お問い合わせ

私達は、公開セミナー、各種研修・コンサルティングを複合したサービスで人材育成と組織風土改革に寄与します。

プログラム名 行政機関向け 
経営分析
研修日数2日間
研修対象未指定
特徴豊富な演習を用いて、経営分析についての 知識をしっかりと身につけられる研修です。
すすめ方講義、演習 等
ねらい① 法人の財務上の重要な事実を決算書から読み解くコツを学ぶ。
② 経営の実態を要領よく把握する能力を身につける。
プログラム内容

(1日目)

1.アカウンティングの基礎・制度会計と管理会計

・ステークホールダーと会計

・フローとストックの理解が基本

・簡単な決算書作成演習  など

 

2.貸借対照表を理解する・貸借対照表の構造とは

・調達と運用、真の経営的意味

・流動性は誤解だらけ

・運転資金構造の理解

・良い借入と悪い借入  など

 

3.損益計算書の本質的理解

・収益と費用

・費用と原価

・損益計算書の基本構造

・営業利益と経常利益の本質的差異

・EBIT、EBITDA、NOPAT

・デュポンシステム

・資本コストとROA、ROE、ROIC  など

 

(2日目)

4.キャッシュフローで重要なこと

・損益とキャッシュフロー

・黒字巨大倒産の実態
・ 資金循環不全の分析

・キャッシュフローバランスと騎乗実態

・適正投資規模の判定基準  など

 

5.セグメント別分析

 

6.CVP分析=収益安定性の分析

・分析の本質はシミュレーションにある

・収益安定性の意味と分析 営業レバレッジ、損益分岐点比率

・収益構造の違いと経営課題

 

7.決算分析総合演習

 

まとめ

 

※あくまで一例です。実際にはご希望に応じて個別設計いたします

講師名サキライミチヒロ 櫻井 道裕
<講師プロフィール>
米国公認管理会計士(CMA)、一般社団法人日本管理会計教育協会代表理事、IMA(米国管理会計士協会)西日本支部
プレジデント

管理会計(原価計算、原価管理、部門別業績管理、設備投資評価など)、経営診断(財務分析、戦略評価、賃金分析、オペレーション評価など)、経営計画策定(戦略構築、戦略進捗マネジメント、財務計画など)、業務改革(戦略に連動した根本的な業務改革)をテーマにコンサルティング・研修を実施。

著書に『会計モンスター』 『ミスター管理会計』 『ザ・分析マスター』 『計数管理のプロフェッショナルに聞け!』 『社長、その数字の使い方は間違ってます! 管理会計スタッフ奮闘記』 『業績評価制度の導入・運用のしかた』などがある。

日本管理会計学会会員、米国管理会計士協会会員、製造分野企業の非常勤監査役。
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 168KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925

関西本部 06-6443-6961

〒550-0004
大阪市西区靱本町1-8-4
(大阪科学技術センタービル)