2〜4時間
研修対象新入社員(職員) / 経営幹部(幹部候補) / 管理・監督者 / 中堅社員(職員) / 若手社員(職員)
特徴公務員による犯罪には、被疑者個人の問題だけでなく、マネジメントや管理体制の甘さ、認識不足など組織の問題が潜んでいることを学べます。
すすめ方講義・グループワーク等
ねらい①犯罪に巻き込まれないための留意ポイントを知る。
②被疑者として逮捕拘留された場合のリスクを知る。





プログラム内容

1.公務員とは何かを振り返る

 

2.数多くの公務員犯罪

 

3.罪を犯したらどうなるのか

 

4.職員が懲戒処分を受けることがないケース

 

5.これから留意し徹底すべきこと

(1)職員個人

(2)組織運営

(3)横領、贈収賄は必ず発覚する

 

6.個人の過ちを未然に防ぐ組織管理

 

7.これからの地方公務員の姿

講師名セキヤマユウスケ 関山 祐介
<講師プロフィール>
早稲田大学システム科学研究所 システム分析・ 早稲田大学 ECWU  MBAエッセンシャルコース修了。2002年 社団法人日本経営協会経営研究センター自治体経営研究所課長を務める。総務庁 行政評価・行政手続法プロジェクト推進業務を担当。現在、 一般社団法人日本経営協会 チーフ・コンサルタントとして活動。その後独立し、現在に至る。

全能連認定経営コンサルタント。

産業広報センター地域政策研究所研究員

沖縄大学地域研究所研究員

文化放送 地域新発見アナリスト

厚生労働省認定 日通連  経営管理1級インストラクター
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 151KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925
プログラム名 行政機関向け 
コンプライアンス・倫理研修
研修日数2〜4時間
研修対象新入社員(職員) / 経営幹部(幹部候補) / 管理・監督者 / 中堅社員(職員) / 若手社員(職員)
特徴豊富なイラストやデータを展開し、 分かりやすく充実した研修です。
すすめ方講義形式
ねらい ①公務員に求められるコンプライアンスとその重要性を再認識する。

 ②コンプライアンス事例をもとに、問題点や望ましい行動について理解する。

 ③コンプライアンス違反をした場合のリスクについて理解する。
プログラム内容

1 法令遵守と公務員倫理 公務員倫理法

 (1)公務員倫理規程              

(2)公務員倫理規程  

 

 

2 公務員の不祥事 

(1)不祥事の傾向と分類       

(2)不祥事の事例

  ① 盗撮、セクハラ、わいせつ

  ② 飲酒運転       

  ③ パワハラ        

  ④ 情報漏洩  

  ⑤ 職務上の不祥事 公金等横領 

 

          

3 不祥事を起こした場合の影響          

(1)個人

(2)組織 不祥事による組織の損失

講師名フクモトハルフミ 福本 晴文
<講師プロフィール>
一般社団法人日本経営協会講師。

昭和54年~平成22年まで高知市役所にて勤務し、うち平成19年以降はこうち人づくり広域連合事務局長を務める。「公務員倫理研修」の職場内講師を担当。現在は独立し、創研ELC 代表 として公務員倫理研修の講師として活躍中。

「公務員倫理を考える」(JKET)指導者認定、公務研修協議会方式OJT実践コース指導者認定等の資格を持つ。

図表を多く用いた投影データを用いる研修スタイルは、受講者の理解が得られやすいと好評です。
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 249KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925
プログラム名 行政機関向け 
組織と職員を守る コンプライアンス・ハラスメント防止
研修日数1日間
研修対象管理・監督者
特徴実例をもとに、コンプライアンス違反やハラスメントがいかに身近に起こ   りうるか、組織と職員を守るためのポイントをわかりやすく説明します。
すすめ方講義・グループワーク等
ねらい ①コンプライアンスの重要性を再確認する。
 ②ヒューマンエラーや情報漏洩を防ぐためのポイントを学ぶ。
 ③ハラスメントについて理解し、管理職としても心構えや実際の対応について学ぶ。


プログラム内容

1.コンプライアンス

 

2.ヒューマンエラーを防ぐ

3.情報漏えいを防ぐ

4.ハラスメントを防ぐ
(1)ハラスメントが起こる背景
(2)ハラスメントは、なぜ問題なのか
(3)ハラスメントとは
(4)ハラスメントにおける法的責任
(5)ハラスメントを起こさせないために注意すべきこと
(6)ハラスメントを受けないためには
(7)ハラスメントを受けたときには
(8)ハラスメントの相談・申し立てがあった場合の対応
(9)ハラスメントチェックリスト

講師名ウキシマススム 浮島 晋
<講師プロフィール>
流通、地方銀行で通算27年間人事業務全般に携わる。その後独立し、コンサルティング・研修を実施している。
人事評価者研修、人事評価被評価者研修、管理職研修、労務管理研修、目標管理研修、採用担当者研修、コミュニケーション研修、課題解決研修、タイムマネジメント研修、などをテーマに出講中。
人事評価制度構築・運用支援などのコンサルタント業務を多数手掛ける。
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 126KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925
プログラム名 行政機関向け 
危機管理講座 (2日コース) (1日コース・半日コースも対応可能です)
研修日数2日間
研修対象管理・監督者
特徴報道記者としての経験からメディア側の視点や思考を熟知しており、メディア側からの目線による 事例紹介、伝え方、企画、周囲を巻き込むポイントについて指導を行うことができます。
すすめ方講義・グループワーク・模擬記者会見 等
ねらい職員の不祥事対応や災害対策など、行政に求められるリスクマネジメント関連の包括的な内容を学ぶとともに、模擬記者会見(マスコミ対応)等の演習を通じ実践的な能力を養います。日頃からリスクを意識し、トラブル時に適確に対処する危機管理能力の習得を図ります。
プログラム内容

【1日目】

オリエンテーション

 

1 危機管理・リスクマネジメント基礎

【ワーク】 職場での危機管理

 

2 リスク対処・リスクマネジメントの手法 ・ 防災関連情報

【ワーク】自治体向けチェックリスト記載

 

3 自然災害等に対する危機管理

【ワーク】 自然災害時の危機対応

 

4 危機管理・自然災害対策の実践事例

【ワーク】防災ゲーム クロスロード

 

5 災害時の情報発信・マスコミ対応

【ワーク】アクションプラン記載

 

6 ポイントチェック

 

 

【2日目】

オリエンテーション

 

1 不祥事型のリスクマネジメント基礎

【ワーク】 不祥事トラブル問題 気付き

 

2 内部統制と地方自治法

【ワーク】 自治体向けチェックリスト記載

 

3 危機管理における報道対応

【ワーク】 模擬記者会見 質問案作成

 

4 グループ演習:模擬記者会見

 

5 ネット上のリスクマネジメント

 

6 ポイントチェック

【ワーク】アクションプラン記載

講師名タカギケイジロウ 高木 圭二郎
<講師プロフィール>
一般社団法人日本経営協会講師。フリーアナウンサー。
マスコミ対応・危機管理、メディアトレーニング、広報PR、企画力向上、ビジネスコミュニケーション、プレゼンスキル等をテーマに多数の自治体や企業で研修を実施。
 講師は茨城県内の記者クラブ取材や数々の災害報道を経験しており、具体的な実例を説得力を持ってお伝えするスタイルに定評があります。
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 152KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925
プログラム名 行政機関向け 
新任課長補佐級研修
研修日数1日間
研修対象管理・監督者
特徴研修の最後にはまとめとして 「“私”と“チーム”改革目標管理表」を 作成します。研修後も、希望者に対して、 講師がメールでその進捗の支援を 行います。
すすめ方講義・グループワーク等
ねらい①コンプライアンスとリスクマネジメントを推進しながら、職員が意欲的に仕事に取り組むことができるような職場風土のあり方とつくり方のポイントについて演習を通して理解を深める。
②業務の効率化やタイムマネジメントの手法を学ぶ。
③体験学習を通じて、問題解決について学ぶ。
④部下育成に必要不可欠なコーチング理論とメンタルケア・ハラスメントのセオリーを習得する。
プログラム内容

オリエンテーション

 

1.課長補佐に求められるマネジメント 

①組織の3原則と方向付け

②課長補佐の3つのマネジメント業務

③タスクアプローチとヒューマンアプローチ

 

2.組織のマネジメント【チームの絆を固める】

①組織目標の設定と共有

②組織風土チェックで特徴と傾向を把握する

③課長を補佐し、意見具申するフォロワーシップ

 

3.業務のマネジメント(1)【業務の効率化】

①業務の無駄をなくす8つの提案

②業務改善による業務の効率化

③タイムマネジメントのギャップ分析

 

4.業務のマネジメント(2)住民信託に応える】

①住民サービスの5つの視点

②業務ミスをなくすためにできること

③リスクマネジメントとコンプライアンス

 

5.人のマネジメント   【部下育成力を高める】

①多様な部下との関わり方(ダイバーシティ&OJT)

②ハラスメントとメンタルタフネス

③プラスストロークとコーチング(面談ロープレ)

④チームモチベーションを高めるために

 

6.職場実践へのアプローチ

『太い絆で結ばれた、強いチームをつくるための

“私”と“チーム”改革目標管理表』の作成と発表

 

 研修の総括

講師名イマイカズオキ 今井 和興
<講師プロフィール>
経営企画・人事総務16年、営業8年、営業企画2年のキャリアを積み、最終、コンサルティング会社でそのノウハウを修得後、人財コンサルタントとして独立。
管理職・評価者・目標管理・コンプライアンス・コーチング・プレゼンテーション・OJT・業務改善・マネジメント・企画立案・問題解決・CS・コミュニケーション・新入社員・キャリアデザイン・フォローアップなどのテーマで研修を実施。
経営計画立案導入運営・人事制度立案導入運営・人材開発(採用・定着・育成)指導などのコンサルティングをおこなう。
人材開発マネジメントコース修了、経理実践コース修了。衛生管理資格などの資格を持つ。
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 139KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925
プログラム名 行政機関向け 
公務員倫理研修
研修日数1日間
研修対象管理・監督者
特徴テキスト・資料は、すべて職場実践を 意識した書式として作成されています。
すすめ方座学とワークショップの比率を 3:7として、演習を通して体感・体験 していただくカリキュラムです
ねらい①コンプライアンス推進・公務員倫理を醸成する。
②リスクの管理のための簡易なワークシートを用いて職場のリスクを洗い出し、解決する優先順位の付け方と原因の分析し、解決法を学ぶ。  



プログラム内容

オリエンテーション

①研修の目的とその背景

(座学・グループ討論・意見集約)

②最近起こった、私の職場の『割れ窓』

グループ討論:自己紹介と職場の小さなインシデント

 

1.コンプライアンス・公務員倫理と風通しの良い職場づくり

①他の自治体の好事例に学ぶ

②風通しの良い職場とは(集う“機会”と集う“場所”)

討論:「明日から実践の風通し促進対策」

 

2.不祥事案発生を防止するための必要な姿勢とその準備

①不祥事を防ぐためのリスクマネジメント

②不祥事の真因分析と業務上のリスクを洗い出す

③タスクアプローチ・ヒューマンアプローチの使い分け

④職場ルールの作り方とその啓発方法

How Toシートで公務員倫理促進の“対策立案”

 

3.職場実践へのアプローチ   ~研修総括と質疑応答~

講師名イマイカズオキ 今井 和興
<講師プロフィール>
経営企画・人事総務16年、営業8年、営業企画2年のキャリアを積み、最終、コンサルティング会社でそのノウハウを修得後、人財コンサルタントとして独立。
管理職・評価者・目標管理・コンプライアンス・コーチング・プレゼンテーション・OJT・業務改善・マネジメント・企画立案・問題解決・CS・コミュニケーション・新入社員・キャリアデザイン・フォローアップなどのテーマで研修を実施。
経営計画立案導入運営・人事制度立案導入運営・人材開発(採用・定着・育成)指導などのコンサルティングをおこなう。
人材開発マネジメントコース修了、経理実践コース修了。衛生管理資格などの資格を持つ。


リーフレット(PDF)ダウンロード(約 149KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925
プログラム名 行政機関向け 
管理職向け コンプライアンス研修
研修日数1日間
研修対象管理・監督者
特徴研修を通しての討論内容は PCで要約し、研修終了後、 事務局・受講者に即配布します。
すすめ方座学とワークショップの比率を 3:7として、演習を通して体感・体験 していただくカリキュラムです
ねらい①改めて法令遵守・適切な業務遂行・コンプライアンスの徹底を図る。
②管理職として不祥事案発生を防止するための対策について学ぶ。 



プログラム内容

オリエンテーション

・事前課題の集約結果検証

・職場風土の観察(座学・チェックシート)

 

1.貴組織に関係のある不祥事案等の具体例

①貴組織実例の真因分析

②他自治体の取り組み事例(座学・Q&A)

 

2.管理職として不祥事案発生を防止するための必要な姿勢

①公務員倫理、行動規範の視点 (グループ討論)

②部下指導・チームビルディングの視点

(座学・グループ討論・グループワーク)

 

3.民間企業のコンプライアンスに関する取組みの事例

①民間のコンプライアンス対策から見る業務改善(座学)

②民間取り組み事例をバックページから原因分析

(座学・グループ討論)

 

4.職場実践へのアプローチ

①管理職が行う危機管理のセオリーとプロセス

②危機管理行動基準フローチャート

(グループ討論・グループワーク)

 

□研修総括とまとめ

講師名イマイカズオキ 今井 和興
<講師プロフィール>
経営企画・人事総務16年、営業8年、営業企画2年のキャリアを積み、最終、コンサルティング会社でそのノウハウを修得後、人財コンサルタントとして独立。
管理職・評価者・目標管理・コンプライアンス・コーチング・プレゼンテーション・OJT・業務改善・マネジメント・企画立案・問題解決・CS・コミュニケーション・新入社員・キャリアデザイン・フォローアップなどのテーマで研修を実施。
経営計画立案導入運営・人事制度立案導入運営・人材開発(採用・定着・育成)指導などのコンサルティングをおこなう。
人材開発マネジメントコース修了、経理実践コース修了。衛生管理資格などの資格を持つ。


リーフレット(PDF)ダウンロード(約 153KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925
プログラム名 行政機関向け 
情報リテラシー研修
研修日数1日間
研修対象新入社員(職員) / 管理・監督者 / 中堅社員(職員) / 若手社員(職員)
特徴ペアワーク、グループワークを 多く取り入れ、座学・理論に終わらない 研修とします。
すすめ方講義・グループワーク等を主体とした体験型
ねらい①情報に関する様々な制度の活用法を学ぶ。
②情報モラルへの必要性を学び、情報社会の中で安心・安全に行動できるための知識や手法を習得する。
③なぜ情報倫理が必要なのか、倫理とは何かを考え、情報活用能力である【情報リテラシー】を強め、リスクを回避し、情報を正しく使いこなす職員を育成する。

プログラム内容

1.情報倫理と情報セキュリティ

①情報倫理と情報モラル

②情報倫理が重視される背景

③個人として、組織としての情報倫理

④セキュリティ対策は社会的責任

⑤個人情報の保護

⑥パスワードの管理方法の再確認

 

 2.ネット犯罪に巻き込まれないために

①インターネットによる人権侵害に気を付ける

②人権侵害があった場合

③被害者にも加害者にもならないために

④情報社会独自のマナーに配慮する

⑤リスク管理を心がける

 

3.組織を強くする情報リテラシーの向上

①情報リテラシーの意味・定義

②情報リテラシーの概念の二義性

③情報機器活用能力・情報活用能力

④正確な情報を見抜くため

⑤ソーシャルメディアに潜むトラブル事例

 

4.リスクマネジメント

①ヒューマンエラーの視点からリスク発生対策

②リスクマネジメント行動基準フローチャート

③ハインリッヒの法則と課題発見

□研修総括と質疑応答

講師名ヨシカイエクミヨ 吉海江 久実代
<講師プロフィール>
アイク株式会社にて入社不動産担保ローンの営業事務を担当。
その後、区民センターでのセミナー講師、病院での窓口勤務、独立行政法人勤務を経て、現在は窓口対応・接遇研修をはじめとするコミュニケーション研修を得意として活躍中。
接遇研修・クレーム対応研修・プレゼンテーション研修・コミュニケーション研修・ビジネスマナー研修・覆面調査・メンタルヘルス研修・ハラスメント研修・部下指導研修・パソコン研修・新人研修・ネイル 等のテーマで出講中。

リーフレット(PDF)ダウンロード(約 137KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925

関西本部 06-6443-6961

〒550-0004
大阪市西区靱本町1-8-4
(大阪科学技術センタービル)