「行政機関向け,新入社員(職員),経営幹部(幹部候補),管理・監督者,中堅社員(職員),若手社員(職員)」の条件による検索結果 188 件

プログラム名 講師名
特徴 ねらい 概要 すすめ方
研修指導者スキルアップ  行政機関向け   タカギケイジロウ 高木 圭二郎
(特徴)
元ラジオ局アナウンサー・報道記者による研修指導者フォロー研修です。
(ねらい)
職場内の研修指導者・講師向けのスキルアップ研修です。職場内講師の役割を再認識し、研修指導技術の向上を図る内容となっています。


 

(概要)
オリエンテーション
1.研修指導概論 研修講師の役割・内部講師の役割
2.研修実践手法 講義の効果的な進め方
3.講師のための伝わる話し方
4.アイスブレイクの手法 効果的な取り入れ方
5.研修とファシリテーション ゲーム型の研修事例
6.スピーチワーク+フィードバック
7.ポイント指導・補足説明
(すすめ方)
講義・グループワーク 等
広報力向上研修  行政機関向け   タカギケイジロウ 高木 圭二郎
(特徴)
広報・PRの基礎項目のレクチャーと実例紹介、プレスリリース作成ワークを通じ受講者の情報 発信力向上をサポートします。
(ねらい)
広報力向上を目的とした広報・PR研修です。マスコミの視点を知り、取材につながるプレスリリースの作成ポイントを把握し、より効果的な情報発信の手法を習得します。


(概要)
オリエンテーション
1.広報PR とプレス向け情報
2.取材につながるプレスリリース
3.マスコミを知る・マスコミ対応を知る
4.情報を活かす広報戦略
5.WEB時代の広報戦略
(すすめ方)
講義・グループワーク 等
情報共有力向上研修  行政機関向け   タカギケイジロウ 高木 圭二郎
(特徴)
情報共有力の基礎項目に加え、マスコミ経験者ならではの事例も紹介します。多彩なワークや実例紹介を織り交ぜ、受講者のスキル向上をサポートします。
(ねらい)
職員の不祥事対応や災害対策など、行政に求められる危機管理能力とマスコミ対応力の基礎を学びます。模擬記者会見等の演習を等して報道陣の視点を学ぶとともに危機発生時に適確に対処できるようなスキル習得を図ります。



(概要)
オリエンテーション
1.情報共有力 概論
2.情報共有の意義(1)
3.情報共有の意義(2)
4.情報共有 実践編 ~伝わる話し方~
5.情報共有 実践編 ~環境調整・場づくりのヒント~
6.情報共有 実践編 ~育成術・モチベーション・企画案~
ポイントチェック、フィードバック
(すすめ方)
講義、筆記ワーク、グループワーク、発表ワーク等
アサーティブコミュニケーション  行政機関向け   アンドウエツコ 安藤 悦子
(特徴)
受講者同士で実際に、コミュニケー ションを取りながら進めていきます。
(ねらい)
自分の尊厳も相手の尊厳も大切にするコミュニケーションの考え方とスキルである『アサーション』に重点を置き、お互いが気持ちの良いコミュニケーションがとれ、信頼関係が築けるようになることを目的とします。
(概要)
1.研修の目的・今日の目標
2.コミュニケーションの基本  
3.アサーションとは
4.コミュニケーションパターンの把握
5.信頼関係を築くコミュニケーション
6.目・耳・心で捉えるコミュニケーション
7.ロールプレイング
8.まとめ  ~意味は聞き手が決める~
(すすめ方)
講義、ペアでのコミュニケーション実践、ロールプレイング 等
“スピーチ力” UP講座  行政機関向け   アンドウエツコ 安藤 悦子
(特徴)
単に知識を得るだけではなく、 実践を通じての気付きを得ることができます。
(ねらい)
①人前で話す際の心構えを学ぶ
②聞き手の理解度に沿って話すスキルを身に着ける
③聞き手からの共感・信頼を得、話し手が期待する行動をしてもらえるようになる。
(概要)
1.研修の目的・今日の目標
2.“話す”と“伝える”
3.魅せ方
4.聞き手とのコミュニケーション
5.聞き手を味方につけるコツ
6.実践
7.まとめ
(すすめ方)
講義、ワーク、グループ討議、実習など
新規採用職員研修  行政機関向け   アンドウエツコ 安藤 悦子
(特徴)
単に知識を得るだけではなく、 他の職員の方との交流を通じての気付きを 得ることができます。
(ねらい)
①社会人・公務員として何が必要かを考えながら行動できるようになる。
②社会人として求められる仕事の進め方・職場でのコミュニケーションのとり方を学ぶ。
③組織で期待されている役割を認識しながら仕事をすすめることができるようになる。
(概要)
1. 社会人/公務員としての心構え
2. ビジネスマナーの基本姿勢
3. 仕事の進め方 
4. 人間関係とコミュニケーション
(すすめ方)
講義、ペアワーク、グループ討議、実習など
ストレスコントロール研修  行政機関向け   ニイヅマトモコ 新妻 朋子
(特徴)
職場や日常生活ですぐに実践できる 内容です。
(ねらい)
①ストレスに対する知識を持つ
②自分自身が感じやすいストレス要因を知る、感情をコントロール出来るようになる
(概要)
リーフレットをご参照ください。
(すすめ方)
講義・グループワーク等
タイプ別コミュニケーション研修  行政機関向け   ニイヅマトモコ 新妻 朋子
(特徴)
自己理解を深め、さらに他者理解を深めることで組織内でのコミュニケーションの質を高めます。
(ねらい)
 ①自分自身のタイプを理解する
 ②効果的な他者対応を知る
 ③タイプ理解を部下・後輩の育成に活かす

(概要)
リーフレットをご参照ください。
(すすめ方)
講義、ロールプレイング、SPトランプを使用したカードワーク等
イクボス研修  行政機関向け   ナカジマミチル 中島 みちる
(特徴)
実体験をもとにした内容には説得力が あります。
(ねらい)
①イクボスが求められる背景を理解し、働き方の見直しは喫緊の施策であると認識する。
②働き方の多様性が求められる現状を正しく理解し、ダイバーシティの取り組みを率先垂範する。
③ワーク・ライフ・バランスの実現を図ることで、仕事のダンドリ力が磨かれ、自ずと生産性が上がることを知る。

(概要)
自己紹介・アイスブレイク
1.働く環境は変化している
2.組織で「キャリア」意識を調える
3.生産性の高い働き方に欠かせないもの
4.まとめ
(すすめ方)
講義、演習 等
職場環境を改善する コミュニケーション  行政機関向け   ナカジマミチル 中島 みちる
(特徴)
グループワークでは積極的にコミュニケー ションが取りやすいような雰囲気づくりを 行います。
(ねらい)
①コミュニケーション力を高めることで、職場でのストレスが軽減することを理解する。
②コミュニケーションに欠かせない「聞く力」「話す力」「書く力」の基本を身につける。
③「認める力」を鍛えながら「職場での和」づくりに努め、連携して効率よく仕事を進められる。

(概要)
自己紹介・アイスブレイク
1.コミュニケーションとは
2.「話す」コミュニケーション
3.「書く」コミュニケーション
4.「聞く」コミュニケーション
5.「認める」コミュニケーション
まとめ
(すすめ方)
講義、演習 等
受講したい(講師の派遣を希望する)プログラムを検索できます。
下記の検索条件を選んで絞り込んでください。
カテゴリー:
トピックス:
研修対象:
テーマ別:
専門スキル:
講師名:
ねらい:
フリーワード:
研修日数:
タグ: