お問い合わせ

※終了しました:【11月27日(月)】海外赴任者のための「異文化理解とロジカルシンキング研修」プログラムのご紹介

開催にあたって

グローバルに活躍できる人材育成として、既に語学力向上などを含め、各企業様でさまざまな取り組みがなされているかと存じますが、実際に海外赴任の経験があるプロの講師から海外リスクマネジメントや異文化理解、現地でのコミュニケーション手法を学ぶ研修の機会は少ないのではないでしょうか。

今回は海外駐在した際にコミュニケーションの基礎として活用できるGLOBAL BUSINESS SKILLとしての「異文化理解とロジカルシンキング研修」をご紹介させていただきます。

本プログラムは、まず海外勤務におけるリスクや異文化理解について学びつつ、「海外勤務になぜ、ロジカルシンキングが必要なのか?」を認識していただき、その上で、海外勤務において活用可能なロジカルシンキングの考え方と手法を紹介いたします。なかでも、途上国向けの海外勤務者が活用するためのポイントを多数ご紹介させていただきます。

本セミナーでは、総合商社において、途上国勤務の経験と海外勤務者を支援する海外人事の経験を併せ持ち、すでにこの研修で実績のある伊藤靖氏を迎え、研修の体験とともに特徴やポイントについて、実際の苦労話などの事例を含めながら解説いたします。人事・教育部門の方々にとって、今後の海外赴任者向けの研修計画の検討材料にしていただければ幸いです。

開催概要

◆日 時:2017年11月27日(月) 13:30~17:00 (13:10受付開始)
◆会 場: 大阪科学技術センタービル内(大阪市西区靭本町1-8-4)
◆講 師: 一般社団法人日本経営協会 講師 伊藤 靖(いとう やすし)氏
◆対 象:民間企業の人事・教育ご担当者様
◆定 員:30名(先着順受付、満席になり次第終了)
◆参加料 : 無料(1社2名様まで)
※同業の方からのご参加はご遠慮願います。

プログラム

1.オリエンテーション
(1)講師の自己紹介、研修の狙い、特徴と進め方の説明

2.プログラム概要紹介
(1)プログラムの全貌
(2)海外勤務を考える~海外勤務において、ロジカルシンキングがどのように必要かを、
海外リスクの観点とリスクの回避に繋がる異文化理解の観点から考える~
・海外リスクマネジメント
リスクマネジメントとは/海外勤務の際の個人の心構え
・異文化理解
文化を理解する際に自覚しておくこと(文化の見取り図を作る八つの指標)
(3)ロジカルシンキング
・ビジネスリーダーに必要なコミュニケーション
ビジネスリーダーの役割/コミュニケーションとロジカルシンキング
他人を動かす2つの理(論理と心理)/相手に信頼を与える話の聴き方
相手を動機付ける放し方
・ロジカルシンキングの基本
何故、ロジカルシンキングが必要なのか?/論理の法則(論拠と根拠と結論、MECE)
(4)ロジカルシンキングの思考法とツール(演習を含む))
・ゼロベース思考(演習を含む)
・フレームワーク思考(演習を含む)
SWOT/4M/3C/マーケティングの4P/ロジックツリー 等
・オプション思考
・プロセス思考
AIDMA/ビジネスシステム
(5)まとめ

3.質疑応答


※FAXでお申し込みの方は、こちらのpdfデータをご利用ください。
※webでお申し込みの方は、こちらのサイトで必要事項をご入力ください。

関西本部 06-6443-6961

〒550-0004
大阪市西区靱本町1-8-4
(大阪科学技術センタービル)