お問い合わせ

私達は、公開セミナー、各種研修・コンサルティングを複合したサービスで人材育成と組織風土改革に寄与します。

プログラム名 行政機関向け 
フォロワーシップ研修
研修日数1日間
研修対象管理・監督者 / 中堅社員(職員)
特徴職場へのよりよい影響力を身につけます。
すすめ方講義、グループワーク、個人ワーク
ねらいフォロワーシップを正しく理解し、提言力等フォロワーシップの発揮方法を身に着ける。また、フォロワーシップにつながる能力の向上をはかる。

プログラム内容

■オリエンテーション

1.フォロワーシップの理解

1)フォロワーシップの5つのタイプ

2)善玉フォロワーと悪玉フォロワー

3)フォロワーシップの基本的機能

2.フォロワーシップの発揮

1)上長を支える行動とは・・・

2)部下・後輩に対するフォロワーシップ

3)ベースとなる信頼関係の構築

3.フォロワーシップの成果「提言力」

1)健全な批判思考

2)柔軟で戦略視点の思考

4.フォロワーシップの基本能力「情報把握力」と「分析力」

1)現状の把握と伝達に必要なこと

2)これだけは押さえておきたい論理思考

3)「思い込み」からの脱却

■まとめ講義

講師名ニシジマエイジ 西嶋 衞司
<講師プロフィール>
一般社団法人日本経営協会講師。中小企業診断士。

キャリア開発、政策形成、問題発見・課題解決、戦略・マーケティング、コミュニケーションマネジメント、企画構想力強化、各階層別研修、マネジメント、目標管理、モチベーション管理、組織力強化などのテーマで企業や自治体に多数出講。

「時代にマッチした戦略+人口減少時代のしくみ構築+職員のやる気アップ」を、それぞれの団体にカスタマイズして実現し、パフォーマンスの向上を図ります。

現在、経営コンサルタントとして、経営・営業や人材育成を行いながら、研修講師として活躍中。
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 141KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925
プログラム名 行政機関向け 
チーム力向上(1日版)
研修日数1日間
研修対象管理・監督者
特徴印象的なプログラムが「おもしろい!」と 好評。学びが定着しやすく、リピートが 多い講師です。
すすめ方講義、演習(先端共同実験ワークショップデザイン 、ヒーローインタビュー 、ロールプレイング など多数等)
ねらい①課題を共有し、メンバーとの相互学習によって、現場のチーム力を高めるための方法を学びます。
②自分とメンバーの力を最大限に活かすためのコーチングやファシリテーション(コミュニケーション)の手法を学びます。

プログラム内容

1.オリエンテーション

2.虹を超えて

3.コミュニケーションの見直し

4.先端協働実験ワークショップ

5.ブレイン・ストーミング

6.ヒーローインタビュー

7.振り返り

8.まとめ・アクションプラン

講師名ホンマナオト 本間 直人
<講師プロフィール>
講演活動では、コミュニケーション、ファシリテーション、コーチングのほか、創造的問題解決支援講座、自発性向上研修など、人と組織の活性化について、講演、研修講師として定評がある。

笑いあふれる参加型研修が特徴。

著作物には『チーム力をつくる3ステップ』 『コーチングに強くなる本・応用編』(本間正人と共著)がある。
また、DVD 「自己突破型スタッフ育成講座」を作成・出演している。
九州工業大学大学院博士後期課程 単位取得退学 情報工学修士。
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 122KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925
プログラム名 行政機関向け 
コーチング研修
研修日数1日間
研修対象管理・監督者
特徴部下育成にかかわる職員の方が  身に着けるべきスキルや知識について 実践的に学べる研修です。
すすめ方講義、演習(コミュニケーションの見直し人物観察ゲーム、ロールプレイ等)
ねらい自分と相手、双方の個性を活かしながら部下指導ができるよう、コーチングの基礎スキル・知識を身につける。

プログラム内容

1オリエンテーション

(1)参加の目的                (2)コーチング=信・認・任の重要性

(3)コーチングとは何か           (4)参加型研修にあたって

2 コミュニケーションの見直し人物観察ゲーム

~コミュニケーションの3つの機能~

(1)理解を増やす                (2)人間関係に影響を与える

(3)信頼関係を築く

3 アイデンティティ・ポートフォリオ

4 虹をこえて

5 言語コミュニケーションのポイント

6 コミュニケーションTIPS

7 傾聴のスキル,質問のスキル

8 目標の設定

9 「ほめ活かし,ほめ育て」

10 効果的な叱り方

11 ロールプレイ

12 戦略的発想

13 ブレイン・ストーミング

14 アクション・プログラム

15 プレゼンテーションの技術8W4H

16 フレームづくり

【その他】キャリアデザインについて

講師名ホンマナオト 本間 直人
<講師プロフィール>
講演活動では、コミュニケーション、ファシリテーション、コーチングのほか、創造的問題解決支援講座、自発性向上研修など、人と組織の活性化について、講演、研修講師として定評がある。

笑いあふれる参加型研修が特徴。

著作物には『チーム力をつくる3ステップ』 『コーチングに強くなる本・応用編』(本間正人と共著)がある。
また、DVD 「自己突破型スタッフ育成講座」を作成・出演している。
九州工業大学大学院博士後期課程 単位取得退学 情報工学修士。
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 121KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925
プログラム名 行政機関向け 
職場環境を改善する コミュニケーション
研修日数1日間
研修対象中堅社員(職員) / 若手社員(職員)
特徴グループワークでは積極的にコミュニケー ションが取りやすいような雰囲気づくりを 行います。
すすめ方講義、演習 等
ねらい①コミュニケーション力を高めることで、職場でのストレスが軽減することを理解する。
②コミュニケーションに欠かせない「聞く力」「話す力」「書く力」の基本を身につける。
③「認める力」を鍛えながら「職場での和」づくりに努め、連携して効率よく仕事を進められる。

プログラム内容

自己紹介・アイスブレイク

1.コミュニケーションとは

①トラブル・クレームを招く人

②「話す力」「聞く力」「書く力」の相乗効果

 

2.「話す」コミュニケーション

①話の構成

②印象管理

③話し下手からの脱却

④「伝える」から「伝わる」へ

 

3.「書く」コミュニケーション

①用途に応じて変わる書き方

②内容の薄い文章からの脱却

③「届ける」から「届く」へ

 

4.「聞く」コミュニケーション

①3つの聞き方

②傾聴の4つの技法

③「聞き上手」が「話し上手」を育てる

 

5.「認める」コミュニケーション

①誉める・認める

②叱る

③やる気を引き出すコミュニケーション

 

まとめ

講師名ナカジマミチル 中島 みちる
<講師プロフィール>
キャリアデザイン研修(女性活躍推進関連)、ビジネス文書研修、 文章力指導、 企画書作成研修、説明力・説得力研修、プレゼンテーション研修などをテーマに出講中。 

関西を中心に、幼稚園・保育園・小学校などを中心に子育ち講演会を開催。様々な自治体から委託を受け「少子化対策事業」「女性活躍推進事業」「まち・ひと・しごと創生事業」 「高校生・大学生ライフデザイン啓発事業」等に関わる。

現在、林成之式育脳メソッド認定育脳インストラクター、滋賀地方自治研究センター理事、NPO法人ほんわかハート理事を務める。

JST指導者の資格を持つ。
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 168KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925
プログラム名 行政機関向け 
情報共有力向上研修
研修日数1日間
研修対象新入社員(職員) / 管理・監督者 / 中堅社員(職員) / 若手社員(職員)
特徴情報共有力の基礎項目に加え、マスコミ経験者ならではの事例も紹介します。多彩なワークや実例紹介を織り交ぜ、受講者のスキル向上をサポートします。
すすめ方講義、筆記ワーク、グループワーク、発表ワーク等
ねらい職員の不祥事対応や災害対策など、行政に求められる危機管理能力とマスコミ対応力の基礎を学びます。模擬記者会見等の演習を等して報道陣の視点を学ぶとともに危機発生時に適確に対処できるようなスキル習得を図ります。



プログラム内容

オリエンテーション
1.情報共有力 概論
・情報共有力とは
・事例紹介

2.情報共有の意義(1)
・ゴールイメージ、マインド等の共有
・事例紹介

3.情報共有の意義(2)
・リソース、ノウハの共有
・課題の共有

4.情報共有 実践編 ~伝わる話し方~
・話の組み立て方、会話術、非言語情報

5.情報共有 実践編 ~環境調整・場づくりのヒント~
・事例紹介

6.情報共有 実践編 ~育成術・モチベーション・企画案~

ポイントチェック、フィードバック

講師名タカギケイジロウ 高木 圭二郎
<講師プロフィール>
一般社団法人日本経営協会講師。フリーアナウンサー。
マスコミ対応・危機管理、メディアトレーニング、広報PR、企画力向上、ビジネスコミュニケーション、プレゼンスキル等をテーマに多数の自治体や企業で研修を実施。
 講師は茨城県内の記者クラブ取材や数々の災害報道を経験しており、具体的な実例を説得力を持ってお伝えするスタイルに定評があります。
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 158KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925
プログラム名 行政機関向け 
研修指導者スキルアップ
研修日数1日間
研修対象中堅社員(職員)
特徴元ラジオ局アナウンサー・報道記者による研修指導者フォロー研修です。
すすめ方講義・グループワーク 等
ねらい職場内の研修指導者・講師向けのスキルアップ研修です。職場内講師の役割を再認識し、研修指導技術の向上を図る内容となっています。


 

プログラム内容

オリエンテーション

1.研修指導概論 研修講師の役割・内部講師の役割
・研修の意義・主役の確認
・内部講師の使命、心構え

2.研修実践手法 講義の効果的な進め方
・研修シナリオ構成ポイント
・会場設営、講師の立ち位置
・教え方の手法

3.講師のための伝わる話し方
・話の組み立て方

4.アイスブレイクの手法 効果的な取り入れ方
・アイスブレイク 意義・目的/実施時の注意事項

5.研修とファシリテーション ゲーム型の研修事例
・研修でのファシリテーションの意義

6.スピーチワーク+フィードバック

7.ポイント指導・補足説明

講師名タカギケイジロウ 高木 圭二郎
<講師プロフィール>
一般社団法人日本経営協会講師。フリーアナウンサー。
マスコミ対応・危機管理、メディアトレーニング、広報PR、企画力向上、ビジネスコミュニケーション、プレゼンスキル等をテーマに多数の自治体や企業で研修を実施。
 講師は茨城県内の記者クラブ取材や数々の災害報道を経験しており、具体的な実例を説得力を持ってお伝えするスタイルに定評があります。
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 144KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925
プログラム名 行政機関向け 
職場マネジメント研修
研修日数1日間
研修対象経営幹部(幹部候補) / 管理・監督者
特徴講師は、市役所在籍時代の行政経験(行革 や職員研修等を担当)に加え、日本経営品質賞 の関係でも多数民間組織との交流や企業経営 革新支援を通じて得た「現場発の知見」が豊富 です。解説もわかりやすく、楽しく学べます。
すすめ方講義・グループワーク等
ねらい①管理職として目指すべき姿・使命について再確認する。
②実務経験を振り返り、自らのマネジメント傾向を知る。
③職場マネジメント・部下育成のポイントを理解し、自職場での実践につなげる。


プログラム内容

まずは原点に立ち返ろう

・目指すべき職員像

・目指すべき組織像 の確認

管理職の役割把握と、自身の振り返り

(1)管理職が果たすべき役割を理解する

①自身の業務の遂行  ②チームをマネジメントする

③上司を補佐する    ④関係部署と連携する

⑤庁外関係者との関係構築  ⑥自己啓発

(2)自身のマネジメントの傾向を知る

・モチベーショングラフ  ・レーダーチャート

・KPT(継続/改善/挑戦する項目整理表)の作成

職場のマネジメント

(1)マネジメントの基本の再確認

・部下への指示     ・チームの指揮

(2)管理職として更に成長するために

・「マネージャー」から「リーダー」へ

・経営感覚の習得に参考となる「日本経営品質賞

アセスメント基準」

(3)職場風土の改善につながるマネジメント

・組織風土の正体      ・問われるのは「真摯さ」

・風土を改善する5つの条件

部下の育成

(1)部下育成手法の再確認

(2)部下の主体性を引き出す育成手法(対話の重要性)

よき組織の実例に学ぶ

・日本経営品質賞受賞企業の経営現場のDVDを視聴

講師名トヨシマヒデアキ 豊島 英明 
<講師プロフィール>
1988年度神戸市役所入庁。住宅局(経理)、市長室(報道・ラジオ番組)、神戸港埠頭公社(経理・企業誘致)、行財政局(経営品質・行政評価)、北区役所まちづくり推進課長、職員研修所長、市長室国際課長、みなと総局企業誘致担当部長を経て、2018年度早期退職。

自ら講師となり自治体に経営品質の考え方を普及するため起業し、合同会社創発研修ラボ豊島屋を2019年設立(経営品質協議会認定セルフアセッサー資格取得)。神戸学院大学客員教授、早稲田大学招聘研究員。

著書に、『行政経営改革入門』『政策評価手法』『自治体バランス・スコアカード』『自治体職員がみたイギリス』『行政の質を高める8つの基準』など。
神戸市在職中の講師歴として、同志社大学社会人大学院非常勤講師、全国自治体・民間企業など多数。
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 543KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925
プログラム名 行政機関向け 
モチベーションマネジメント
研修日数2〜4時間
研修対象管理・監督者
特徴受講者が相互に学び気づきあえる よう、個人演習と2~3人での意見交換 も数回実施し、研修内容の理解向上を 図ります
すすめ方講義、演習 等
ねらい・管理職に求められる、「人材育成」の重要性を再認識する
・部下の仕事の仕方を変え、モチベーションを向上させるスキルを学ぶ
・「自ら考え、自ら行動する」部下へ育成するコミュニケーションスキルを学ぶ




プログラム内容

1.管理職の役割と期待

2.部下のモチベーション向上させるには

3.コミュニケーションスキルを活用した部下育成

4.まとめと質疑応答

講師名アイチテルヨシ 愛知  輝義
<講師プロフィール>
大手住宅メーカーで約20年人事の仕事にたずさわる。人事担当マネージャーとして組織人事、労政、採用、人材開発、研修などを行う。2003年に人事コンサルタントとして独立。

大阪生まれ 大阪大学大学院人間科学研究科修了。

ビジネスコーチ・産業カウンセラー・心理相談員などの資格を持つ。

リーフレット(PDF)ダウンロード(約 122KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925
プログラム名 行政機関向け 
OJTトレーナー研修
研修日数2〜4時間
研修対象管理・監督者 / 中堅社員(職員) / 若手社員(職員)
特徴体験を重視した、演習中心の 自ら考える、参加者主体の研修を実施します。
すすめ方講義、演習 等
ねらい ①部下(若手)育成担当者に求められる役割・期待を理解する。
 ②部下育成力・後輩指導力に繋がるOJTのポイントを学ぶ。



プログラム内容

1.オリエンテーション

2.部下、後輩指導のポイント

3.自立した職員を育成するために

4.OJTトレーナーとしての部下への対処

講師名アイチテルヨシ 愛知  輝義
<講師プロフィール>
大手住宅メーカーで約20年人事の仕事にたずさわる。人事担当マネージャーとして組織人事、労政、採用、人材開発、研修などを行う。2003年に人事コンサルタントとして独立。

大阪生まれ 大阪大学大学院人間科学研究科修了。

ビジネスコーチ・産業カウンセラー・心理相談員などの資格を持つ。

リーフレット(PDF)ダウンロード(約 123KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925
プログラム名 行政機関向け 
指導者育成研修
研修日数2〜4時間
研修対象管理・監督者
特徴職員を育成するうえでの心構えから、 実践的なスキルまで身に着けられる研修です。
すすめ方講義・グループワーク等
ねらい ①円滑な職場内ミュニケーションの重要性を再認識し、上司としての関わり方を学ぶ
 ②職員のモチベーションアップと成長を促す効果的な部下(新採職員)指導育成の方法を学ぶ

プログラム内容

■オリエンテーション・アイスブレイク

◇本日の研修のねらい ◇管理監督職の立場と役割

 

1.職場の風土作り:円滑な職場内コミュニケーション

(1)ビジネスコミュニケ―ションの目的と重要性

(2)円滑な職場内コミュニケーションの基本ポイントと実習

 

2.効果的なOJTの方法

~職員の成長を促す効果的な指導育成~

(1)OJTの目的と目標   (2)上司としての心構え

(3)やる気を引き出す3大ストローク

(4)OJTの基本ステップ

(5)OJTの基本スキル実習

 

3.まとめと行動目標設定

(1)研修の振り返りと自己目標設定

(2)グループ内共有化

(3)各班による代表発表→全体共有

まとめ

講師名アサオアツコ 浅尾 京子
<講師プロフィール>
日本航空株式会社国際線客室乗務員として入社。JALアカデミー株式会社接遇コミュニケーションインストラクターとして入社。24 年間講師として人財育成に取り組む。その後独立し、現在に至る。
現在、スキルだけに留まらず、総合的な人間力を育てることをモットーに、各種企業・団体において新人研修から管理職研修まで幅広く担当し、人財の育成に取り組む。
認定レジリエンス・トレーニング講師、アンガーマネジメントファシリテーター、TA(交流分析学)交流分析士1級、サンタフェNLPトレーナー、パーソナルカラーコンサルタント1級認定アナリスト、KMC認定カウンセラー、トータルコミュニケーション上級インストラクター等の資格を持つ
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 128KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925

関西本部 06-6443-6961

〒550-0004
大阪市西区靱本町1-8-4
(大阪科学技術センタービル)