「行政機関向け,新入社員(職員),経営幹部(幹部候補),管理・監督者,中堅社員(職員),若手社員(職員)」の条件による検索結果 188 件

プログラム名 講師名
特徴 ねらい 概要 すすめ方
プロジェクトマネジメント  行政機関向け   イトウヤスシ 伊藤  靖
(特徴)
カレー作りを題材に業務のさばき方を楽しみ ながら学んでいただけます。 使う理論も国際標準規格PMBOKで、様々な 業務に応用できます。
(ねらい)
① プロジェクトマネジメントを学び、期限のある業務で最大限の成果を得るための考え方や行動のしかたを身につける。
② PDCAサイクルを回しながら自発的に業務の進捗管理する手法を習得する。
③ 事業の立ち上げから、計画、実行、監視、終結に至るプロジェクトの一連の流れを計画策定を踏まえてわかりやすく学ぶ。
(概要)
1.プロジェクトマネジメントとは
2.プロジェクトマネジメントを理論
3.プロジェクトマネジメントを理論とプロセスを学ぶⅡ
4.プロジェクトマネジメントを業務に生かす
(すすめ方)
講義・討議に加え、「デイキャンプでのカレー作りプロジェクト」を題材として、プロジェクトマネジメントの理論とプロセスを学びます。
住民協働と パートナーシップ  行政機関向け   コムロクニオ 小室 邦夫
(特徴)
自治体で活躍していた経験のある講師が指導します。住民との様々な協働の事例を紹介しながら、合意形成の勘所を学んでいただけます。
(ねらい)
①協働の必要性を理解し、住民とのパートナーシップのあり方について学ぶ。
②協働の意義と役割を理解しよりよい協働を実践するために、自治体職員に求められる能力の習得を図る。
(概要)
1.協働の今日的意義
2.協働実践のアプローチ
3.協働実践シミュレーション
4.協働コミュニケーションの実践
5.パートナーシップ型行政をめざして
(すすめ方)
講義、演習 等
先読み仕事術  行政機関向け   キタガワカズエ 北川  和恵
(特徴)
段取り力を向上させ、生産性やコミュニケーションの向上・臨機応変に対応できる能力はもちろん、一歩先ゆく気がきく対応を習得します。
(ねらい)
効率の良い仕事の仕方や対応力を身につける。
(概要)
1.仕事の能力を高める3つの力
2.正しい仕事の基本とコツを掴んでおこう! 
3.「先読み仕事」で会社の利益に貢献する 
4.先読み社員はコミュニケーション上手
5.時間に追われるのではなく「仕事をマネジメント」する
(すすめ方)
講義、演習 等
ロジカルシンキング(中級)田原講師  行政機関向け   タハラケイコ 田原 圭子
(特徴)
体験・実践型の研修です。学んだことを言葉と 文字で表現することにより、確実に論理スキル が身につきます。
(ねらい)
①ロジカルシンキングの基礎を理解。
②相手の立場になって分析・整理し、何が問題(論点)になっているか理解し、原因を追究できるようになる。
③ 考えを論理的に問題を表現できるようになる。
(概要)
1.論理的思考
2.論理的思考の活用
3.ススタディ【グループ演習】
(すすめ方)
講義、演習 等
ロジカルシンキング(初級) 田原講師  行政機関向け   タハラケイコ 田原 圭子
(特徴)
体験・実践型の研修です。学んだことを言葉と 文字で表現することにより、確実に論理スキル が身につきます。
(ねらい)
①ロジカルシンキングの基礎を理解する。
②相手の立場になって分析・整理し、何が問題(論点)なのかを判断できる。
③ 考えを論理的に表現できるようになる。

(概要)
1.情報リテラシーを磨く
2.考え、まとめる力を付けるために
3.文章作成にあたって
(すすめ方)
講義、演習 等
ファシリテーション  行政機関向け   イサカヤスシゲ 井坂  泰成
(特徴)
・デモ会議体験 ・「深掘り質問」(ペアワーク) ・会議ファシリテーション実践演習、など実習を主体とした体験型の研修です。
(ねらい)
チームや会議においてメンバーの持つ様々な意見や視点を引き出し、共通の目標に向かって課題解決、合意形成を促進させるスキルを身につける。
(概要)
よくある会議の問題点、会議の必要性と種類、会議運営体制、会議の設計方法、傾聴・質問・介入・可視化等の基本スキル、「こんな時どうする?」、会議参加者による「隠れファシリテーション」、など
(すすめ方)
講義・グループワーク等を主体とした体験型
公共マーケティングと 政策形成  行政機関向け   ナカタニヤスシ 仲谷  康
(特徴)
まず基本的な内容を講義で学び、 グループ単位で作成したアンケートを 取り合い、集計していく実践的な内容 です。
(ねらい)
① 公共マーケティングを活かした政策形成ができるようになる。
② 政策を見る視点、アンケート作成から実施、代替案の企画立案まで実践的に理解する。
(概要)
(1日目)
1.公共マーケティング思考
2.公共政策立案と自治体の戦略
3.ユニークな公共政策立案を支える創造力の視点
4.プロファイリング

(2日目)
5.活動演習①
 6.公共マーケティング調査活動の基礎
7.活動演習②
8.活動演習③
 9.活動演習④
10.政策案プレゼンテーション

(すすめ方)
講義、演習 等
事業のビルドアンドスクラップ  行政機関向け  NEW ヒグチミチオ 樋口 満雄
(特徴)
自治体改革に向けての「挑戦と実践・失敗」 を職員として経験した講師です。実務経験 に基づいた研修をご期待ください。
(ねらい)
① 事業のスクラップと再配分・再構築の必要性を考える。
② 既存の事業について、将来を見据えた見直しをできるようになります。
(概要)
1. 事業スクラップ等の必要性
2. 財政逼迫要因と人口構造問題
3. 事業のスクラップ等の適正な視点・配慮すべきポイント
4. 行政改革の現在までの取組
5. 事例紹介
6. 時代の変化とサービス見直しの実践
7. まとめ
(すすめ方)
講義、演習 等
プロフェッショナル仕事術  行政機関向け   オカノカツシ 岡野 勝志
(特徴)
企画やコミュニケーションに精通し、多種 多様なテーマを守備範囲としている講師 ならではの仕事の作法です。特に20代・ 30代の方々におすすめします。
(ねらい)
① 仕事術を支えるヒューマンスキルが「考えること」と「コミュニケーション」であることを理解する。
② 仕事観・仕事の哲学・習慣形成から仕事の取り組み、迅速化、業務改善の技術が生まれる。
③ どの職種・業務にも共通する仕事の最大公約数的要素を講義と演習を通じて学ぶ。
(概要)
 
1. 仕事の哲学
2. 仕事の常識を変える
3. 仕事のスキルアップ
4. 仕事の道具と課題
5.プロの意識と業務改善
6.リーダーシップ仕事術
 
(すすめ方)
講義、演習 等
業務改善  行政機関向け   ユズリハタカシ 杠 隆 史
(特徴)
導入している自治体では、業務改善や問題解決による仕事の効率化、職員提案制度の活性化、人事評価制度との連動による組織目標の確実な達成、働き方改革への寄与など、多くの大きな効果も得られています。
(ねらい)
①業務改善のノウハウや姿勢を学び、職場で改善活動を実践できる。 
②たゆまぬ業務改善や問題解決・政策立案と実行ができるようになる。
③職員の意欲と能力を短期間で飛躍的に向上させる。
(概要)
(1日目)
1.業務改善に有効なアイ デア発想法 
2.まわりの期待に応える3つの能力
3.業務改善とは
4.業務改善の目的と対象
5.業務改善の基本姿勢
6.業務改善に役立つ問題解決の基本
7.業務改善に活用できる品質管理のものの見方・考え方
 8.業務改善のための問題発見の着眼点
 9.業務改善の事例研究
10.業務改善の実際 
11.職場での改善活動の実践
12.まとめ

(2日目)
1.改善成果の発表
2.総評 
3.研修のポイントの振り返り 
4.継続的な改善活動に向けて 
5.まとめ
(すすめ方)
講義、演習 等
受講したい(講師の派遣を希望する)プログラムを検索できます。
下記の検索条件を選んで絞り込んでください。
カテゴリー:
トピックス:
研修対象:
テーマ別:
専門スキル:
講師名:
ねらい:
フリーワード:
研修日数:
タグ: