お問い合わせ

私達は、公開セミナー、各種研修・コンサルティングを複合したサービスで人材育成と組織風土改革に寄与します。

プログラム名 行政機関向け 
○○の魅力発信力向上研修
研修日数1日間
研修対象経営幹部(幹部候補) / 管理・監督者 / 中堅社員(職員)
特徴ミニクイズや、ペア・グループワークなど 豊富な演習を採用しています。 受講生が、自分事として考える場、 お互いに学ぶ場をつくります。
すすめ方講義・グループワーク等
ねらい①マーケティングの基礎知識について学ぶ。
②デザイン思考を活用したアイディア発想法を学ぶ。
③地域の魅力を効果的に発信する方法について考える。





プログラム内容

1.はじめに
(1)学習目標・進め方 (2)アイスブレイク

2.マーケティングを学ぼう!《基礎編》
(1)伝統的マーケティングの全体像
(2)セグメンテーション・ターゲッティング・ポジショニング
(3)マーケティングミックス(4P)
製品戦略、価格戦略、チャネル戦略、プロモーション戦略
(4)プロモーション戦略
プロモーションミックス、認知モデル、広告、口コミ

3.マーケティングを学ぼう!《発展編》
(1)伝統的マーケティングの限界と新潮流
(2)ブランドとブランディング
ブランドの定義、機能、エクイティ、要素、種類、戦略
(3)関係性マーケティング
(4)サービス(体験)マーケティング
サービスドミナントロジック、サービス特性、体験価値

4.○○の魅力発信!アイデアワークショップ
(1)デザイン思考
(2)顧客視点でサービス(体験)をデザインしよう
顧客インサイト分析、ペルソナ設計、カスタマージャーニーマップ
(3)アイディエーション
(4)共有・フィードバック

5.まとめ

講師名キタノキヨテル 北野 清晃
<講師プロフィール>
大学院を修了後、都市計画コンサルティング会社に入社。自治体の計画策定業務やまちづくりワークショップの企画運営に携わる。その後、人材育成を支援する公益法人に入職。企業や自治体の研修やセミナー、シンポジウム、委員会等の企画業務に8年間従事する。同社退職後、実家の中小企業支援に取り組むとともに、京都大学大学院にて、経営学やエスノグラフィー等の観察手法を学ぶ。
現在は、組織デザイン、サービスデザインの研究活動に取り組むとともに、企業や自治体にて 研修/ワークショップの企画、講師/ファシリテーターとして活躍している。
博士(総合学術)、専門修士(経営学)・修士(工学)、中小企業診断士、一級建築士、一級販売士、ビジネスコーチ、キャリアコンサルタント
著書に『組織論から考えるワークショップデザイン』などがある。
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 251KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925
プログラム名 行政機関向け 
“スピーチ力” UP講座
研修日数1日間
研修対象新入社員(職員) / 中堅社員(職員) / 若手社員(職員)
特徴単に知識を得るだけではなく、 実践を通じての気付きを得ることができます。
すすめ方講義、ワーク、グループ討議、実習など
ねらい①人前で話す際の心構えを学ぶ
②聞き手の理解度に沿って話すスキルを身に着ける
③聞き手からの共感・信頼を得、話し手が期待する行動をしてもらえるようになる。
プログラム内容

1.研修の目的・今日の目標

2.“話す”と“伝える”

~声には人を動かす力がある~

(1)聞き取りやすい言葉を発するために

(2)声の表情

(3)「伝える」と「伝わる」

3.魅せ方

~「あなたの話を聞きたい!任せたい!」信頼を勝ち取る方法~

(1)第一印象が勝負の別れ目

(2)相手はどこを見ているか

4.聞き手とのコミュニケーション

~聞き手をだれ一人として置いていかない~

(1)聞き手とのキャッチボール

(2)ペーシング

5.聞き手を味方につけるコツ

~これで本番は怖くない!!~

(1)とっても簡単な3つのコツ

6.実践

7.まとめ

~“きれい”に話す必要はない~

講師名アンドウエツコ 安藤 悦子
<講師プロフィール>
1991年ローム株式会社に入社。受付に配属されその後人事部に異動。主に採用業務、また研修や昇進・昇格業務にも携わる。

2002年退職後、2004年から前職の経験を活かし主に企業や自治体、また病院などで各種研修・セミナーの講師を務める。

キャリアコンサルタント、産業カウンセラー、中国語検定3級 などの資格を持つ。
『強い組織は人財にあり』『働くすべての人を笑顔に!』をモットーに仕事・働くことの楽しさを伝えるべく日々活躍中。

2016年より大津市女性活躍推進アドバイザー。
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 132KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925
プログラム名 行政機関向け 
広報力向上研修
研修日数2〜4時間
研修対象中堅社員(職員) / 若手社員(職員)
特徴広報・PRの基礎項目のレクチャーと実例紹介、プレスリリース作成ワークを通じ受講者の情報 発信力向上をサポートします。
すすめ方講義・グループワーク 等
ねらい広報力向上を目的とした広報・PR研修です。マスコミの視点を知り、取材につながるプレスリリースの作成ポイントを把握し、より効果的な情報発信の手法を習得します。


プログラム内容

オリエンテーション
1.広報PR とプレス向け情報
・プレスリリースは効果を生むか
・広報PR基礎講義
・パブリシティとは
・記者、取材者の視点を知る

2.取材につながるプレスリリース
・公的機関向け広報戦略
・ローカルにおける広報事例

3.マスコミを知る・マスコミ対応を知る
・マスコミ対応ポイント
・記者の質問パターン

4.情報を活かす広報戦略
・公的機関向け広報せんりゃク
・ローカルにおける広報事例

5.WEB時代の広報戦略
・動画活用、WEBサービス活用事例
・広報戦略の要注意点
・マスコミ対応 話し方・説明のポイント

講師名タカギケイジロウ 高木 圭二郎
<講師プロフィール>
一般社団法人日本経営協会講師。フリーアナウンサー。
マスコミ対応・危機管理、メディアトレーニング、広報PR、企画力向上、ビジネスコミュニケーション、プレゼンスキル等をテーマに多数の自治体や企業で研修を実施。
 講師は茨城県内の記者クラブ取材や数々の災害報道を経験しており、具体的な実例を説得力を持ってお伝えするスタイルに定評があります。
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 138KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925
プログラム名 行政機関向け 
研修指導者スキルアップ
研修日数1日間
研修対象中堅社員(職員)
特徴元ラジオ局アナウンサー・報道記者による研修指導者フォロー研修です。
すすめ方講義・グループワーク 等
ねらい職場内の研修指導者・講師向けのスキルアップ研修です。職場内講師の役割を再認識し、研修指導技術の向上を図る内容となっています。


 

プログラム内容

オリエンテーション

1.研修指導概論 研修講師の役割・内部講師の役割
・研修の意義・主役の確認
・内部講師の使命、心構え

2.研修実践手法 講義の効果的な進め方
・研修シナリオ構成ポイント
・会場設営、講師の立ち位置
・教え方の手法

3.講師のための伝わる話し方
・話の組み立て方

4.アイスブレイクの手法 効果的な取り入れ方
・アイスブレイク 意義・目的/実施時の注意事項

5.研修とファシリテーション ゲーム型の研修事例
・研修でのファシリテーションの意義

6.スピーチワーク+フィードバック

7.ポイント指導・補足説明

講師名タカギケイジロウ 高木 圭二郎
<講師プロフィール>
一般社団法人日本経営協会講師。フリーアナウンサー。
マスコミ対応・危機管理、メディアトレーニング、広報PR、企画力向上、ビジネスコミュニケーション、プレゼンスキル等をテーマに多数の自治体や企業で研修を実施。
 講師は茨城県内の記者クラブ取材や数々の災害報道を経験しており、具体的な実例を説得力を持ってお伝えするスタイルに定評があります。
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 144KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925
プログラム名 行政機関向け 
企画提案力向上研修
研修日数2日間
研修対象中堅社員(職員) / 若手社員(職員)
特徴企画立案からプレゼン、実行まで、企画提案力を網羅的に向上させます。
すすめ方講義・グループワーク 等
ねらい・企画提案を受託していくための段取り、シナリオ策定など多角的な視点でのポイントを学習します。
・幹部層に対し理解と納得、協力を得られるプレゼンテーション実施に向けた戦略策を習得します。
・講義とグループワークを繰り返しながら、受講者が主体となって学習し、相互啓発で課題や気づきを共有や近隣のネットワークづくりにも活かしていただきます。

 

プログラム内容

【1日目(半日コース)】

◆ オリエンテーション

・講師挨拶、研修目的の共有、相互挨拶

 

1.通る企画、良いプロデュースの要素

・ミッション・ビジョン視点のテーマ設定

・情報集約 速読・放射思考の活用

【ワーク】企画イメージ/ 関心事 記載・共有

 

2.実行計画 企画書にまとめる要素

・企画書構成要素(企画意図・企画概要・詳細説明)

【ワーク】企画書第1稿 記載、共有

・説明・交渉 承諾に導く手法

【ワーク】交渉者確認 シート記載

 

3 企画実行・展開のポイント

・ランスルー、ポジティブフィードバック

・企画・プロデュース事例紹介

【ワーク】企画概要、詳細説明 記載、共有

 

◆重要ポイント確認・2日目 内容予告等

 

【2日目(1日コース)】

1.説明交渉に役立つ話の組み立て方

・時系列・自己紹介と企画説明

・論理的説明:逆三角形、PREP法、SDS法

・プレゼン構成法 課題・原因・解決・策効果

【ミニワーク】 現在・過去・未来の自己紹介

【ミニワーク】 ○○市の良いところ

【ワーク】 企画書 原案作成

 

2 合意承認につなげる伝わる話し方

・アナウンス基本技法 ポーズ、プロミネンス

・非言語情報 動作ノイズ・音声ノイズ等

・重圧対策・緊張対策 緊張の仕組み解説

・ミニボイストレーニング

【ミニワーク】アナ技法を使った説明文読み

 

3 企画を伝えるプレゼン術

・プレゼン準備ポイント ランスルー

・スライド作成ポイント 字体、文字数等

・ハプニング対応    ケーススタディ

【ワーク】 シート記載 発表準備

 

4.発表ワーク グループ内発表 (1)

A 企画・提案 / B ○○市の強み

発表3分 質疑2分 記載2分

 

5.発表ワーク グループ内発表 (2)

発表ワーク 代表者発表

A 企画・提案 / B ○○市の強み

発表3分 (質疑2分 記載2分)

 

◆ポイントチェック ・ フィードバック

講師名タカギケイジロウ 高木 圭二郎
<講師プロフィール>
一般社団法人日本経営協会講師。フリーアナウンサー。
マスコミ対応・危機管理、メディアトレーニング、広報PR、企画力向上、ビジネスコミュニケーション、プレゼンスキル等をテーマに多数の自治体や企業で研修を実施。
 講師は茨城県内の記者クラブ取材や数々の災害報道を経験しており、具体的な実例を説得力を持ってお伝えするスタイルに定評があります。
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 165KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925
プログラム名 行政機関向け 
マスコミ対応のメディアトレーニング研修
研修日数1日間
研修対象管理・監督者
特徴アナウンサー・報道記者経験に基づき、マスコミ対応のポイントを分かりやすくご説明します。ワーク重視型の研修で皆様のスキルアップをサポートします。
すすめ方講義・グループワーク・模擬記者会見 等
ねらい職員の不祥事対応や災害対策など、行政に求められる危機管理能力とマスコミ対応力の基礎を学びます。模擬記者会見等の演習を等して報道陣の視点を学ぶとともに危機発生時に適確に対処できるようなスキル習得を図ります。
 

プログラム内容

オリエンテーション
1.危機管理・リスクマネジメント概論
・リスクとクライシス
・ハインリッヒの法則
・組織における危機管理
・公務員に求められる規範

2.マスコミ対応・理論編
・危機管理広報と書類
・記者の質問パターン

3.マスコミ対応・実践編 報道陣を知る
・記者会見の基本形式と役割分担
・会見時の話し方、伝え方
・事例紹介

4.グループ演習・模擬記者会見
・【ワーク】浮上時による模擬記者会見

5.ネット上のリスクマネジメント・情報発信のポイント
・炎上の定義
・ネット上のリスク防止のポイント
・災害情報のマスコミ対応・WEB対応のポイント

6.ポイントチェック・フィードバック

講師名タカギケイジロウ 高木 圭二郎
<講師プロフィール>
一般社団法人日本経営協会講師。フリーアナウンサー。
マスコミ対応・危機管理、メディアトレーニング、広報PR、企画力向上、ビジネスコミュニケーション、プレゼンスキル等をテーマに多数の自治体や企業で研修を実施。
 講師は茨城県内の記者クラブ取材や数々の災害報道を経験しており、具体的な実例を説得力を持ってお伝えするスタイルに定評があります。
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 153KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925
プログラム名 行政機関向け 
プレゼンテーション研修
研修日数1日間
研修対象中堅社員(職員) / 若手社員(職員)
特徴生放送のノウハウに基づく「緊張対策」や「トラブル対処」など、プレゼンや発表時に多くの人が苦手とする部分の指導も 行います
すすめ方講義・グループワーク・ミニプレゼン 等
ねらい 行政職員に求められる「プレゼンスキル」と「伝わる話し方」をアナウンサー視点の演習を通じて習得するプレゼンテーション研修です。「書く、話す、フィードバック」の流れに沿った演習で説明力・提案力・コミュニケーションスキルの要素を強化し、庁舎内説明、住民対応、シティプロモーション等の場での対応力向上を図ります。 

プログラム内容

オリエンテーション
1.プレゼンテーション基礎講義

・良いプレゼンの要素とは

・ミッション・ビジョン視点のテーマ設定

【ワーク】 プレゼン原案 記載・共有

2.伝わる話し方

・話の構成法 : 時系列・逆三角形・PREP・SDS法・EP法 他

・アナウンス技法 : ポーズとプロミネンス

・非言語情報:動作ノイズ対策・アイコンタクト等

【ワーク】 スピーチワーク 自己紹介

3.資料作成・機材対応ポイント

・1スライド1メッセージ/ ランスルーの重要性

・【ワーク】シート記載 (+ 内容紹介 )

4.緊張対策・質疑対応・ハプニング対応

・スモールステップとリフレーミング

・質疑対応:ニーズ別質疑ポイント

【ワーク】 ハプニング対応ケーススタディ

5.グループ内発表

プレゼンテーマ: A:新規提案 B:○○市の強み

【ワーク】 : ミニプレゼン 1人3-5分+フィードバックメモ

6.ポイントチェック・フィードバック

講師名タカギケイジロウ 高木 圭二郎
<講師プロフィール>
一般社団法人日本経営協会講師。フリーアナウンサー。
マスコミ対応・危機管理、メディアトレーニング、広報PR、企画力向上、ビジネスコミュニケーション、プレゼンスキル等をテーマに多数の自治体や企業で研修を実施。
 講師は茨城県内の記者クラブ取材や数々の災害報道を経験しており、具体的な実例を説得力を持ってお伝えするスタイルに定評があります。
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 132KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925
プログラム名 行政機関向け 
効果的な説明会・ 研修の基本
研修日数1日間
研修対象新入社員(職員) / 経営幹部(幹部候補) / 管理・監督者 / 中堅社員(職員) / 若手社員(職員)
特徴体験を重視した、演習中心の 自ら考える、参加者主体の研修を実施します。
すすめ方講義、演習 等
ねらい説明会や研修会などにおいて、参加者に情報をわかりやすく伝え、相手の理解・納得を得るための効果的な説明の仕方や、効果的な会を開催するための事前準備、参加者からの質問の受け答えの仕方などが学べます。


プログラム内容

1.オリエンテーション

2.コミュニケーションの重要性

3.効果的な集合研修とは

4.集合研修実施時のポイント

5.研修の実践計画

講師名アイチテルヨシ 愛知  輝義
<講師プロフィール>
大手住宅メーカーで約20年人事の仕事にたずさわる。人事担当マネージャーとして組織人事、労政、採用、人材開発、研修などを行う。2003年に人事コンサルタントとして独立。

大阪生まれ 大阪大学大学院人間科学研究科修了。

ビジネスコーチ・産業カウンセラー・心理相談員などの資格を持つ。

リーフレット(PDF)ダウンロード(約 114KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925
プログラム名 行政機関向け 
説明力強化
研修日数1日間
研修対象新入社員(職員) / 経営幹部(幹部候補) / 管理・監督者 / 中堅社員(職員) / 若手社員(職員)
特徴おなじトピックを聞き手の属性や状況を替えて説明する演習に加え、エレベーターのなかでの説明や、メールでの説明など、現場でつかえるケース別の場面演習を行います。
すすめ方講義・グループワーク等
ねらい①聞き手の現状(感情、立ち位置、状況、もてる情報、周辺知識)が理解できるようになる。
②わかりやすい説明の道筋を組み立てていくスキルを身に着ける。
プログラム内容

1.説明の目的
(1)『説明』って、なに?
(2)『わかる』までの3ステップ
(3)説明は手段よりもコンテンツ
(4)『説明』の前に明らかにしておくこと

 

2.わかりやすい説明
(1)ゴール達成にむけ、
(2)話の要素をロジカルに整理し、
(3)明快な道筋を組み立てる

 

3.説明のステップ(1)主張、結論・要点、念押し
(2)時間、階層、領域で組み立てる
(3)事実・根拠、具体例を織り交ぜる

 

4.聞き手に適応する
(1)聞き手と聞き手の状況を理解する
(2)聞き手の防衛を解く
(3)聞き手に合わせた共通言語で

 

5.ケース別場面演習
(1)たとえ話で説明してみる
(2)30秒で説明してみる
(3)メールで依頼してみる

講師名シマダヤスヒロ  嶋田 恭博
<講師プロフィール>
大手電機メーカーで研究開発に従事。技術系新卒・キャリア採⽤候補者の⾯談員を兼務し、中国、インドなど多様な国・地域出⾝の社員を⾃部⾨へ受け⼊れ、育成・指導も行う。また、企業内研修所にて経営⼈材育成研修およびビジネススキル研修を担当する。
2003年博⼠(⼯学)学位取得(京都⼤学)。2005年⼤阪⼤学⼤学院⼯学研究科⾮常勤講師・2007年九州⼤学芸術⼯学部⾮常勤講師を勤め、2018年厚労省登録キャリアコンサルタント取得。
理系出身。研究開発から新規事業立ち上げ、⼈材育成まで幅広く経験し、ロジカルな戦略思考を得意とします。講師というよりもカウンセラー、メンターとして、受講者の思考様式や⾏動様式に変容を引き起こす点火役を⽬指して活動中です。
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 152KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925
プログラム名 行政機関向け 
分かり易い資料作成のスキル
研修日数1日間
研修対象新入社員(職員) / 経営幹部(幹部候補) / 管理・監督者 / 中堅社員(職員) / 若手社員(職員)
特徴実際に事例を見て検討することを通じて、すぐに職場で使えるスキルを学べます。
すすめ方講義・グループワーク等
ねらいどのような資料を作成すれば、分かり易い資料になるのか、そのテクニックとは何かを、実際に事例を見て検討し、作成することを通じて、すぐに職場で使えるスキルを学ぶ。




プログラム内容

1.わかりやすい とは何か

・目的を意識する ・事例の確認

 

2.わかりやすい資料の原則

(1)スライドのメッセージは1つまで

(2)資料が使われる場を意識する

(3)資料構成の型

 

3.資料を使う場を想定する

・周知、議論をしたい場合のテクニック

・意思決定者向けのテクニック

 

4.情報の整理をする

 

5.資料作成の技術

・4パターンの基本的な型

 

6.トレーニング

 

7.評価と確認

 

8.まとめ

講師名セキヤマユウスケ 関山 祐介
<講師プロフィール>
早稲田大学システム科学研究所 システム分析・ 早稲田大学 ECWU  MBAエッセンシャルコース修了。2002年 社団法人日本経営協会経営研究センター自治体経営研究所課長を務める。総務庁 行政評価・行政手続法プロジェクト推進業務を担当。現在、 一般社団法人日本経営協会 チーフ・コンサルタントとして活動中。その後独立し、現在に至る。

全能連認定経営コンサルタント。

産業広報センター地域政策研究所研究員

沖縄大学地域研究所研究員

文化放送 地域新発見アナリスト

厚生労働省認定 日通連  経営管理1級インストラクター
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 164KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925

関西本部 06-6443-6961

〒550-0004
大阪市西区靱本町1-8-4
(大阪科学技術センタービル)