お問い合わせ

私達は、公開セミナー、各種研修・コンサルティングを複合したサービスで人材育成と組織風土改革に寄与します。

プログラム名 行政機関向け 
イクボス研修
研修日数2〜4時間
研修対象管理・監督者 / 中堅社員(職員)
特徴実体験をもとにした内容には説得力が あります。
すすめ方講義、演習 等
ねらい①イクボスが求められる背景を理解し、働き方の見直しは喫緊の施策であると認識する。
②働き方の多様性が求められる現状を正しく理解し、ダイバーシティの取り組みを率先垂範する。
③ワーク・ライフ・バランスの実現を図ることで、仕事のダンドリ力が磨かれ、自ずと生産性が上がることを知る。

プログラム内容

自己紹介・アイスブレイク

 

1.働く環境は変化している

①グループワーク「働きづらさを抱えるのは誰?」

②この先の、人不足・人材不足

③ダイバーシティ・女性活躍推進法の目指すもの

④行政組織のイクボスがもたらす三方良し

 

2.組織で「キャリア」意識を調える

①ライフステージに応じたキャリアの多様性

②グループワーク「子育て中の職員の現状」

③働き方改革の前に、働き方改善

 

3.生産性の高い働き方に欠かせないもの

①「フェア」と「ケア」、そして「シビア」

②「やる気」と「やりがい」を醸成するリーダー

③「優先順位の見直し」と「ダンドリ力」

 

4.まとめ

今日から始める「第一歩宣言」

講師名ナカジマミチル 中島 みちる
<講師プロフィール>
キャリアデザイン研修(女性活躍推進関連)、ビジネス文書研修、 文章力指導、 企画書作成研修、説明力・説得力研修、プレゼンテーション研修などをテーマに出講中。 

関西を中心に、幼稚園・保育園・小学校などを中心に子育ち講演会を開催。様々な自治体から委託を受け「少子化対策事業」「女性活躍推進事業」「まち・ひと・しごと創生事業」 「高校生・大学生ライフデザイン啓発事業」等に関わる。

現在、林成之式育脳メソッド認定育脳インストラクター、滋賀地方自治研究センター理事、NPO法人ほんわかハート理事を務める。

JST指導者の資格を持つ。
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 177KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925
プログラム名 行政機関向け 
女性職員向けキャリアアップ
研修日数1日間
研修対象女性職員
特徴単に知識を得るだけではなく、 他の職員の方との交流を通じての気付きを 得ることができます。
すすめ方講義、ワーク、グループ討議
ねらい女性活躍が叫ばれる昨今、多くの女性が抱えている戸惑いや不安を軽減し、自分に自信を持ち前向きにキャリアを積むことを目的とします。
①女性が自分自身のキャリアを考え、自分らしくステップアップを目指すこと。
②ワークライフバランスを保ちながら、人生の目標と仕事の目標を関連付けで考えること。
③女性職員同士交流をもつことで、同じ思いの共有や刺激し合う仲間を作り、不安や戸惑いを軽減すること。
プログラム内容

1.オリエンテーション

2.キャリアの形成とは

3.今までのキャリアの棚卸し

4.自分と組織を重ねたキャリア形成

(1)仕事をする上での軸・支柱は何?

(2)将来の自分のキャリアは?

5.キャリアアップを実現させるために

(1)キャリアアップに必要な3つの要素

(2)キャリアアップに対しての想いは?

6.仕事を楽しむ3つの秘訣

(1)仕事を楽しくするコツ   (2)頭の中のだまし絵

(3)もう一人の私?

7.未来を作り上げる

(1)目標達成のためのステップ (2)今から何をする?

8.まとめ

講師名アンドウエツコ 安藤 悦子
<講師プロフィール>
1991年ローム株式会社に入社。受付に配属されその後人事部に異動。主に採用業務、また研修や昇進・昇格業務にも携わる。

2002年退職後、2004年から前職の経験を活かし主に企業や自治体、また病院などで各種研修・セミナーの講師を務める。

キャリアコンサルタント、産業カウンセラー、中国語検定3級 などの資格を持つ。
『強い組織は人財にあり』『働くすべての人を笑顔に!』をモットーに仕事・働くことの楽しさを伝えるべく日々活躍中。

2016年より大津市女性活躍推進アドバイザー。
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 117KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925
プログラム名 行政機関向け 
女性活躍支援 ライフデザイン研修
研修日数1日間
研修対象女性職員
特徴「楽しく、分かりやすく」。 講師と受講生という枠組みを外し、 講師が一方的に話すだけではなく、 コミュニケーションをとりながら 「一緒に参加」していただけるような 研修です。
すすめ方講義・グループワーク等
ねらい①自身の能力(強み・弱み)や組織から求められる役割などを振り返り、現状を把握する。
②自分らしい生き方を叶えるための、タイムマネジメントのポイントやチベーションアップの考え方を習得する。
③自身で未来をデザインし、それを叶えるためにルールを決めることで、目標の実行を後押しする。
プログラム内容

オリエンテーション

 

1. 私が決める“わたしの今と未来”

①なぜ未来の姿を考える必要があるのか?

②ライフデザインの基本的な考え方

③私の役割とその優先順位

 

2. 私自身とキャリアの振り返り

①私の特性を知る(自己評価と他己評価)

②役割、能力、今後やりたいことを明確にする

 

. エール交換会

先輩・同僚からの経験談を聞き、エールを交換しよう

 

. ワークライフバランスを叶えるために

①ワークライフバランスを叶える取り組み

②タイムマネジメント能力に磨きをかける

③感情のコントロール術

 

. 自分の未来は自分でつくろう

①私の近未来をデザインしよう

②自己実現のための、5つのルールを考えよう

 

□研修総括と質疑応答

講師名ミヨシミホコ 三好 美穂子
<講師プロフィール>
日本航空国際線旅客グランドスタッフ(伊丹・関西国際空港)4年。メディカル産業にて社長秘書・部長秘書業務を4年、企画営業を11年。その後はフリーランスで、ビジネスマナー・接遇マナー・色彩心理講座・カラーセラピスト養成講座を開講。現在に至る。
接遇研修、ビジネスマナー研修、CS研修、クレーム対応研修、ユニバーサルサービス接遇研修、新規採用者職員研修、コミュニケーション研修、メンタルヘルス研修、リーダーシップ研修、窓口・店舗サービス調査&接客指導、キャリアデザイン研修・色彩心理を活用したカラー戦略講座、子育てのための色育講座  等のテーマで研修を行う。
サービス接遇検定1級 ・ 秘書検定1級、コミュニケーション心理アドバイザー、キャリアトランプファシリテーター、メンタルヘルス・マネジメント(セルフケア、ラインケア)、TCカラーセラピスト協会認定トレーナー、日本色育推進会認定色育講師  などの資格を持つ。
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 149KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925
プログラム名 行政機関向け 
女性活躍推進
研修日数1日間
研修対象女性職員
特徴講師の経験と豊富な情報による指導には  定評があります。  リピート率の高い講師です。
すすめ方講義、演習 等
ねらい①自律的キャリア形成に必要な要素を理解する。
②自分自身の「価値観」「強み」「弱み」を認識。
③求められる職員像と目指す職員像を明確にし、キャリアプランを作成する。
④自身に影響を与える環境要因を理解し、環境対応のために必要なものを見出す。
プログラム内容

オリエンテーション 

 

 

1.キャリアとは

(1)主体性の確立

(2)内発的動機・外発的動機

 

 

2.自己分析:価値観

 

 

3.自己分析:能力

 

 

4.自己分析:能力(続き)・興味

 

 

5.環境理解

(1)社会動向の理解

(2)仕事地図(事前課題)紹介

(3)周囲からの期待と期待を満たすために必要な能力

 

 

6.今後の働き方を考える

 

 

質疑応答・まとめ

講師名クニヒロタカコ 國弘 隆子
<講師プロフィール>
キャリアデザイン、コーチング、プレゼンテーション、コンサルティングセールス、CS、ビジネスマナー、メンタルヘルス、就職支援などをテーマに多数の自治体で登壇中。

リテラシーとコミュニケーションの研究家として、有用な言語活用や思考活性化のために精力的に新しい方法を編み出しています。

日本キャリア開発協会認定キャリアカウンセラー、PHP認定ビジネスコーチ、MBTI認定ユーザー、NLPマスタープラクティショナー、米国カールソンラーニング社 DiSC研修インストラクター、産業カウンセラーなどの資格を持つ。

著書に『親子コーチング自ら学ぶ子の育て方』がある。
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 0B)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925
プログラム名 行政機関向け 
イクボス養成
研修日数1日間
研修対象管理・監督者
特徴人事責任者の経験者で社会保険 労務士である講師は、実務と法律 に精通しています。
すすめ方講義、演習 等
ねらい様々な部下の立場を理解でき、職場を活性化する「イクボス」になるためのワークライフバランスの推進方法、イクボスとしての部下活用と育成のポイントを学びます。

 ※「イクボス」…職場で共に働く部下のワーク・ライフ・バランスを考え、その人のキャリアと人生を応援しながら、組織の業績も結果を出しつつ、自らも仕事と私生活を楽しむことができる上司。
プログラム内容

アイスブレイク

 

1.異性の部下活用と育成のために

(1)男性部下と女性部下の違い

(2)男性、女性、世代ごとのキャリアイメージ

 

2.イクボスになるために

(1)イクボスとは何か

(2)イクボスのありかた

(3)マタハラ対策

 

3.イクボスの具体的取り組み

(1)ワーク・ライフ・バランス再確認

(2)生産性の高い働き方

(3)時間制約のある職員と周囲の職員

(4)男性の育休の促進

 

4.労務管理

(1)育児介護に関する関連法規の知識

(2)妊娠時、育休申請時、育休中、復帰時の対応

 

質疑応答

 

まとめ

講師名ヤマグチサダトシ 山口  貞利
<講師プロフィール>
一般社団法人日本経営協会講師。特定社会保険労務士。

人事考課 、目標管理、マネジメント、部下育成、キャリアプラン、タイムマネジメント、面接採用手法、 ハラスメント、労働法、労働法などをテーマに多数の自治体や企業で研修を実施。 

特定社労士、行政書士、宅建、アンガーマネジメントファシリテーター、第一種衛生管理者、AFP、CDAの資格を持つ。

著書に「実際にやってみてわかった中小企業M&A成功のための人事労務」(共著)がある。
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 132KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925

関西本部 06-6443-6961

〒550-0004
大阪市西区靱本町1-8-4
(大阪科学技術センタービル)