お問い合わせ

私達は、公開セミナー、各種研修・コンサルティングを複合したサービスで人材育成と組織風土改革に寄与します。

プログラム名 行政機関向け 
○○の魅力発信力向上研修
研修日数1日間
研修対象経営幹部(幹部候補) / 管理・監督者 / 中堅社員(職員)
特徴ミニクイズや、ペア・グループワークなど 豊富な演習を採用しています。 受講生が、自分事として考える場、 お互いに学ぶ場をつくります。
すすめ方講義・グループワーク等
ねらい①マーケティングの基礎知識について学ぶ。
②デザイン思考を活用したアイディア発想法を学ぶ。
③地域の魅力を効果的に発信する方法について考える。





プログラム内容

1.はじめに
(1)学習目標・進め方 (2)アイスブレイク

2.マーケティングを学ぼう!《基礎編》
(1)伝統的マーケティングの全体像
(2)セグメンテーション・ターゲッティング・ポジショニング
(3)マーケティングミックス(4P)
製品戦略、価格戦略、チャネル戦略、プロモーション戦略
(4)プロモーション戦略
プロモーションミックス、認知モデル、広告、口コミ

3.マーケティングを学ぼう!《発展編》
(1)伝統的マーケティングの限界と新潮流
(2)ブランドとブランディング
ブランドの定義、機能、エクイティ、要素、種類、戦略
(3)関係性マーケティング
(4)サービス(体験)マーケティング
サービスドミナントロジック、サービス特性、体験価値

4.○○の魅力発信!アイデアワークショップ
(1)デザイン思考
(2)顧客視点でサービス(体験)をデザインしよう
顧客インサイト分析、ペルソナ設計、カスタマージャーニーマップ
(3)アイディエーション
(4)共有・フィードバック

5.まとめ

講師名キタノキヨテル 北野 清晃
<講師プロフィール>
大学院を修了後、都市計画コンサルティング会社に入社。自治体の計画策定業務やまちづくりワークショップの企画運営に携わる。その後、人材育成を支援する公益法人に入職。企業や自治体の研修やセミナー、シンポジウム、委員会等の企画業務に8年間従事する。同社退職後、実家の中小企業支援に取り組むとともに、京都大学大学院にて、経営学やエスノグラフィー等の観察手法を学ぶ。
現在は、組織デザイン、サービスデザインの研究活動に取り組むとともに、企業や自治体にて 研修/ワークショップの企画、講師/ファシリテーターとして活躍している。
博士(総合学術)、専門修士(経営学)・修士(工学)、中小企業診断士、一級建築士、一級販売士、ビジネスコーチ、キャリアコンサルタント
著書に『組織論から考えるワークショップデザイン』などがある。
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 251KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925
プログラム名 行政機関向け 
イノベーション・マネジメント
研修日数2日間
研修対象経営幹部(幹部候補) / 管理・監督者
特徴研修の間にインターバルを設け、実際に変革のためのトライアルを行っていただきます。
すすめ方講義、演習 等
ねらい既存の枠を取り払い、変化を起こせる人材になるための考え方や能力を身につける。

プログラム内容

【1日目】
1.イノベーションの本質【討議と解説】
(1)高い目標を掲げ、変革を自ら起こすリーダーになるために
(2)必要な要件を再確認しつつ、挑戦課題を考える。
①なぜイノベーションが必要か、その本質とは
②イノベーションのためのモノの見方、活かし方
・「何のために」   ・「誰のために」
・「どのような価値を生み出すか」
2.イノベーションの実践【グループワークと解説】
(1)現状の洗い出しと課題の設定
(2)やっておいてよかったこと、やっておけばよかったこと
①目的・目標を再確認する
②課題達成に向けたアイデアを創出する
③革新を阻む壁を見極める
④変革のための最善行動を決定する
・どのような行動が新たな未来を生み出すか
・期待する成果と効果を数値化する

3.変革実行プラン【発表】
①ペアの相手を決定する
②インターバルで挑戦すべきテーマとアクションを
宣言する

まとめ

【2日目】

1.前回の振り返り

2.トライアルの発表と共有【発表】

トライアルの成果についてチームの中で発表し合う。試行錯誤のプロセスの中で、どのような変化が起こったかを共有するとともに、挑戦課題の軌道修正を図る

(1)発表 1人10分

①何がうまくいったのか、なぜうまくいったのか

②何がうまくいかなかったのか、それはなぜなのか

③何の価値がどれくらい高まったか

(2)フィードバックし合う10分

3.優れたイノベーションプロセス【グループワークと解説】

午前中の気づきと学びを活かし、イノベーションを継続させるプロセスと成果を考え、実行プランを立てる

(1)個人ワーク

①イノベーションプランの方向性とコンセプトを確立する

②成果につながる具体的な行動を明らかにする

(2)グループワーク

各自のイノベーションプランの最善策を再考する

①再現の可能性…チームメンバーが共に遂行できるか

②予測の可能性…インプットとアウトプットが予測可能か

③持続の可能性…持続的な仕組みになりうるか

④拡張の可能性…中長期的にイノベーション領域を拡張し

ていくことができるか

4.未来への決意【発表】

今後の実行計画と決意を発表する

 まとめ

講師名チョウコト  張 琴
<講師プロフィール>
立命館大学政策科学部卒業。フリーアナウンサー等を経て、コーチング・ファシリテーターとして認定、現在に至る。

コーチング、グループ・コーチング、コミュニケーション、リーダーシップ能力開発、問題解決能力開発、ロジカルシンキング、キャプテンシップなどをテーマに自治体・企業・各種団体の研修・講演等で活躍中。

アナウンサー出身らしく、講義は明快で聴きやすく、テンポの良い進行に定評がある。

リーフレット(PDF)ダウンロード(約 141KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925
プログラム名 行政機関向け 
インバスケット研修
研修日数1日間
研修対象新入社員(職員) / 経営幹部(幹部候補) / 管理・監督者 / 中堅社員(職員) / 若手社員(職員)
特徴アウトプット型の代表格の研修。 日頃気づけない「気づき」を得るには最適な 研修です。
すすめ方講義、インバスケット演習 等
ねらい①見えにくく、測りにくい「能力」を可視化する事により、自分の強み・弱みを把握することができる。
②物事の優先順位設定能力を向上させる効果があります。
③自分の傾向値の他に、他者とのディスカッションを通じて視野を広げる効果があります。
④専門的なアセスメント診断にて、より自分の傾向を把握しマネジメント に生かせる効果があります。
プログラム内容

1.インバスケットの概要説明と演習

(1)インバスケット演習の目的や注意点の説明

(2)インバスケット研修の実施(60分)

~60分に20案件の処理する~

2.インバスケット演習のグループの共有

(1)グループ毎の優先順位の発表

(2)理由づけの発表

(3)重要度と優先順位の説明

3.グループ演習「優先順位の決定」

(1)演習案件の中で優先度の高い案件の決定

(2)各グループ発表

4.グループ演習「案件処理の深掘り」

(1)特定案件の深堀処理

(2)グループワークで作成した処理内容の発表

(3)各グループの発表の振り返り

5.目標設定「今後高めたい自身の能力」

(1)セルフチェック、今後の目標設定を行う

(2)各自発表

まとめ

講師名ソウトメタカシ五月女尚
<講師プロフィール>
コールセンター運営・管理、人事部役員、経営幹部として現場の課題解決から経営まで幅広く従事。

社内講師として新入社員・管理職層に対し年間30以上の登壇経験を持つ。前職では研修・コンサルタント事業の執行役員兼シニアコンサルタントとして年間30以上の登壇。

得意分野のコールセンターにおいてはシンガポールにあるコールセンター専門学校「NSRSコールセンターアカデミー」でのマスター資格を習得している。 
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 133KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925
プログラム名 行政機関向け 
職場マネジメント研修
研修日数1日間
研修対象経営幹部(幹部候補) / 管理・監督者
特徴講師は、市役所在籍時代の行政経験(行革 や職員研修等を担当)に加え、日本経営品質賞 の関係でも多数民間組織との交流や企業経営 革新支援を通じて得た「現場発の知見」が豊富 です。解説もわかりやすく、楽しく学べます。
すすめ方講義・グループワーク等
ねらい①管理職として目指すべき姿・使命について再確認する。
②実務経験を振り返り、自らのマネジメント傾向を知る。
③職場マネジメント・部下育成のポイントを理解し、自職場での実践につなげる。


プログラム内容

まずは原点に立ち返ろう

・目指すべき職員像

・目指すべき組織像 の確認

管理職の役割把握と、自身の振り返り

(1)管理職が果たすべき役割を理解する

①自身の業務の遂行  ②チームをマネジメントする

③上司を補佐する    ④関係部署と連携する

⑤庁外関係者との関係構築  ⑥自己啓発

(2)自身のマネジメントの傾向を知る

・モチベーショングラフ  ・レーダーチャート

・KPT(継続/改善/挑戦する項目整理表)の作成

職場のマネジメント

(1)マネジメントの基本の再確認

・部下への指示     ・チームの指揮

(2)管理職として更に成長するために

・「マネージャー」から「リーダー」へ

・経営感覚の習得に参考となる「日本経営品質賞

アセスメント基準」

(3)職場風土の改善につながるマネジメント

・組織風土の正体      ・問われるのは「真摯さ」

・風土を改善する5つの条件

部下の育成

(1)部下育成手法の再確認

(2)部下の主体性を引き出す育成手法(対話の重要性)

よき組織の実例に学ぶ

・日本経営品質賞受賞企業の経営現場のDVDを視聴

講師名トヨシマヒデアキ 豊島 英明 
<講師プロフィール>
1988年度神戸市役所入庁。住宅局(経理)、市長室(報道・ラジオ番組)、神戸港埠頭公社(経理・企業誘致)、行財政局(経営品質・行政評価)、北区役所まちづくり推進課長、職員研修所長、市長室国際課長、みなと総局企業誘致担当部長を経て、2018年度早期退職。

自ら講師となり自治体に経営品質の考え方を普及するため起業し、合同会社創発研修ラボ豊島屋を2019年設立(経営品質協議会認定セルフアセッサー資格取得)。神戸学院大学客員教授、早稲田大学招聘研究員。

著書に、『行政経営改革入門』『政策評価手法』『自治体バランス・スコアカード』『自治体職員がみたイギリス』『行政の質を高める8つの基準』など。
神戸市在職中の講師歴として、同志社大学社会人大学院非常勤講師、全国自治体・民間企業など多数。
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 543KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925
プログラム名 行政機関向け 
業務改善に効く 「8つのフレームワーク」
研修日数2〜4時間
研修対象新入社員(職員) / 経営幹部(幹部候補) / 管理・監督者 / 中堅社員(職員) / 若手社員(職員)
特徴講師は、市役所在籍時代の行政経験(行革 や職員研修等を担当)に加え、日本経営品質賞 の関係でも多数民間組織との交流や企業経営 革新支援を通じて得た「現場発の知見」が豊富 です。解説もわかりやすく、楽しく学べます。
すすめ方講義・グループワーク等
ねらい  ①業務改善に着手する前に、陥りやすい「ワナ」を知る。
  ②改善を効果的に進める「ワザ」 (フレームワーク)を知る。
    ※フレームワークとは「モレなくダブリなく」思考するための枠組のことです。
       当研修では、業務改善に効く代表的な8つのフレームワークをご紹介します。
  ③最新テクノロジー(AIやRPA等)を活用した改善事例を知る。
  ④改善を成功させるための実践的ポイントを学ぶ。

プログラム内容

はじめに

「3つの落とし穴」にはまっていませんか?

①廃止/方向転換すべき業務を「改善」する

②お役立ち相手を念頭に置かずに「改善」する

③必要な知識を職員が習得せぬまま「改善」する

目的に応じて「8つのフレームワーク」を活用しよう

  • 目標を設定し、結果を振り返る

①PDCAチェックシート

②KPIツリー(ケイピーアイ)

③AARR(アー)

④SMART(スマート)

  • 業務の状態を可視化する

⑤業務フロー図

  • 改善策を考える

⑥ムリ・ムダ・ムラ~ダラリの法則

⑦ECRS(イクルス)

⑧業務改善提案シート

最新テクノロジー活用事例(AIRPA等による改善)

・行政や民間での事例と効果

・今後の活用想定分野

まとめ

講師名トヨシマヒデアキ 豊島 英明 
<講師プロフィール>
1988年度神戸市役所入庁。住宅局(経理)、市長室(報道・ラジオ番組)、神戸港埠頭公社(経理・企業誘致)、行財政局(経営品質・行政評価)、北区役所まちづくり推進課長、職員研修所長、市長室国際課長、みなと総局企業誘致担当部長を経て、2018年度早期退職。

自ら講師となり自治体に経営品質の考え方を普及するため起業し、合同会社創発研修ラボ豊島屋を2019年設立(経営品質協議会認定セルフアセッサー資格取得)。神戸学院大学客員教授、早稲田大学招聘研究員。

著書に、『行政経営改革入門』『政策評価手法』『自治体バランス・スコアカード』『自治体職員がみたイギリス』『行政の質を高める8つの基準』など。
神戸市在職中の講師歴として、同志社大学社会人大学院非常勤講師、全国自治体・民間企業など多数。
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 549KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925
プログラム名 行政機関向け 
思考法パワーアップ研修
研修日数1日間
研修対象新入社員(職員) / 経営幹部(幹部候補) / 管理・監督者 / 中堅社員(職員) / 若手社員(職員)
特徴講師は、市役所在籍時代の行政経験(行革 や職員研修等を担当)に加え、日本経営品質賞 の関係でも多数民間組織との交流や企業経営 革新支援を通じて得た「現場発の知見」が豊富 です。解説もわかりやすく、楽しく学べます。
すすめ方講義・グループワーク等
ねらい ①個人・チーム・組織の各々に効く「思考法」を習得する
 ②具体的シーンでの実践的活用をワークを通じて体得する
プログラム内容

はじめに

・成果を出す組織が共通して重視する「思考法」とは

・精神論ではなく、具体的な成果に徹底してこだわる

・フレームワーク思考(モレなくダブリなく考える方法)

■「個人」の思考法

・エゴグラム診断(自己分析)

・GROWモデル(自分/部下の成長をデザインする)

■「チーム」の思考法

・チームが成立するための3条件

・効果的な話し合いのできる「場」をつくる4要素

・集団思考のワナ(優秀な人達がなぜ駄目チームに)

・話し合いの種類(会話≠議論≠対話。違いをメタ認知)

・新たなアイデアを生み出す対話法

・部下の意欲を高めるPDCAのコツ(場と言葉の作り方)

■「組織」の思考法

・ヒント満載の日本経営品質賞アセスメント基準

・よき組織の軸となる「基本理念」と「重視する考え方」

・未来のありたい姿から現状をバックキャスティング

・そして組織は「事実前提」から「価値前提」へ

・人間ドックならぬ組織ドックの問診項目を知ろう

・切れ味抜群の業務改善手法

■日本経営品質賞の受賞組織に学ぶ

・なぜ一人ひとりが元気なのか

・優れたチームワークと高い組織成果の源は何か

■まとめ

講師名トヨシマヒデアキ 豊島 英明 
<講師プロフィール>
1988年度神戸市役所入庁。住宅局(経理)、市長室(報道・ラジオ番組)、神戸港埠頭公社(経理・企業誘致)、行財政局(経営品質・行政評価)、北区役所まちづくり推進課長、職員研修所長、市長室国際課長、みなと総局企業誘致担当部長を経て、2018年度早期退職。

自ら講師となり自治体に経営品質の考え方を普及するため起業し、合同会社創発研修ラボ豊島屋を2019年設立(経営品質協議会認定セルフアセッサー資格取得)。神戸学院大学客員教授、早稲田大学招聘研究員。

著書に、『行政経営改革入門』『政策評価手法』『自治体バランス・スコアカード』『自治体職員がみたイギリス』『行政の質を高める8つの基準』など。
神戸市在職中の講師歴として、同志社大学社会人大学院非常勤講師、全国自治体・民間企業など多数。
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 557KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925
プログラム名 行政機関向け 
シティセールス・ シティプロモーション研修
研修日数2日間
研修対象管理・監督者 / 中堅社員(職員) / 若手社員(職員)
特徴2日目には、 貴自治体の特徴・名所等をテーマにして 市場分析~プレゼンテーションまでの流れを 演習で学びます
すすめ方講義・グループワーク等
ねらい①地域資源の見つけ方、事業化のプロセス、PR方法など、地域力を向上させるための知識やノウハウを習得する。
②自ら価値を創造して企画・提案し、実行できるプロデューサー型職員を養成する。
プログラム内容

【1日目】
1.世の中の動きとその意味【講義&討議】
(1)今、世の中で何が起こっているのか
(2)変化の意味とこれからの行方

 

2.地域力を高める職員のあり方とは【講義】
(1)感性(面白い、明るい、新しい)
(2)思考(明確に、論理的に、柔軟に)
(3)行動(探す、結ぶ、挑戦する)

 

3.事業企画の基本【講義】
(1)事業って何だろう?
(2)市場という不可解なものを読み解くテクニック
(3)事業の着眼点

 

4.行政の役割とメディアの役割【講義】
(1)行政の役割
(2)話題になるための原則

 

5.キャッチコピーを考えてみよう!【講義】
(4)事業とキャッチコピー
(5)キャッチコピーのインパクト
(6)キャッチコピーのつくり方
(7)キャッチコピーづくり【演習】

 

●1日目まとめ

 

 

 

【2日目】
6.知らないと損、メディアの使い方【講義】
(1)なぜメディアへの露出が必要か
(2)各マスメディアの特徴

 

7.市場分析と事業発案【演習】
-事前課題を基にして、グループ演習により事業を構築する-
(1)事業名
(2)対象市場
(3)顧客特性
(4)事業の特徴・魅力
(5)競合

 

8.事業企画の完成【演習】
(1)事業とキャッチコピーの整合性
(2)さらに強み・特徴を生かす工夫
(3)ブランド化戦略
(4)事業企画最終調整・プレゼン準備

 

9.プレゼンテーション【演習】
(1)各グループプレゼンテーション
(2)講師講評

 

10.2日間のまとめ

講師名セキヤマユウスケ 関山 祐介
<講師プロフィール>
早稲田大学システム科学研究所 システム分析・ 早稲田大学 ECWU  MBAエッセンシャルコース修了。2002年 社団法人日本経営協会経営研究センター自治体経営研究所課長を務める。総務庁 行政評価・行政手続法プロジェクト推進業務を担当。現在、 一般社団法人日本経営協会 チーフ・コンサルタントとして活動。その後独立し、現在に至る。

全能連認定経営コンサルタント。

産業広報センター地域政策研究所研究員

沖縄大学地域研究所研究員

文化放送 地域新発見アナリスト

厚生労働省認定 日通連  経営管理1級インストラクター
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 156KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925
プログラム名 行政機関向け 
経営感覚養成講座
研修日数2〜4時間
研修対象経営幹部(幹部候補) / 管理・監督者
特徴経営感覚を身につけることで、真の経営テーマの解決や革新を図ります。
すすめ方講義・グループワーク等
ねらい①企業経営のスキルと経営管理(リスクマネジメント)の基礎知識を学ぶ
②経営感覚・コスト意識・サービスマインドを身に着ける
③事業計画の目標設定と進捗管理を習得する
プログラム内容

★オリエンテーション

1.これからの管理職に求められるもの

①管理職は企業内経営者

②現実処理能力で決まる存在価値

③バックボーンの確立

 

2.経営のスキル

①経営スキルの構成要素

②ロジカルシンキング(論理的思考)

・演繹法、帰納法 ・ロジックツリー・MECE

③ラテラルシンキング(水平思考)

・オズボーンのチェックリスト法

④クリティカルシンキング(批判的思考)

・目的→仮設→疑問

 

3.リスク管理

①リスク管理とは

②リスクを把握する

③リスクに対策を講じる

 

4.サービスマインド

①顧客満足度の3ステップ

・当たり前としておこなう→満足してもらう→期待する以上のサービス

②サービス精神を養う方法

③サービスからホスピタリティを生む

 

 

5.事業計画の目標設定と進捗管理

①目標管理とは

②目標設定の仕方 ※目標設定演習

③進捗管理の仕方

 

 

6.総括(まとめ)

講師名クリタタケシ 栗田 猛
<講師プロフィール>
評価者研修、目標管理研修、組織・人事戦略、マネジメント、プレゼンテーション研修、アセスメントなどをテーマに研修を実施。
また、コンサルティング歴25年間で、中小企業から中堅・大手企業および官公庁関係など、人事戦略コンサルティングを展開。実施企業・団体は200以上に及ぶ。
著書に、「経営幹部が必ずおさえておきたいよくわかる経営用語」 明日香出版、「新・日本型人事制度のつくり方」(共著) 経営書院、「賃金システム改定戦略全書」(共著) 明日香出版などがある。
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 133KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925
プログラム名 行政機関向け 
政策形成基礎
研修日数2日間
研修対象経営幹部(幹部候補) / 管理・監督者 / 中堅社員(職員)
特徴 次年度へむけてすぐに利活用できるワークシート、フレームワークを ご提供します。
すすめ方講義・グループワーク等
ねらいEBPM(Evidence-Based Policy)を中心とした実践的な政策提案スキルを獲得する
プログラム内容

【1日目】
1.自治体レベルでの政策形成の必要性
(一部ワークショップを含む)

2.政策形成に関する基礎的思考法
(一部ワークショップを含む)

3.アウトプットの発見手法
(一部ワークショップを含む)

4.アウトカムの発見手法

5.インプットの発見手法
(一部ワークショップを含む)

6.カコミライワークショップによる政策思考の確認

【2日目】
7.前回のおさらい

8.講師提供ケースによるケーススタディの実施

9.まとめ・質疑応答

講師名ホソカワシゲノリ 細川 甚孝
<講師プロフィール>
大学卒業後、CIS計画研究所入社。その後、官公庁の施策立案に関する調査・研究を主とし活動し、総合計画や行政改革、行政評価手法の策定等に尽力する。
その他、官公庁を中心とした地域活性化(農業振興・地域ブランド形成・コミュニティビジネス・観光戦略)や教育・産業振興(教育計画・生涯学習推進計画)なども企画から実際の策定(工程管理含む)を担当するなど、行政経営・地域活性化を専門としたコンサルタントとして活躍。
研修講師としても制度浸透等のために活躍し、現在は、政策プランナーとして全国にて各種指導を行っている。
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 133KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925
プログラム名 行政機関向け 
エビデンスベースの 政策形成
研修日数2日間
研修対象経営幹部(幹部候補) / 管理・監督者 / 中堅社員(職員)
特徴 次年度へむけてすぐに利活用できるワークシート、フレームワークを ご提供します。
すすめ方講義・グループワーク等
ねらいEBPM(Evidence-Based Policy)を中心とした実践的な政策提案スキルを獲得する
プログラム内容

【1日目】
1.EBPMの考え方の紹介(一部ワークショップを含む)

2.事例を中心としたEBPMの可能性と課題の紹介
(一部ワークショップを含む)

3. EBPMと政策サイクルのあり方について
(一部ワークショップを含む)

4.政策サイクルのあり方について
(一部ワークショップを含む)

【2日目】
7.前回のおさらい

8.講師提供ケースによるケーススタディの実施

9.まとめ・質疑応答

講師名ホソカワシゲノリ 細川 甚孝
<講師プロフィール>
大学卒業後、CIS計画研究所入社。その後、官公庁の施策立案に関する調査・研究を主とし活動し、総合計画や行政改革、行政評価手法の策定等に尽力する。
その他、官公庁を中心とした地域活性化(農業振興・地域ブランド形成・コミュニティビジネス・観光戦略)や教育・産業振興(教育計画・生涯学習推進計画)なども企画から実際の策定(工程管理含む)を担当するなど、行政経営・地域活性化を専門としたコンサルタントとして活躍。
研修講師としても制度浸透等のために活躍し、現在は、政策プランナーとして全国にて各種指導を行っている。
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 139KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925

関西本部 06-6443-6961

〒550-0004
大阪市西区靱本町1-8-4
(大阪科学技術センタービル)