お問い合わせ

私達は、公開セミナー、各種研修・コンサルティングを複合したサービスで人材育成と組織風土改革に寄与します。

プログラム名 行政機関向け 
事務ミス防止& タイムマネジメント
研修日数2〜4時間
研修対象新入社員(職員) / 経営幹部(幹部候補) / 管理・監督者 / 中堅社員(職員) / 若手社員(職員)
特徴ミニクイズや、ペア・グループワークなど 豊富な演習を採用しています。 受講生が、自分事として考える場、 お互いに学ぶ場をつくります。
すすめ方講義・グループワーク等
ねらい①事務ミスの種類や発生要因について理解し、自分や職場の仕事の進め方を見直す。
②仕事の進め方とタイムマネジメントのための、 考え方や方法を体験を通して学ぶ。
③これからの仕事の進め方、時間の使い方を見直すきっかけを掴み、明日からの行動に活かす。






プログラム内容

1.はじめに
(1)学習目標・進め方 (2)アイスブレイク

2.事務ミスについて考える
(1)ヒューマンエラーの本質
職場の事務ミスを洗い出す
(2)ヒューマンエラーの原因
認知、行動、判断
(3)ヒューマンエラーへの対処

3.仕事の進め方とタイムマネジメント
(1)緊急度と重要度
(2)時間の捉え方
(3)タイムマネジメントの工夫
時間管理、仮設思考、PDCA再考

4.おわりに

講師名キタノキヨテル 北野 清晃
<講師プロフィール>
大学院を修了後、都市計画コンサルティング会社に入社。自治体の計画策定業務やまちづくりワークショップの企画運営に携わる。その後、人材育成を支援する公益法人に入職。企業や自治体の研修やセミナー、シンポジウム、委員会等の企画業務に8年間従事する。同社退職後、実家の中小企業支援に取り組むとともに、京都大学大学院にて、経営学やエスノグラフィー等の観察手法を学ぶ。
現在は、組織デザイン、サービスデザインの研究活動に取り組むとともに、企業や自治体にて 研修/ワークショップの企画、講師/ファシリテーターとして活躍している。
博士(総合学術)、専門修士(経営学)・修士(工学)、中小企業診断士、一級建築士、一級販売士、ビジネスコーチ、キャリアコンサルタント
著書に『組織論から考えるワークショップデザイン』などがある。
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 144KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925
プログラム名 行政機関向け 
自らを高めるためのエンカレッジの技術
研修日数1日間
研修対象新入社員(職員) / 管理・監督者 / 中堅社員(職員) / 若手社員(職員)
特徴ワークを多用した研修で、 受講者同士で実際に コミュニケーションを取りながら 進めていきます。
すすめ方講義、コミュニケーション実践、ロールプレイング等等
ねらい①自分の行動を妨げているのは無意識の自分であることを理解する。
②約束(=契約、目標)と責任(対応能力)の重要性を理解する
③自分を高めるために自分と他者を勇気づける大切さと技術を知る

プログラム内容

オリエンテーション 講師紹介、自己紹介

1.自分の特徴と可能性に気づく

2.自分を取り巻く環境

◆ふりかえり(午前中のふりかえり)・シート作成

3.職場での自分の関わり方

4.主体性と責任

5.勇気づけのコミュニケーション

・自らの課題についてシート記入

・演習

・ふりかえり

◆ふりかえり(一日の気づきのふりかえり)・シート作成

講師名フルカワフミヒコ  古川 文彦
<講師プロフィール>
大学卒業後、大手百貨店にて婦人服、外商業務を担当。独立後は、中小企業診断士として多くの企業・団体の経営指導、大学の資格取得教育などに携わる。

販売士講座、経営指導、新入社員研修、中間管理職研修、クレーム対応、コミュニケーション、交流分析はコミュニケーション、モチベーションアップのための教育研修を中心に展開している。

ユニークな講義、教育手法は多くの民間企業、自治体で好評を得ている。
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 146KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925
プログラム名 行政機関向け 
セルフ・モチベーション研修
研修日数2〜4時間
研修対象新入社員(職員) / 経営幹部(幹部候補) / 管理・監督者 / 中堅社員(職員) / 若手社員(職員)
特徴親しみやすい軽快な語り口調が 好評の講師です。
すすめ方講義、演習 等
ねらい①モチベーションを自ら維持、向上することは、仕事においても人生においても重要であることを知る。
②モチベーション向上を知識とスキルという両面から学ぶ。
③自らモチベーションをうまくマネジメントするコツと方法を習得する。


プログラム内容

1.モチベーションとは何か

(1)モチベーションとは何か、その本質を理解する

・自らのモチベーションの源泉を発見する

・モチベーションは、原因と相関性に分けて考える

・有能感、自己選択、関係性が与える影響を知る

・これでまの出来事に意味づけを行う

・自己評価を見直す

(2)人生で大切なものを決める

・価値観・信念の棚卸し

・行動する理由(目的)を明らかにする

(3)人生のルールを修正する

・価値観に沿って、仕事や人生のルールを見つける

・本当に重要なことに集中する

 

2.長期的なモチベーションを持続する技術

(1)行動したくなる感情を自ら創りだす

①フィジカル・コントロール

カラダの使い方を変える

②バーバル・コントロール

コトバの使い方を変える

③フォーカス・コントロール

前向きな思考を創りだす

(2)働き甲斐、生きがいを感じる習慣づくり

・毎日、達成感、成長感、充実感のどれかを味わう習慣づくり

 

3.今後のチャレンジ課題を発表する

講師名チョウコト  張 琴
<講師プロフィール>
立命館大学政策科学部卒業。フリーアナウンサー等を経て、コーチング・ファシリテーターとして認定、現在に至る。

コーチング、グループ・コーチング、コミュニケーション、リーダーシップ能力開発、問題解決能力開発、ロジカルシンキング、キャプテンシップなどをテーマに自治体・企業・各種団体の研修・講演等で活躍中。

アナウンサー出身らしく、講義は明快で聴きやすく、テンポの良い進行に定評がある。

リーフレット(PDF)ダウンロード(約 133KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925
プログラム名 行政機関向け 
職場環境を改善する コミュニケーション
研修日数1日間
研修対象中堅社員(職員) / 若手社員(職員)
特徴グループワークでは積極的にコミュニケー ションが取りやすいような雰囲気づくりを 行います。
すすめ方講義、演習 等
ねらい①コミュニケーション力を高めることで、職場でのストレスが軽減することを理解する。
②コミュニケーションに欠かせない「聞く力」「話す力」「書く力」の基本を身につける。
③「認める力」を鍛えながら「職場での和」づくりに努め、連携して効率よく仕事を進められる。

プログラム内容

自己紹介・アイスブレイク

1.コミュニケーションとは

①トラブル・クレームを招く人

②「話す力」「聞く力」「書く力」の相乗効果

 

2.「話す」コミュニケーション

①話の構成

②印象管理

③話し下手からの脱却

④「伝える」から「伝わる」へ

 

3.「書く」コミュニケーション

①用途に応じて変わる書き方

②内容の薄い文章からの脱却

③「届ける」から「届く」へ

 

4.「聞く」コミュニケーション

①3つの聞き方

②傾聴の4つの技法

③「聞き上手」が「話し上手」を育てる

 

5.「認める」コミュニケーション

①誉める・認める

②叱る

③やる気を引き出すコミュニケーション

 

まとめ

講師名ナカジマミチル 中島 みちる
<講師プロフィール>
キャリアデザイン研修(女性活躍推進関連)、ビジネス文書研修、 文章力指導、 企画書作成研修、説明力・説得力研修、プレゼンテーション研修などをテーマに出講中。 

関西を中心に、幼稚園・保育園・小学校などを中心に子育ち講演会を開催。様々な自治体から委託を受け「少子化対策事業」「女性活躍推進事業」「まち・ひと・しごと創生事業」 「高校生・大学生ライフデザイン啓発事業」等に関わる。

現在、林成之式育脳メソッド認定育脳インストラクター、滋賀地方自治研究センター理事、NPO法人ほんわかハート理事を務める。

JST指導者の資格を持つ。
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 168KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925
プログラム名 行政機関向け 
タイプ別コミュニケーション研修
研修日数2〜4時間
研修対象新入社員(職員) / 経営幹部(幹部候補) / 管理・監督者 / 中堅社員(職員) / 若手社員(職員)
特徴自己理解を深め、さらに他者理解を深めることで組織内でのコミュニケーションの質を高めます。
すすめ方講義、ロールプレイング、SPトランプを使用したカードワーク等
ねらい ①自分自身のタイプを理解する
 ②効果的な他者対応を知る
 ③タイプ理解を部下・後輩の育成に活かす

プログラム内容

1.オリエンテーション

2.私ってどんな人?

3.他者理解・・・他者と効果的にかかわるために

4.アクションプラン

5.まとめ・質疑応答

 

講師名ニイヅマトモコ 新妻 朋子
<講師プロフィール>
大学卒業後大手監査法人の代表、在阪民間放送局の社長秘書として勤務。上場ITベンチャー企業の人事総務部にて採用、社内研修、秘書育成を担当する。大手ホテル内会員制サロンのコンセルジュとしてコンセルジュ採用と教育を担当。その後、企業研修、大学、専門学校で講師をつとめる。
マナープロトコール検定2級、 ビジネス文書検定1級、 秘書検定2級、 サービス接遇検定1級、 SPトランプインストラクター、 NTCF認定チーミングリーダー養成講座修了、 PHPコーチング研修ベーシックコース修了 等の資格を持つ。
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 114KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925
プログラム名 行政機関向け 
ストレスコントロール研修
研修日数2〜4時間
研修対象新入社員(職員) / 経営幹部(幹部候補) / 管理・監督者 / 中堅社員(職員) / 若手社員(職員)
特徴職場や日常生活ですぐに実践できる 内容です。
すすめ方講義・グループワーク等
ねらい①ストレスに対する知識を持つ
②自分自身が感じやすいストレス要因を知る、感情をコントロール出来るようになる
プログラム内容

1.オリエンテーション

2.ストレスとは

3.行動傾向とストレス

4.まとめ・質疑応答

講師名ニイヅマトモコ 新妻 朋子
<講師プロフィール>
大学卒業後大手監査法人の代表、在阪民間放送局の社長秘書として勤務。上場ITベンチャー企業の人事総務部にて採用、社内研修、秘書育成を担当する。大手ホテル内会員制サロンのコンセルジュとしてコンセルジュ採用と教育を担当。その後、企業研修、大学、専門学校で講師をつとめる。
マナープロトコール検定2級、 ビジネス文書検定1級、 秘書検定2級、 サービス接遇検定1級、 SPトランプインストラクター、 NTCF認定チーミングリーダー養成講座修了、 PHPコーチング研修ベーシックコース修了 等の資格を持つ。
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 110KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925
プログラム名 行政機関向け 
“スピーチ力” UP講座
研修日数1日間
研修対象新入社員(職員) / 中堅社員(職員) / 若手社員(職員)
特徴単に知識を得るだけではなく、 実践を通じての気付きを得ることができます。
すすめ方講義、ワーク、グループ討議、実習など
ねらい①人前で話す際の心構えを学ぶ
②聞き手の理解度に沿って話すスキルを身に着ける
③聞き手からの共感・信頼を得、話し手が期待する行動をしてもらえるようになる。
プログラム内容

1.研修の目的・今日の目標

2.“話す”と“伝える”

~声には人を動かす力がある~

(1)聞き取りやすい言葉を発するために

(2)声の表情

(3)「伝える」と「伝わる」

3.魅せ方

~「あなたの話を聞きたい!任せたい!」信頼を勝ち取る方法~

(1)第一印象が勝負の別れ目

(2)相手はどこを見ているか

4.聞き手とのコミュニケーション

~聞き手をだれ一人として置いていかない~

(1)聞き手とのキャッチボール

(2)ペーシング

5.聞き手を味方につけるコツ

~これで本番は怖くない!!~

(1)とっても簡単な3つのコツ

6.実践

7.まとめ

~“きれい”に話す必要はない~

講師名アンドウエツコ 安藤 悦子
<講師プロフィール>
1991年ローム株式会社に入社。受付に配属されその後人事部に異動。主に採用業務、また研修や昇進・昇格業務にも携わる。

2002年退職後、2004年から前職の経験を活かし主に企業や自治体、また病院などで各種研修・セミナーの講師を務める。

キャリアコンサルタント、産業カウンセラー、中国語検定3級 などの資格を持つ。
『強い組織は人財にあり』『働くすべての人を笑顔に!』をモットーに仕事・働くことの楽しさを伝えるべく日々活躍中。

2016年より大津市女性活躍推進アドバイザー。
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 132KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925
プログラム名 行政機関向け 
アサーティブコミュニケーション
研修日数1日間
研修対象新入社員(職員) / 経営幹部(幹部候補) / 管理・監督者 / 中堅社員(職員) / 若手社員(職員)
特徴受講者同士で実際に、コミュニケー ションを取りながら進めていきます。
すすめ方講義、ペアでのコミュニケーション実践、ロールプレイング 等
ねらい自分の尊厳も相手の尊厳も大切にするコミュニケーションの考え方とスキルである『アサーション』に重点を置き、お互いが気持ちの良いコミュニケーションがとれ、信頼関係が築けるようになることを目的とします。
プログラム内容

1.研修の目的・今日の目標

 

2.コミュニケーションの基本

(1)コミュニケーションとは

(2)職場でのコミュニケーションの目的

3.アサーションとは

・3つのタイプ

4.コミュニケーションパターンの把握

(1)自分の思い込みの把握

(2)自分のコミュニケーションパターンの把握

5.信頼関係を築くコミュニケーション

(1)相手との違いを把握する

(2)信頼を得る聴き方

(3)納得してもらえる伝え方

 

6.目・耳・心で捉えるコミュニケーション

(1)言葉以外のコミュニケーションの重要性

(2)相手はどこをみているのか

7.ロールプレイング

8.まとめ

~意味は聞き手が決める~

講師名アンドウエツコ 安藤 悦子
<講師プロフィール>
1991年ローム株式会社に入社。受付に配属されその後人事部に異動。主に採用業務、また研修や昇進・昇格業務にも携わる。

2002年退職後、2004年から前職の経験を活かし主に企業や自治体、また病院などで各種研修・セミナーの講師を務める。

キャリアコンサルタント、産業カウンセラー、中国語検定3級 などの資格を持つ。
『強い組織は人財にあり』『働くすべての人を笑顔に!』をモットーに仕事・働くことの楽しさを伝えるべく日々活躍中。

2016年より大津市女性活躍推進アドバイザー。
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 117KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925
プログラム名 行政機関向け 
情報共有力向上研修
研修日数1日間
研修対象新入社員(職員) / 管理・監督者 / 中堅社員(職員) / 若手社員(職員)
特徴情報共有力の基礎項目に加え、マスコミ経験者ならではの事例も紹介します。多彩なワークや実例紹介を織り交ぜ、受講者のスキル向上をサポートします。
すすめ方講義、筆記ワーク、グループワーク、発表ワーク等
ねらい職員の不祥事対応や災害対策など、行政に求められる危機管理能力とマスコミ対応力の基礎を学びます。模擬記者会見等の演習を等して報道陣の視点を学ぶとともに危機発生時に適確に対処できるようなスキル習得を図ります。



プログラム内容

オリエンテーション
1.情報共有力 概論
・情報共有力とは
・事例紹介

2.情報共有の意義(1)
・ゴールイメージ、マインド等の共有
・事例紹介

3.情報共有の意義(2)
・リソース、ノウハの共有
・課題の共有

4.情報共有 実践編 ~伝わる話し方~
・話の組み立て方、会話術、非言語情報

5.情報共有 実践編 ~環境調整・場づくりのヒント~
・事例紹介

6.情報共有 実践編 ~育成術・モチベーション・企画案~

ポイントチェック、フィードバック

講師名タカギケイジロウ 高木 圭二郎
<講師プロフィール>
一般社団法人日本経営協会講師。フリーアナウンサー。
マスコミ対応・危機管理、メディアトレーニング、広報PR、企画力向上、ビジネスコミュニケーション、プレゼンスキル等をテーマに多数の自治体や企業で研修を実施。
 講師は茨城県内の記者クラブ取材や数々の災害報道を経験しており、具体的な実例を説得力を持ってお伝えするスタイルに定評があります。
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 158KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925
プログラム名 行政機関向け 
広報力向上研修
研修日数2〜4時間
研修対象中堅社員(職員) / 若手社員(職員)
特徴広報・PRの基礎項目のレクチャーと実例紹介、プレスリリース作成ワークを通じ受講者の情報 発信力向上をサポートします。
すすめ方講義・グループワーク 等
ねらい広報力向上を目的とした広報・PR研修です。マスコミの視点を知り、取材につながるプレスリリースの作成ポイントを把握し、より効果的な情報発信の手法を習得します。


プログラム内容

オリエンテーション
1.広報PR とプレス向け情報
・プレスリリースは効果を生むか
・広報PR基礎講義
・パブリシティとは
・記者、取材者の視点を知る

2.取材につながるプレスリリース
・公的機関向け広報戦略
・ローカルにおける広報事例

3.マスコミを知る・マスコミ対応を知る
・マスコミ対応ポイント
・記者の質問パターン

4.情報を活かす広報戦略
・公的機関向け広報せんりゃク
・ローカルにおける広報事例

5.WEB時代の広報戦略
・動画活用、WEBサービス活用事例
・広報戦略の要注意点
・マスコミ対応 話し方・説明のポイント

講師名タカギケイジロウ 高木 圭二郎
<講師プロフィール>
一般社団法人日本経営協会講師。フリーアナウンサー。
マスコミ対応・危機管理、メディアトレーニング、広報PR、企画力向上、ビジネスコミュニケーション、プレゼンスキル等をテーマに多数の自治体や企業で研修を実施。
 講師は茨城県内の記者クラブ取材や数々の災害報道を経験しており、具体的な実例を説得力を持ってお伝えするスタイルに定評があります。
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 138KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925

関西本部 06-6443-6961

〒550-0004
大阪市西区靱本町1-8-4
(大阪科学技術センタービル)