お問い合わせ

【11月6日(金)】オンライン特別開催「リモートワーク時代の健康経営とダイバーシティマネジメント」<参加無料>

在宅勤務の生産性を高める
ヘルスリテラシーとマネジメントリテラシーの向上

開催にあたって

在宅勤務が中心になり、下記のようなお悩みを持つ社員が増えていませんか?

・運動量が減り、体重が増えた
・ウェブ会議が続き、ストレスや疲れを感じる
・人とのコミュニケーションが減った
・ダイバーシティマネジメントのスキルがますます必要になってきた


企業の持続的成長を実現するために、「健康経営」は重要な観点です。社員の健康増進に投資することにより、業績や企業価値、従業員エンゲージメントなど、組織のパフォーマンスを表す様々な指標が向上します。それは、多くの調査から明らかになっています。

しかし、新型コロナウイルス感染症対策として「在宅勤務」「リモートワーク」の機会が急増し、ビジネスパーソンの心身の健康状態に大きな影響が出始めています。十分な準備を伴わない中で進められた新しい働き方は「従業員の外出やコミュニケーション機会を極端に減少させる」、という課題が見えてきました。在宅勤務が中心の新しい生活スタイルは、ビジネスパーソンの「健康問題」という新たなリスクを生み出しています。

このセミナーでは「在宅勤務による社員の健康リスク」を様々な角度から明らかにし、健康経営を推進する組織が在宅勤務を行う際に必要な対策・施策をお伝えします。そのうえで、社員の心身の健康を保つために必要な「マネージャーのヘルスリテラシー・マネジメントリテラシー」の向上について、その具体的な方法をお話しします。このマネージャーのリテラシーの向上が、組織の健康面におけるリスクを軽減する鍵となります。

在宅勤務・リモートワークが中心となっても、皆がより健康で生産性高く働けるマネジメントについて、この機会にぜひ理解を深めてください。

開催概要

・日 時:2020年11月6日(金) 14時00分~15時30分
・場 所:WEB会議システム「Zoom」上で開催
・参加料:無料


・対 象:以下のニーズを抱える経営層及び人事部の方

  ✔在宅勤務の難しさや、心身に与えるリスクを理解したい
  ✔在宅勤務社員のマネジメントについて知りたい
  ✔在宅勤務施策を進める上での留意点を考えたい
  ✔健康経営やダイバーシティ施策を推進・検討したい

※お申し込みは、1社あたり3名様までとさせていただきます。
※お申込み多数の場合は、ご参加をお断りする場合がございます。あらかじめご了承ください。
※教育研修機関からのご参加はご遠慮いただいております。

講師プロフィール

取締役副社長CSO 酒井穣

酒井 穣(さかい じょう)氏
株式会社リクシス 取締役副社長 CSO


慶應義塾大学理工学部卒。Tilburg大学経営学修士号(MBA)首席取得。商社にて新規事業開発に従事後、オランダの精密機器メーカーに光学系エンジニアとして転職し、オランダに約9年在住する。帰国後はフリービット株式会社(東証一部)の取締役(人事·長期戦略担当)を経て、2016年 株式会社リクシスを創業。自身も20年以上に渡る介護経験者である。認定NPO法人カタリバ理事なども兼任する。NHKクローズアップ現代+にも介護関連の有識者として出演。

著書に「ビジネスパーソンが介護離職をしてはいけないこれだけの理由」「はじめての課長の教科書」「自己啓発をやめて哲学をはじめよう」など多数。

プログラム

1.在宅勤務で従業員の「老化」が加速する
2.在宅勤務が引き起こす、心身への潜在リスクをどうマネジメントするか
3.仕事と家庭の境目がなくなったとき、必要なマネジメントリテラシーをどう再定義するか
4.質疑応答

申込・参加要領

□申込要領
下記をご覧いただき、こちらより必要情報の入力をお願いします。

□セミナーの受講方法
普段お使いのパソコンやスマートフォン・タブレット端末でご参加できます。
・「zoom」というシステム上での配信となります。
・パソコンではブラウザで視聴できます。
 スマートフォンの場合は専用アプリのインストールが必要です。
・パソコンの場合には、カメラとマイクのご準備をお願いいたします。

□お申込後の流れ
1:セミナー開催の前日夕刻までに、受講者に「ご招待メール」をお送りします。
※迷惑メールとして処理されないよう、「@noma.or.jp」からのドメイン受信設定をお願いします。
2:招待メールが届きましたら、セミナー当日に指定されたURLをクリックしてください。
(入室時にお名前を入力いただきますようお願いします。)
3:セミナー当日は、開始の15分前から入場が可能です。

お問合せ先

一般社団法人日本経営協会 関西本部 経営開発G
〒550-0004 大阪市西区靭本町1-8-4 大阪科学技術センタービル5階
TEL(06)6443-6963 FAX(06)6441-4319
メール khosaka@noma.or.jp

関西本部 06-6443-6961

〒550-0004
大阪市西区靱本町1-8-4
(大阪科学技術センタービル)